体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スマホの中身はいまの自分。29歳東京在住エディターの場合

スマートフォン。もう、それなくしては生きられないほど必須のガジェット。

それだけにその中身には、持ち主のリアルな生活がつまっています。

これまではニューヨークに住む女性に焦点を当てていましたが、今後は東京で働く女性のスマホものぞいていく予定。

東京版第一回目となる今回は、表参道でエディターとして働く女性のスマホをのぞいてみました。

東京・表参道で働くエディターのスマホの中身

20161022_sumaho01.jpg

出川光(でがわ・こう)さん
職業:エディター/コンサルタント/カメラマン
東京在住歴:29年

美大生向けのWebメディア『PARTNER』の編集長を務めながら、クラウドファンディングのコンサルタントやカメラマンなど、マルチに活躍する出川さん。29歳。

感度を高めるために、つねに周りにアンテナを張りめぐらせている彼女のスマホの中身は…。

――いちばんよく使うアプリは?

Afterlight」。写真加工アプリですね。似たような写真加工アプリって色々あるけど、そのなかでもこれはPhotoshopに近い機能が入っているので重宝してます。エフェクトかけたり、切り抜きしたり。インスタ用の写真は、この切り抜きを使って全部丸型でそろえてます。

――暇つぶし用のアプリは入れてる?

Netflix。移動中もけっこう観てます。いまちょうど『FARGO(ファーゴ)』観終わったところ。海外ドラマ好きなんですよね。根暗なんで、ひたすら観てます(笑)。

あとは「メトメカメラ」かな。画面に映っている絵に自分の顔を合わせると、その画像に合わせてアニメが流れるんです。このアニメは美大の友だちが作ってるんですよ。カメラアプリ色々入れてるんですけど、使われてるテクノロジーを見るのがおもしろいんですよね。

――ホームスクリーンはどんな画像にしてる?

20161022_screenshot01.jpg

ミニ四駆をデコる”ドレスアップステッカー”をコラージュしているFunny Dress-up Labさんっていう人がいて。これはその人の作品です。こないだ取材させてもらったときに、「待ち受け画面が欲しい」って言ったらくれました。

――朝イチでチェックするアプリは?

LINEとGmail。起きたらすぐ布団のなかでチェックして、異常なしを確認したら二度寝します。プライベートも仕事もLINEがメインですね。スピード感が大切なので。彼ともよくLINEしますよ。一緒に住んでるのに、朝から「いってらっしゃい」って送ったりして。ケンカもLINEです(笑)。

――寝る前にベッドでチェックするアプリはある?

寝る直前までメールチェックしてます。インターネットの仕事をしていると、例えば炎上とか不具合とかってすぐに対処しなくちゃいけない。だから常に気にして見てます。

――音楽を聴くアプリと、いまいちばんよく聴いている曲を教えて。

20161022_sumaho04.jpg

Apple music。こないだ観に行ったロックバンドのライブがすごく良くて、それからダウンロードして聴いてます。でも音楽はなんでも好き。邦楽も洋楽も。配信だと好きなときに好きなだけ聴けるし、聴きたい曲ってテンションでコロコロ変わるから、どんな曲でもすぐにダウンロードできるApple musicにしました。

1 2 3次のページ
グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy