ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『真田丸』出演・哀川翔 現場でクワガタ捕まえる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 とうとう終盤・大坂の陣に突入し、クライマックスを迎えるNHK大河ドラマ『真田丸』。大阪の陣で豊臣軍の主力となった大坂牢人五人衆の1人で、真田幸村(堺雅人)の最大の理解者である後藤又兵衛(基次)を演じる哀川翔(55才)が、自身の演技や撮影現場のエピソードなどについて語った。

――大河ドラマのオファーが来たのは、いつですか?

哀川:昨年の秋くらいに、たまたま三谷(幸喜)さんとテレビの収録が一緒になる機会があって、「いい役だから大河やってよ、哀川君」って言われたんです。「いい役だったらいいよ」って答えました(笑い)。その時はまだ、又兵衛とは言われていませんでしたね。

――又兵衛の縁の地を回られたそうですね。

哀川:はい。11月くらいに放送予定の、テレビ番組の企画でした。関ヶ原に行って、黒田藩の陣地と三成の陣地、両方から眺めてきましたよ。それから大坂城を見て、真田丸の跡地も見ました。そして又兵衛の出生の地の兵庫県姫路市に行って、そこで後藤家の25代目のご子息に会いました。さらに福岡県にある又兵衛が城主だった大隈城跡に行ってきました。

 地元の人の又兵衛愛が半端じゃないんです。昨日までそこで生きていた人のような、「隣のおじちゃんがね」という感じで、「後藤又兵衛がね」って話しているんです。それくらい愛されていました(笑い)。

 そこには、単に戦好きだけではない又兵衛の魅力が隠されているんじゃないかなと思いました。地元の人の話と台本を照らし合わせて、又兵衛像が深く思い描けたので、事前に縁の地を見て回れたのは良かったです。

――又兵衛の魅力は?

哀川:義理堅いんですよね。なぜ大隈城と1万6000石を捨てて、黒田家から出奔したのか、そこにも面白い謎が隠されていると思います。黒田長政の奉公構(他家に再仕官ができなくなる刑罰)の措置のため、居場所がなくなった状況ではあったと思うんですけど、旅先で又兵衛を囲う人間が出てくるんです。追い詰められた感はあるんですけど、又兵衛はいろんな人と出会いながら、大坂城に入ったと思います。

――『真田丸』の大坂の陣では、五人衆がなかなか集まりませんね。

哀川:バラバラもいいところです(笑い)。だけど、この戦に勝つと最後まで信じ切っていた5人です。折れそうになることもあるんですけど、仲の悪さが発破をかけて、最終的に戦に向かっているように感じられました。

 五人衆は家族や家来など、みんなそれぞれ引きずっているものがあるんですけど、又兵衛にはないんですね。単独で大坂城に来て、そこに集まってきた牢人(主家を自ら去ったり、失ったりした武士)たちを束ねていますから。大きな流れを幸村が作ったとしたら、又兵衛はそこからこぼれた細かいトラブルを補う役割をしていたように感じます。

――最初は幸村に対して反発していましたが、結束していきます。どこで又兵衛の気持ちが変わった?

哀川:又兵衛が築こうとしていた郭(城を石垣、堀などで区画した区域)の場所を、幸村に譲ることで、出城「真田丸」ができました。その時点から絆が生まれたのではないかなと思います。幸村から話を聞いて、自分の戦略より優れていると考えたんでしょうね。ということは、そこで又兵衛は幸村を認めた、という関係ができていますよね。

――又兵衛はよく大坂城で「死ぬ場所を見つけてきたんだ」と言っていますね。

哀川:口ではそう言ってるけど、本心ではないと思いますよ。「死ぬ気でやらないと、この戦は勝てない」。そういう思いで立っていたんじゃないかな。死に場所を探しに来た男の動きじゃないですもんね。最後の最後まで勝とうという気持ちがあったと思います。

――大坂の陣は、血沸き肉躍る怒涛の展開です。

哀川:バラバラだった五人衆が大坂城に集結していくのは、面白いと思いますよ。もう大詰めですから、武将がバタバタと死んでいきます。勝ち目があったところを追い詰められて、さあどうするというやりとりは、見ていても手に汗を握るんじゃないでしょうか。

 最後の戦場では2万何千人を相手に、10分の1の、2千何百人で5時間ももたせたるのはすごいですよね。その間に幸村がなんとかしてくれるという、信頼もあったと思います。だけど、助けは来ないと分かっていての戦だった。

 又兵衛は自分の生き様を、生涯貫き通した男だと思います。そうじゃなかったら、1万6000石を捨てて、九州の城を出ていかないと思う。自分の価値を認めてくれるところで、全力を尽しました。

――今回、ロケが少なかったですね。

哀川:そうなんです。馬に乗りながら槍を振り回すとも言われていたので、馬の稽古をやったから、披露できなくて残念だけどね。それに又兵衛は槍の使い手ということで、槍もめちゃめちゃ練習したんです。本物の槍を持たせてもらいましたが、10尺あったんですよ。3メートル30センチで、とんでもなく重いんです。あんな槍を振り回すのって、相当な力持ちだよね(笑い)。撮影では3メートル弱くらいだったけど、それでも迫力がありますよ。

――主演の堺雅人さんはどんな人ですか?

哀川:あれだけの台詞の数をこなしながら、俺たちと一緒に冗談も言っていましたよ。その明るさは、さすが大河の主役だね。撮影って暗い雰囲気になることもあるんだけど、今回の現場は明るいです。

――哀川さんといえば昆虫飼育でも有名ですが、共演者のみなさんに虫の話をしている?

哀川:そんなにしてないよ、イメージだよ。1回言ったら10回言ったようにみんな思っちゃうんだから。普通の人より、ちょっと好きなだけだよ(笑い)。

――好きじゃないと、毎年カブトムシ5000匹も羽化できないですもんね。

哀川:100匹羽化できる人は、5000匹もいけますよ。

――ロケ現場でも、虫を捕まえたそうですね。

哀川:たまたま水飲み場にノコギリクワガタがいたんです。みんな捕るなって言うけど、俺の家にいた方が幸せだから持って帰ったんだよ。俺の家、虫のオアシスなんだもん(笑い)。

【哀川翔(あいかわ・しょう)】
1961年5月24日生まれ。徳島県出身。一世風靡セピアのメンバーとして、1984年『前略、道の上より』でレコードデビュー。後に『とんぼ』(TBS系)などの俳優活動で脚光を浴び、ビデオ映画を含め、100本以上の主演作を誇る。大河ドラマ出演は、『真田丸』で3度目。

◇NHK大河ドラマ『真田丸』
毎週日曜、NHK総合20時、BSプレミアム18時放送。後世に「日本一の兵(ひのもといちのつわもの)」と評されることになる、真田幸村の成長物語。三谷幸喜脚本。

【関連記事】
「真田丸跡地でない」と判明した神社の宮司の意外な反応
群馬出身で苗字も違うのに「幸村の末裔」主張男 その根拠は
『鴨川ホルモー』著者新作は大坂城が舞台の奇想天外時代小説

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP