ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

デキル男になりたければ、睡眠を変えることから始めよう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

何だかボーっとする、1日中ヤル気が起きない……そんな症状は眠りが整っていないからかもしれません。1日の始まりは起床から。朝になっても寝たりない、なかなか起きられない、そんな人はまず睡眠の質を上げましょう。しっかり眠れば、それだけで生活パフォーマンスがアップするのが分かるはずです。

まずは寝室の環境を整えて!

人は1日の3分の2の時間を眠って過ごします。質の良い睡眠のためには、寝室の環境づくりも大切です。真赤な色や真青な色など色調の濃い色が多い部屋では、神経が休まることはありません。ベージュや淡いクリーム色、水色など柔らかな色調で整えましょう。寝具は自分合ったものを使っていますか? シーツやまくらカバーには清潔感も必要です。また、ぐっすり眠るためには枕の高さも重要です。睡眠不足が続くのは、枕が原因ということも多いのです。心当たりがある方は、自分にピッタリの枕に変えてみてはいかがでしょうか。

睡眠前はリラックス! 睡眠までの時間を整える!

安らかに眠りにつくためには、神経の興奮を抑えてリラックスモードに入る必要があります。特にストレスは睡眠の大敵。ストレスによって睡眠ホルモンのメラトニンが減ってしまうのです。メラトニンには副交感神経を優位にしたり、血圧を下げる働きがあります。就寝前は時間の余裕をもって過ごしましょう。乳製品のタンパク質には、メラトニンの材料になるトリプトファンが含まれています。就寝前にホットミルクを飲んだり、チーズなどを食べるのも効果的です。

睡眠前はリラックス! 睡眠までの時間を整える!

安らかに眠りにつくためには、神経の興奮を抑えてリラックスモードに入る必要があります。特にストレスは睡眠の大敵。ストレスによって睡眠ホルモンのメラトニンが減ってしまうのです。メラトニンには副交感神経を優位にしたり、血圧を下げる働きがあります。就寝前は時間の余裕をもって過ごしましょう。乳製品のタンパク質には、メラトニンの材料になるトリプトファンが含まれています。就寝前にホットミルクを飲んだり、チーズなどを食べるのも効果的です。

睡眠不足はダイエットにも大敵!

一般的に、10代では1日10時間、成人なら1日8時間の睡眠が必要と言われています。必要な睡眠はその人の体質によっても異なりますが、仕事や遊びが忙しいからといって睡眠時間を削るのは考え物。睡眠が不足することによって、生活のパフォーマンスは確実に下がります。必要な睡眠時間はしっかり取った方が、効率的に仕事をこなすことができるでしょう。睡眠時間が少ないと肥満ホルモンと言われるグレリンが増えてしまうことも分かっています。睡眠不足によって、暴飲暴食に走り太ってしまうこともあるのです。

writer:岩田かほり

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP