ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

秋はアクティブに楽しもう!11月の三重旅行おすすめ20選はココ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

秋真っ最中、11月の三重を満喫しよう!

深い歴史文化と豊富な自然、それらに根付いた海山の幸に恵まれた「美し国」の三重。

おかげ横丁やおはらい町など歓楽街もあり、風光明媚で楽しさいっぱいの人気エリア。

「おいしい!」「素敵!」「綺麗!」がいっぱい詰まった数々の場所に足を運んでみよう!

(※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました)

赤福本店

出典:http://www.jalan.net/gourmet/grm_guide000000124098/photo/

伊勢神宮の門前町「おはらい町」で約300年間店を構える「赤福本店」。一口サイズの餅にあんこをのせた『赤福餅』は伊勢みやげとして全国的に知られている。1877年築の本店には門前の茶屋の風情が今も残されている。毎月1日に発売される『朔日餅』は、早朝から店の前に長い行列ができるほどの人気。小ぶりのあんこ餅は一番人気の伊勢みやげ

\口コミ ピックアップ/

伊勢の名物の食べ物と言えば、そう、赤福です!!!甘さがちょうどいいこしあんと、もちもちのお餅がよく合います。赤福氷もおいしいです。

(行った時期:2015年9月)

やっぱり本店の赤福は、お土産屋さんで買うよりお餅が柔らかくて美味しい気がします。ここで飲むお茶もとっても美味しい。

(行った時期:2016年10月) 赤福本店

住所/三重県伊勢市宇治中之切町26

「赤福本店」の詳細はこちら

虎屋ういろ本店

出典:http://www.jalan.net/gourmet/grm_guide000000124099/photo/

伊勢の商店街にあるういろ専門店。一本一本すべて手作業で作られるういろは、昔から伊勢の家庭で作られていた「伊勢ういろ」の味を守り続けている。『栗ういろ』や『抹茶ういろ』など定番商品以外に、春には『花見ういろ』や『いちごういろ』、秋には『紅葉ういろ』など季節限定のういろも人気商品のひとつ。昔からの手作りういろは大正時代から変わらぬ味

\口コミ ピックアップ/

何度も買っている虎屋のういろ。大好きです。味のバリエーションもあって飽きないです。値段もお手頃でお土産にオススメです。

(行った時期:2015年11月)

ういろうはそもそも好きではなかったのですが、こちらの生ういろだけは大好きです。伊勢に行ったらぜひ本店で買いたいとおもい本店を捜索しに行きました。

本店は、おかげ横丁店舗のように観光地っぽく作られた外観ではなく、よくある地方の商店街のお菓子屋さんの雰囲気でした。(それはそれでいい作り込んだ感がなくてかんじ)

伊勢限定の茶栗ういろを購入しました。日持ちがしないのでお宿についてからデザートとしていただきましたが、栗がごろごろはいっていて、ふわふわで美味しかったです。どれもみんな1本500円程度でお値段もやさしい。

伊勢市駅から歩いて割とすぐなんですが、お店の手前の道具(工具)屋さん?がでっぱってて、お店の真ん前まで行かないとぜんぜん店舗が見えません。とくに目立った看板等もなく、確かに地図上はこっちにあるはずなのに 目視するまであてもなく歩いてる感がハンパなかったです。 だからでしょうか、めっちゃすいてました。

おすすめです!

(行った時期:2013年3月20日) 虎屋ういろ本店

住所/三重県伊勢市宮後2-2-8

「虎屋ういろ本店」の詳細はこちら

蜂蜜まん本舗

出典:http://www.jalan.net/gourmet/grm_guide000000124013/photo/

創業50年を迎える「蜂蜜まん本舗」。もともと親戚が養蜂所を営んでいたことから、ハチミツを使ったお菓子を作ろうと始めた店が、今では行列ができるほどの人気店となった。こしあんをくるんだ『蜂蜜まんじゅう』は外側がパリッとし、内側がふんわりとした食感の皮が味わい深く、やみつきになる旨さだ。蜂蜜を使ったお菓子は津ではおやつの定番!

\口コミ ピックアップ/

ほんのり蜂蜜の香るあっさりめのあんで、いくらでも食べれそう!勿論焼き立てが一番おいしいですが、冷めたらトースターでこんがり焼いてもおいしいです。

作る工程を外から眺めるのも楽しいですよ。

(行った時期:2010年10月)

まんじゅうというかは、小さな大判焼きといった感じでしょうか。本当においしいです。外はパリっと、中はふんわり。いついってもアツアツを提供してくれます。やはりその場で食べるのが1番!時間が経つと、せっかくのパリっと感も減少。。1コ50円だからといって、お土産に大量に買うよりは、その場で食べることをオススメします☆

(行った時期:2009年11月28日) 蜂蜜まん本舗

住所/三重県津市大門8-5

「蜂蜜まん本舗」の詳細はこちら

一升びん本店

出典:http://www.jalan.net/gourmet/grm_guide000000124093/photo/

夕方になると店の前に行列ができるほど人気の焼肉屋。長屋風の店内には、七輪で肉を焼く煙が立ちこめ、下町の情緒あふれる情景が窺える。網焼きする松阪肉の旨さはもちろんだが、毎朝その日に使う分だけ作るという甘辛い味噌ダレも味わい深い。その味を求めて全国各地からわざわざ足を運ぶお客も多い。自家製の味噌ダレが松阪肉の味をひき立てる

\口コミ ピックアップ/

松阪牛がリーズナブルに食べることができるお店です。コースだと特選のお肉やホルモン、カルビがセットになっていて、お腹いっぱい大満足です。

(行った時期:2016年9月)

特選ロースからホルモンまで色々とA5ランクの松阪牛を味わうことの出来るお店です。特に松阪牛の脂の甘さには驚きました。お店の方も気さくで良かったです。

(行った時期:2016年2月29日) 一升びん本店

住所/三重県松阪市南町232-3

「一升びん本店」の詳細はこちら

伊勢うどん 岡田屋

出典:http://www.jalan.net/gourmet/grm_guide000000124094/photo/

伊勢神宮の門前町にあるお店。名物の『伊勢うどん』をはじめ、中華そば、丼ものなど品揃えが豊富。カツオだしとたまり醤油で作る、伊勢うどんのタレは1日寝かせてとろみを付けてあり、こってりしていて癖になる味。鍋焼きやカレー味の伊勢うどんなど、ユニークなメニューがあるのもこの店ならではだ。手間ひまかけて作るタレ創業当時から変わらぬ味

\口コミ ピックアップ/

伊勢へ行ったら、伊勢うどん!

おかげ横丁にあります。

見た目は濃い味なのかなぁーと思いきや、

とてもさっぱりと食べられちゃいました。

美味しかったです!!

(行った時期:2007年12月)

どこで食べても同じと思っていたら大間違いでした。だしの味がぜんぜん違うのでとっても美味しかったです。

(行った時期:2013年2月26日) 伊勢うどん 岡田屋

住所/三重県伊勢市宇治今在家町31

「伊勢うどん 岡田屋」の詳細はこちら

ふくすけ

出典:http://www.jalan.net/gourmet/grm_guide000000171401/photo/

おかげ横丁内にある伊勢うどんの店。真っ白な太い麺に、タマリ醤油のタレをかけて食べるのが伊勢うどんの特徴。そんな、昔と変わらぬ素材、作り方で昔ながらの素朴な味を再現している。

\口コミ ピックアップ/

有名なお店なので、混んでるかなぁと思ってましたが、すんなり席に座れて、出てくるのも早かったです!味も美味しくて、大満足!子供たちも一人前ずつペロリと食べていました。

(行った時期:2016年7月)

太くて柔らかくびっくりしました。

コシのあるうどんが好きですが、柔らかくてもおいしかったです。たれも甘辛くおいしかったです。

(行った時期:2016年8月) ふくすけ

住所/三重県伊勢市宇治中之切町52 (おかげ横丁内)

「ふくすけ」の詳細はこちら

おかげ横丁

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_24203aj2200024564/photo/

伊勢神宮内宮の門前町の真ん中にあり、江戸時代から明治時代の伊勢の様子が再現されている観光スポット。おかげ横丁の名前の由来は伊勢名物「赤福」が創業の地で約300年商いを続けてこられたことに対する感謝の思いと江戸末期から明治初期に流行した「おかげ参り」にちなんでつけられた。

\口コミ ピックアップ/

昔ながらの風情を感じる街並みがおすすめです。コロッケやチーズ棒を食べながら歩くのも楽しかったです。また行きたいです。

(行った時期:2016年10月)

伊勢神宮と言ったら、やはりメインはここおかげ横丁でしょ!

松坂牛もあるし伊勢うどんや手まり寿司、美味しいものがたくさんあります!

(行った時期:2016年10月) おかげ横丁

住所/三重県伊勢市宇治中之切町52

「おかげ横丁」の詳細はこちら

鳥羽水族館

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_24211cc3320040658/photo/

飼育種類数日本一!約1,200種もの生きものを飼育し、全長約240m、通路全長約1.5km、室内型水族館として類を見ないほどの大きさを誇る。生きものの種類や棲息する環境に合わせ、12のゾーンに分けられた館内ではアシカのパフォーマンスショーや国内で唯一飼育しているジュゴンなどが見られる。 他にもラッコ、スナメリ、スナドリネコなど人気者がいっぱい!

\口コミ ピックアップ/

水族館は、今まで色んな所に行きましたがNo. 1です。

ショーも沢山あり見どころがいっぱいです。

久しぶりに楽しめました。

また、夫婦で来たいと思います。

(行った時期:2015年8月22日)

ここは他の水族館とは一味も二味も違います!私は一番楽しめました!へんな生き物がいたり、種類が豊富なのももちろんですが、説明も面白くて分かりやすく、生き物たちと人の距離も近いように感じました。ショーも沢山あるので、あっという間に時間が経ってしまいます。その中でも豪快なセイウチショーは他では見たことないものでビックリ!またラッコの餌やりは、もはやショーと言えるべきものなので、絶対見るべきです!平日でも夏休み中のためか混雑していましたが、人気なのも納得です!

(行った時期:2015年8月20日) 鳥羽水族館

住所/三重県鳥羽市鳥羽3-3-6

「鳥羽水族館」の詳細はこちら

ナガシマスパーランド

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_24302cc3540060466/photo/

スチールドラゴン2000,ホワイトサイクロン,ジャンボバイキング,シャトルループ,コークスクリュー,その他

\口コミ ピックアップ/

子供連れにおすすめです。カップルとでも友達とでも楽しめます。絶叫系が好きな方は是非!おすすめですよ。

(行った時期:2016年9月)

絶叫系のジェットコースターが豊富です。かなり急な角度で下っていくのでスリル満点です。大人も子供どもも楽しめます。

(行った時期:2014年5月) ナガシマスパーランド

住所/三重県桑名市長島町浦安333

「ナガシマスパーランド」の詳細はこちら

まる天 内宮前店

出典:http://www.jalan.net/gourmet/grm_guide000000171405/photo/

潮の風味が香ばしい店自慢の『磯揚げ』魚介類の宝庫、伊勢志摩の新鮮な魚介類を、そのままの風合いを残して揚げた『磯揚げ』が名物。目の前で揚げてくれるので、出来たてアツアツが食べられる。大人気の『たこ棒』や『チーズ棒』は食べやすいスタイルが好評。珍しい『ジャガバタ天』や『海鮮かき揚げ天』、『ほたて串』など十数種類がそろう。

\口コミ ピックアップ/

ここの天ぷらというのか蒲鉾というのか…は最高です!!大好きです!!

じゃがバター天がお気に入り♪♪

(行った時期:2011年1月6日)

チーズ棒が最高です!

何本でもいけちゃいます!

揚げたてが一番

(行った時期:2010年7月18日) まる天 内宮前店

住所/三重県伊勢市宇治中之切町10 おはらい町内

「まる天 内宮前店」の詳細はこちら

鈴鹿サーキット

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_24207cc3540060120/photo/

三重県鈴鹿市の丘陵に広がる乘り物中心の一大レジャーランド。目玉は国際レーシングコースを疾走できるサーキットカート。全長約5.8kmのコースだが,レースのない日は,東コース2.3kmをゴーカートで走れる。,「ゆうえんちモートピア」には,30種にものぼるオリジナルな乘り物が揃う。幼児が1人で乘れるものから,空から展望を楽しむものと様々

\口コミ ピックアップ/

子供と一緒にたのしみました。子供連れにおすすめです。ちょっとした乗り物が多いので一日中いても飽きないのでおすすめです。

(行った時期:2016年10月)

ここは子供たちだけで行動しても安全、清潔です。

乗り物もたくさんあって楽しく遊べます。

子供たちは何度来てもここが大好きです!!

(行った時期:2009年5月17日) 鈴鹿サーキット

住所/三重県鈴鹿市稲生町7992

「鈴鹿サーキット」の詳細はこちら

伊勢シーパラダイス

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_24462cc3320040677/photo/

熱帯ジャングルをイメージさせる館内は「見る」より「感じる」水族館を演出している。中でもアザラシ、セイウチとのふれあいはドキドキ・ワクワク

\口コミ ピックアップ/

子供がとっても楽しめたみたいで喜んでました。あっかんべーのアザラシが有名ですよね。とっても可愛いのでおすすめです。

(行った時期:2016年9月)

入口の外の水槽ににトドの小鉄君が泳いでました。愛嬌があります。中に入って、いろいろな、水槽に、亀、ウツボ、熱帯魚、イソギンチャク、サメ、、セイウチ、ゴマちゃん、ペンギン、イルカ、etc.楽しく見ることが出来ます。時間の関係で、すべてのショーが見られませんでしたが、満足しました。

(行った時期:2016年9月19日) 伊勢シーパラダイス

住所/三重県伊勢市二見町江580

「伊勢シーパラダイス」の詳細はこちら

志摩スペイン村パルケエスパーニャ

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_24525cc3540060264/photo/

スペインをテーマにしたテーマパーク。ユニークなアトラクション、特色あるレストランやショップなどを通してスペインの魅力を心ゆくまで体験。シウダード(都市のスペイン)、ティエラ(大地のスペイン)、マール(海のスペイン)、フィエスタ(祝祭のスペイン)の4つの個性的なエリアを巡って、スペインならではのとびっきり陽気で愉快な魅力をお楽しみ下さい。2014年で開業20周年を迎えました。

\口コミ ピックアップ/

まるでスペインにいるかのような雰囲気を楽しませてくれます。アトラクションやレストラン、お土産などたくさん揃ってます。街並みを眺めて歩くのも楽しいです。

(行った時期:2016年6月)

スペイン料理もなかなかです。

スペインの雰囲気をとてもよく再現していると思います。

テーマパークではガッカリすることも多いですが、ここはちょっと違いますよ。

(行った時期:2009年7月19日) 志摩スペイン村パルケエスパーニャ

住所/三重県志摩市磯部町坂崎下山952-4

「志摩スペイン村パルケエスパーニャ」の詳細はこちら

夫婦岩

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_24462ab2050006615/photo/

興玉神石を拝む岩門。両岩は注連縄で結ばれる。毎年5・9月の5日と12月中旬頃に張り替えられる。

\口コミ ピックアップ/

パワースポットとして有名ですよね。夕日が沈むさまはとっても神秘的でずっと見ていたいくらいでした。一人で来たいと思います。

(行った時期:2016年10月)

夫婦岩を実際に見ますと感動します。縁結びの神です。隣にある二見シーパラダイスには有名なオットセイが屋外の無料で見られるプールで泳いでいます。外から眺める人間を挑発するように行動していて知能が高いと感じました。

(行った時期:2016年1月) 夫婦岩

住所/三重県伊勢市二見町江

「夫婦岩」の詳細はこちら

赤目四十八滝

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_24208cb3542072547/photo/

数々の美しい滝が織りなす全長約4Km。「日本の滝百景」や「森林浴の森百景」のほか「遊歩百景」「平成の名水百景」にも選ばれている。

\口コミ ピックアップ/

紅葉狩りに伺いました。紅葉と滝、両方見ることができ、大満足でした。入り口付近にオオサンショウウオのセンターもありました。

(行った時期:2015年11月)

四十八滝とはよく言ったもの。少し歩くたびに様々な形の滝が目を楽しませてくれる。下流の入口から登る方法と、車で一番奥まで行って下る方法と二つある。ベストシーズンは新緑の頃と紅葉の頃。のんびり歩いて片道一時間半くらいである。有名な山椒魚は見つけるのは困難である。

(行った時期:2013年11月) 赤目四十八滝

住所/三重県名張市赤目町長坂861番地の1

「赤目四十八滝」の詳細はこちら

志摩マリンランド

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_24524cc3320040676/photo/

海の美しさ、楽しさ,神秘さをあらゆる角度から探り,海の生きものたちの過去から現在までの姿を紹介する水族館です。 古代生物アンモナイトをデザインした建物の内部は,地球と生物の歴史を紹介する「古代水族館」と、世界各地の珍しい海の生き物たちを飼育展示する「水族館」からなっています。水族館のマンボウは志摩マリンランドの人気者です。

\口コミ ピックアップ/

賢島駅から徒歩2分ほどでアクセス良好です。マンボウが大人気のほか、有料ですがペンギンとふれあえることもできます。

(行った時期:2016年4月)

志摩マリンランドはマンボウが売りの水族館である。飼育が難しいマンボウがいる水族館は全国的にみて、数が少ない。大きな水槽に5匹のマンボウがいた。彼らの水槽はガラス壁の内側に網が張ってある。そうしないと、壁にぶつかって危険なのだそうである。

志摩では、マンボウが春を連れてくる!といわれるそうである。マンボウは段々北へ移動していって、夏ごろには岩手のあたりに

やってくる。志摩といえば、真珠の産地であるが、水族館内には、いい真珠とそうでない真珠を見分ける展示もあった。

(行った時期:2014年3月) 志摩マリンランド

住所/三重県志摩市阿児町賢島723-1

「志摩マリンランド」の詳細はこちら

鬼ケ城

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_24212ab2050007251/photo/

荒波の侵食と大地震の隆起によってできた国の名勝天然記念物。まさに自然が造りあげた岩の彫刻芸術。往復徒歩約1時間半でほぼ全体を探勝できる。

\口コミ ピックアップ/

熊野市にある景勝地です。この場所は、いわゆる「海蝕海岸」なんですが、そのスケールが凄いです。まさに絶壁にある奇岩地帯で、しかも、この危険な絶壁に階段や歩道が海岸の崖沿いに続いており、そのスリルたるや!でした。しかも、ここ世界遺産なんです!これはもう行くしかないでしょう!物凄く、お勧めの場所です。近くに来たら、ぜひ、寄ってみてください。

(行った時期:2012年12月2日)

熊野灘に面する奇勝。かつては鬼岩屋と言われていた。なだらかな砂浜である七里御浜と対照的なほど荒々しい。

(行った時期:2015年7月) 鬼ケ城

住所/三重県熊野市木本町

「鬼ケ城」の詳細はこちら

ミキモト真珠島

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_24211cc3290030983/photo/

日本の真珠産業を築いた御木本幸吉が世界で始めて真珠養殖に成功した島にあるテーマパーク。島内には真珠ができる仕組みや美術工芸品を展示した「真珠博物館」、ショップやレストランが入った「パールプラザ」などの施設、さらに海底に潜る海女の実演を見ることができる。

\口コミ ピックアップ/

海女さんのショーが見れます。

初めて海女さんの仕事ぶりを拝見しましたが、尊敬します。

是非みなさんにも一度見ていただきたいです。

(行った時期:2014年9月)

鳥羽駅から徒歩5分ほどです。世界で初めて真珠の養殖に成功させた島で、真珠について学べます。パワースポットもありますよ。

(行った時期:2016年9月) ミキモト真珠島

住所/三重県鳥羽市鳥羽1丁目7-1

「ミキモト真珠島」の詳細はこちら

五十鈴茶屋

出典:http://www.jalan.net/gourmet/grm_guide000000160817/photo/

都会の喧噪を忘れてゆったりと抹茶を味わう赤福本店の軒続きに建つ茶屋。館内には本格子の出窓や天窓の煙だしがある台所、茶室などがあり、昔の伊勢地方の商家を復元した趣ある佇まいとなっている。茶室からは、五十鈴川の清流、奥にそびえる朝熊山、そして枯山水の庭園を一望でき、風情を感じながら抹茶や自然茶、季節の和菓子を味わうことができる。

\口コミ ピックアップ/

伊勢神宮でおまいりが終わってからよく訪れるお気に入りの場所です。のんびりとくつろげるところが大好きです。

(行った時期:2016年2月)

伊勢の商家を再現した、情緒もたっぷりの茶店です。赤福本店の隣にあり、赤福餅も頂けます。焼き芋ようかんが美味しかったです。

(行った時期:2014年11月) 五十鈴茶屋

住所/三重県伊勢市宇治中之切町26

「五十鈴茶屋」の詳細はこちら

英虞湾遊覧 賢島エスパーニャクルーズ

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_24524ee4610068959/photo/

真珠工場:養殖の過程を経て、真珠の生まれるしくみや真珠の母貝であるアコヤ貝への核入れ作業が見学できる。※16:30発は真珠モデル工場への寄港はなし。

\口コミ ピックアップ/

海が綺麗で夕日もとても綺麗に見られます。

友達が遊びに来たときに一緒に行きました。

近くには食事をするところもあって、てこね寿司がオススメ。

(行った時期:2016年9月29日)

英虞湾を50分かけて周遊する遊覧船「エスペランサ号」

展望デッキから眺める海とぽこっと浮かぶ島々は絶景でした♪

プラス300円払うと貴賓室で優雅に飲みながら見ることもできます。

途中、真珠の工房に寄港し核入れするところを見学しました。

芸能人のサインやいろんな種類の真珠もあって楽しめます。

5分くらい停泊して再び出航。

子供たちもかじとりの輪をまわしたりして嬉しそうでした^^

盛りだくさんな内容で大満足の航海でしたよ(^O^)/

(行った時期:2010年11月21日) 英虞湾遊覧 賢島エスパーニャクルーズ

住所/三重県志摩市阿児町賢島

「英虞湾遊覧 賢島エスパーニャクルーズ」の詳細はこちら

※この記事は2016年10月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

秋はアクティブに楽しもう!11月の愛知旅行おすすめ20選はココ!
秋はアクティブに楽しもう!11月の岐阜旅行おすすめ20選はココ!
秋はアクティブに楽しもう!11月の静岡旅行おすすめ20選はココ!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP