ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

転売ヤー御用達のメルカリ自動化ツールがスゴイ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

メルカリでは商品サムネイルが新着順に表示されるため、新しい出品ほどよく売れる傾向にあります。逆にいえば、出品してから数週間や数か月経った商品は、売れる可能性がドンドン低下するもの。そこで転売ヤーはメルカリ自動化ツールを使ってループ出品を繰り返すのです。

転売ヤーはループ出品機能を使う

メルカリでは出品後に数日間経っても売れない商品は再度、出品し直すのがベスト。新たに新着商品として、上位に表示されるようになります。しかし、メルカリには再出品機能がないため、再度出品し直す場合は、イチから商品情報を作らなくてはいけないのでかなり面倒。出品数が複数あれば、なおさらです。

そこで転売ヤーが使うのは、メルカリ自動化ツール「フリマキング」のループ出品機能。ループ出品ができるUltimate版は29,800円で利用できます。設定した時間が経過すると、商品を自動的に取り消し&再出品を実施。出品時間を大幅に短縮し、かつ商品がより売れやすくなります。

なお、ループ出品の間隔は、15時間以上は空けたるのが転売ヤー。数分間隔で出品と取り消しを繰り返すと、メルカリ運営よりサーバに負荷をかけているとの警告が入り、利用制限やアカウント停止をくらう場合があるからです。

転売ヤーはCSVファイルで出品

このほかにも、フリマキングには転売ヤーの作業を効率化する機能が盛りだくさん。商品を大量に出品する時は「CSV出品機能」が効果的です。複数の商品の情報をCSVファイルとしてまとめて編集できるほか、一括で出品できます。

CSV一括出品の際は、商品の出品時間の間隔を自由に調整可能。短時間で大量に出品するとメルカリ運営より警告がくるので、5分以上は間隔をとって出品するのが転売ヤーのテクニックです。

商品の説明文や購入後の取り引きメッセージを、自由にテンプレートとして作成&保存が可能なのも転売ヤーにはうれしい機能。商品情報の入力、購入者とのやり取りを省力化します。

転売ヤーはテンプレートで出品

出品テンプレートの作成は「設定」タブからです。商品出品時は、転売ヤーはテンプレートを使って商品情報のベースを作成。あとはその商品に関連したキーワードを並べるとよいでしょう。

転売ヤーには売上管理を欠かせません。期間ごとの売り上げ、手数料、利益率、平均売上単価などは、売上管理画面より確認可能。今後の販促方法や仕入れ商品の選定を、効率的に再考できます。

売上額は日別にグラフ化して管理。また、商品出品時に仕入れ代金を記載しておけば、メルカリ手数料と仕入れ代金を差し引いた純粋な粗利を自動計算してくれます。(文/埴輪ゆうじ)

関連記事リンク(外部サイト)

副収入がマイナンバー導入後でもバレない裏ワザ
流木の販売は元手ゼロで始められるアツい副業
転売なら一番簡単に利益が出る家電アウトレット
UFOキャッチャーの景品フィギュアを高値で売る
転売よりも確実に儲かる購入代行の料金システム

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP