ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

間寛平 「今の若い子たちはすごい。昔とは全然違いますわ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 間寛平、67歳。日本で最も有名なお笑い芸人の1人である──。自ら、お笑いは「おぎゃー、と生まれた時からやっていること」と語る芸人魂の持ち主。芸歴47年目を迎え、古希を前にした今も寛平はお笑い界の最前線に立ち続けている。

 仕事の合間の休憩時間や休日はトレーニングに費やしている。内容は陸上・十種競技のメニュー。そのため今でも若々しい肉体を保っているが、本人は「老い」を感じることもあるという。

「50代の時は10kmを37分ぐらいで走れたけど、最近は頑張っても1時間はかかる。年を取るとスピードが出なくなるね。それに、ちょっとサボったらすぐ鈍ってしまう。自分との闘いがなくなった時に、人は弱っていくんやなァと思うようになりました。

 トレーニングは夫婦円満の秘訣でもあるんですわ。定年して家にずっとおったら楽やとは思うけど、嫁はんと喧嘩ばっかりやろうね。加齢臭が臭いとか、俺だっていわれてるんやから。それやったら外に出て走ったり、公園の鯉に餌あげたりしてたほうが落ち着くし、気持ちええ。知り合いも増えるし、いいことづくめやで(笑い)」

 そして寛平はこう続ける。

「67歳は67歳の闘いがあると思う。他人じゃなく自分との闘いですわ。若いモンに対抗してやろうとかじゃなく」

 この考えは彼の仕事観にも通じる。

「自分自身はもう“売れたい”とか、そういうのないんですわ。生きてるだけでありがたい。あとは後輩が育ったらええなって思ってる。

 俺が入った頃は、やすしきよしに中田カウス・ボタン、桂三枝(現・文枝)らが大人気で、劇場にお客さんが溢れ返るぐらいの状態やった。特に(明石家)さんまがすごくてね、お客さんが出入り口までいっぱいで演者が帰られへんかった。裏から窓を開けて、逃げるようにして帰ってたからね」

 そう懐かしそうに語った後、ふと寂しそうな目をしてこう呟いた。

「でも、今はそこまでの芸人がいないでしょ。だから、僕らがそういう芸人を育ててあげないといけないと思う」

 寛平は24歳にして吉本新喜劇の最年少座長を務めあげ、半世紀近く業界に身を置いてきた。彼には、現在の若手芸人はどう映っているのだろうか。

「お世辞抜きに、しっかりしてますよ。ネタを本当に考え込んで作っている。昔は芸人の存在自体が面白かったんやけど、今は大学とか出たような頭の良い子たちが“ここで笑わせる”というのをキチッと計算してネタを作ってる。昔とは全く違いますわ」

 若い才能の活躍の場として寛平は今年、新たに「劇団間座」を立ち上げた。12月には旗揚げ公演が予定されている。

「若手を育てるといえば、昔、大失敗したことがあってね。友近が関西で人気が出てたから、東京でもブレイクしたらいいなと思って、僕が新宿ルミネtheよしもとに“2人でコントやろう”って呼んだんです。

 2人とも汗ダクになって頑張った。でもね、僕の人生で一番ウケへん舞台になった(笑い)。あの時は友近置いて逃げたかったわ。同じ轍は踏まんようにせんと(笑い)」

 体の鍛練を怠らず、若手育成に力を注ぎ、文字通りいつも全力で走っている。そんな寛平を見ていたら、あの有名なギャグを思い出した。

「わしゃ、止まると死ぬんじゃ~」

 この人はまだまだ止まりそうにない。

【はざま・かんぺい】1949年、高知県生まれ。1969年、芸能界入り。1970年に吉本興業に移籍し、花紀京の付き人となる。1974年、24歳にして吉本新喜劇の座長に昇格、「かい~の」「アヘアヘアヘ」など数々のギャグで人気を博す。『劇団間座』の旗揚げ公演は12月24・25日に大阪・HEP HALLで上演予定。

●取材・文/斉藤裕子 ●撮影/渡辺利博

※週刊ポスト2016年10月28日号

【関連記事】
東日本大震災の被災者支援で走る間寛平 東北とは不思議な縁
関根勤 娘・麻里に「お前のために死ねる。ずっと味方だから」
間寛平 がん患者支援の日本一周駅伝を応援、ツイート募金も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。