ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中井貴一 僕が今でも電車に乗る理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』。今回は、現在公開中の映画『グッドモーニングショー』にも主演する中井貴一の言葉から、「今でも電車に乗る理由」について語った言葉をお届けする。

 * * *
 1981年の映画『連合艦隊』で俳優デビューした中井貴一は、1983年の映画『父と子』で小林桂樹と父子役で共演している。

「東北地方を移動書店で回る親子という設定で、撮影は一か月ずっと東北でしていました。その間、小林さんは僕を毎夜、飯に連れていってくれたんです。その時『就職するか?』って聞かれました。当時僕も二十歳くらいで、『役者としてダメだったら就職したい』と言ったところ『それなら口を利く』と。飯を食う度にその話をされるんです。

 遠回しに『役者に向いてない』と言われてるんじゃないかと思いまして、三十日の撮影のうち、二十日過ぎたくらいには就職をお願いする気になっていました。
 
 ところが、最後に飯に連れていってもらった時、『俺はさ、貴一ちゃん。お前に役者になってもらいたい』って言うんですよ。『これからの時代はアウトローが主役をする時代になる。俺らの頃はサラリーマンが主役だった。サラリーマンがいるから、アウトローも存在できる。サラリーマンを演じられる人間がいなくなったら、アウトローも存在しない。お前には、王道を歩む俳優になってもらいたい。

 アウトローに比べ、正統派と言われる俳優は、評価はされない。でも、お前はそれを貫ける。それを貫いた時、周りのアウトローは輝ける。アウトローの時代に、みんながアウトローしかできなかったら、映画は輝けない。お互いが分をわきまえることで映画の成功はある。お前には、その道を歩んでほしい』と。

 その時、小林さんの真剣な目を初めて見ました。それまでの二十九日は、この時の振りだったんですね。その言葉で、僕は役者を続けようと決めました。

 三十歳になる頃は、小林さんの言ってくれたことをどこまで貫き通せるかやってやろうと、ずっと思ってきましたね」

 実際、中井はその後、テレビドラマ『ふぞろいの林檎たち』(TBS)での平凡な三流大学生や、近年のテレビドラマ『最後から二番目の恋』(フジテレビ)での市役所職員など、アウトローとは程遠い「正統派」の役柄を演じてきている。

「そういう役は難しいですね。殺人鬼の方がずっと楽です。想像の世界をデフォルメして芝居した方が役者は楽ですし、そういう芝居が評価されます。淡々とした役は評価されません。

 技術からすると、淡々とやるほど難しいものはないんです。そこにジレンマを感じた時、いつも小林さんの言葉を思い出します。『評価はされない。でも、それをやることによって評価される人間を作る人間になれ』と。

 ですから、例えば普段から電車の吊革にぶら下がっている時に隣の人に気づかれない、そういう人間になれるくらい、オーラの出し方を変幻にできる俳優になりたいんですよね。ですから、僕は今でも電車に乗ります。

 便利とか不便とかじゃなくて、『今、電車にはどうやって乗るか』を知っておきたい。チャージはどうするのかとか、そういうのを全て知ってないと役者はダメなんです。経験値を増やしておくことが、役の引き出しの中に入ってきますから」

●かすが・たいち/1977年、東京都生まれ。主な著書に『天才 勝新太郎』『鬼才 五社英雄の生涯』(ともに文藝春秋)、『なぜ時代劇は滅びるのか』(新潮社)など。本連載をまとめた『役者は一日にしてならず』(小学館)が発売中。

◆撮影/五十嵐美弥

※週刊ポスト2016年10月28日号

【関連記事】
ビートたけしが映画と漫才の違いやアートについて語った本
金田正一 球速と制球どちらが大事?に「バカな質問するな」
たけし 『アウトレイジ』選考で押尾落としたスタッフホメる

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP