ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

紙のお香パピエダルメニイ トリプルに新フレグランスが登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

長い歴史をもつ紙のお香「パピエダルメニイ トリプル」にフランスの調香師が厳選した2種の新フレグランスが登場。11月5日に発売される。

創業1885年のパピエダルメニイのトリプルは、長い歴史をもつ“紙のお香”。お香に含まれるベンゾイン樹脂は空気を浄化すると言われている。そのため、パピエダルメニイトリプルは、キッチン、タバコ、ペットなどの気になるニオイを抑えて、クラシックでいい香りを残すことで不動の人気を得ている。
1年を通して、部屋の空気が気になる時にお香として、いい香りに包まれたい気分のときにはそのまま芳香剤として使える。

今回は2つの香りが仲間入り。
ローズは、イランとトルコのふたつのローズにフルーティさが加わったメローな香り。
アルメニイは、インセンスとミルラが溶け込んだウッディーバニラの芳ばしい香り。

■パピエダルメニイ トリプル ローズ 3×12枚(36回分) 780円+税
■パピエダルメニイ トリプル アルメニイ 3×12枚(36回分) 780円+税
2016年11月5日発売

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP