ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

橋本愛×宮崎あおい映画『バースデーカード』に感動する母親

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 映画『バースデーカード』が、公開になっている。10才の時に亡くなった母から、毎年届く娘へのバースデーカード。手紙を通じて成長していく紀子と家族の愛の物語だ。

 娘・紀子を好演した橋本愛(20才)、母親を演じる宮崎あおい(30才)が初共演した話題の映画。娘を持つ小野寺千晶さん(44才)、満本直美さん(44才)、奥村知子さん(40才)の3人の読者が一足先に観てきました!

 亡くなった母から届くバースデーカードを通して成長していく紀子の姿に、試写を観終えた3人はどんな感想を持ったのだろうか。

奥村:幼い紀子に「ママは希望通りの人生が送れてるの?」って言われてお母さんが絶句するシーンは切なかったですね。

満本:病気を隠しているから本当のことを言えないツラさ…。子供の成長を見届けられないかもしれない苦しさ、悔しさは相当なものですよ。

小野寺:未来の我が子の姿を想いながら、病室で手紙を書く母の姿は泣けました。

奥村:19才の手紙のシーン、悲しかったですね。

満本:私は娘たちがまだ8才だから、19才の姿なんて想像つかない。今日のことで精一杯で…。

小野寺:ホント。でも、この日常がいつなくなるともわからない。この映画を観て、何気ない日々こそかけがえのないものだって、改めて思いました。

満本:娘たちにバースデーカードをちゃんと書こうと思いました。読み返したときに、愛されていたんだなって感じられるものだから…。

小野寺:私が二十歳のときに母からもらった手紙は今でも宝物。母はもう亡くなりましたが、今でも時々読み返すんですよ。

奥村:ちょっと落ち込んでいたとき、娘がチョコレートの箱に「ファイト!」ってメッセージを書いてそっと渡してくれて…。それだけで大号泣しました。

満本:私たちみたいな普通の人生の中にも愛の物語がある、この映画はそういうことを思い出させてくれます。最後の結婚式のシーンも素敵でした。

小野寺:いつもより子供たちに優しくなれそう。

※女性セブン2016年11月3日号

【関連記事】
三浦知良 「スーパーカップ」を片手にNo.1ポーズ
石川遼記念館でオリジナルゴルフヘッドカバー他レアグッズ発売中
ストーカー保険はカメラや防犯装置、弁護士相談費用をカバー

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP