体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

雑貨コレクター森井ユカさんと巡る、人気店のハロウィーングッズ

雑貨コレクター森井ユカさんと巡る、人気店のハロウィーングッズ

日本でも年々盛り上がりを増し、カルチャーとして根付いた感のあるハロウィーン。近年は人気の雑貨ショップでもハロウィーンコーナーが勢力を拡大しているようだ。そこで、立体造形作家であり、生粋の雑貨コレクターとしても知られる森井ユカさんとお店をめぐり、100円~500円前後で買えるものを中心におすすめハロウィーングッズをチョイスしてもらった。

「Flying Tiger Copenhagen」ハロウィーンパーティー盛り上げグッズ

今回ハロウィーングッズの探索に向かったのは「Flying Tiger Copenhagen(フライング タイガー コペンハーゲン)表参道ストア」と「東急ハンズ渋谷店」。いずれも10月いっぱい特設コーナーを置き、大々的にハロウィーンをプッシュしている。

まずは、かわいい北欧雑貨を100円から買えるFlying Tiger Copenhagenへ。同店では月ごとにテーマを替えてキャンペーンを実施していて、今月はハロウィーン。オバケやカボチャのぬいぐるみからコスプレ用の「血のり」まで、豊富に取りそろえている。【画像1】入り口すぐにドスーンとハロウィーンコーナー(写真撮影/榎並紀行)

【画像1】入り口すぐにドスーンとハロウィーンコーナー(写真撮影/榎並紀行)

なお、アドバイザーの森井ユカさんは立体造形作家でありながら『東京雑貨パトロール』『雑貨コレクターのうちの中』など、多数の関連著書を持つ重度の雑貨コレクター。旅行に行っても雑貨店があるとチェックせずにはいられず、旅の初日からいっぱいの手荷物を抱えてしまうほどのマニアだ。

森井さんによると「本来、デンマークのデザインってものすごくストイックなんです。びっくりするくらい、北欧のなかでも群を抜いてシンプルで。でも、Flying Tiger Copenhagenはその対極ですよね。『あのデンマークが?』みたいな感じの、真逆に振りきったデザインです。オリジナル製品以外でも独自のイラストやキャラクターをプリントするなど、アレンジを利かせているのも特徴。表参道ストアは全店舗のなかでも売り場面積は広めで、品ぞろえも充実していますよ」とのこと。【画像2】そんな森井さんのコーディネートが、偶然にもハロウィーンカラー(写真撮影/榎並紀行)

【画像2】そんな森井さんのコーディネートが、偶然にもハロウィーンカラー(写真撮影/榎並紀行)

では、森井さんのアンテナにひっかかったハロウィーングッズをピックアップしていこう。【画像3】オリジナルのイラストが描かれたナプキン(108円/税込)は使い勝手のいいアイテム。お皿代わりにちょっとしたお菓子を並べれば、パーティー感が出るうえ洗い物も減らすことができる。やわらかい生地なのでキャンドルの曲面に貼ったりと、デコ素材としても活躍。ハロウィーンカラー以外にも豊富なデザイン展開(写真撮影/榎並紀行) 【画像3】オリジナルのイラストが描かれたナプキン(108円/税込)は使い勝手のいいアイテム。お皿代わりにちょっとしたお菓子を並べれば、パーティー感が出るうえ洗い物も減らすことができる。やわらかい生地なのでキャンドルの曲面に貼ったりと、デコ素材としても活躍。ハロウィーンカラー以外にも豊富なデザイン展開(写真撮影/榎並紀行)【画像4】子どもも集まるパーティーでは、卓上で遊べるミニゲームが重宝する。写真は指でやるツイスター「フィンガーツイストゲーム」(108円/税込)。ほかにもデンマークの昔ながらのお茶の間ゲームがそろっている(写真撮影/榎並紀行)
1 2 3 4次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。