ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

秋に行きたい【三重】おすすめ観光スポット19選!紅葉スポットも!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
秋に行きたい【三重】おすすめ観光スポット19選!紅葉スポットも! 三重

連休が続く秋は旅行にピッタリの季節!

9~11月と毎月3連休があるから、気軽に出かけられる国内がおすすめです。

赤福やういろなど伊勢参りで人気のスイーツ、伊勢うどんや松坂牛などの絶品グルメ、大人から子どもまで楽しめる水族館やアミューズメントパークもピックアップ。秋ならではの紅葉名所も!

天高く馬肥ゆる秋まっただ中、おもいっきり三重を楽しもう!

記事配信:じゃらんニュース

※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました

赤福本店

赤福本店出典:じゃらん 観光ガイド 赤福本店

伊勢神宮の門前町「おはらい町」で約300年間店を構える「赤福本店」。一口サイズの餅にあんこをのせた『赤福餅』は伊勢みやげとして全国的に知られている。1877年築の本店には門前の茶屋の風情が今も残されている。毎月1日に発売される『朔日餅』は、早朝から店の前に長い行列ができるほどの人気。

小ぶりのあんこ餅は一番人気の伊勢みやげ

\口コミ ピックアップ/

伊勢神宮の参拝に行った際に寄りました。お餅もやわらかくてとってもおいしかったです。できたておいしい!!

(行った時期:2016年6月) 赤福本店

住所/三重県伊勢市宇治中之切町26

「赤福本店」の詳細はこちら

虎屋ういろ本店

虎屋ういろ本店出典:じゃらん 観光ガイド 虎屋ういろ本店

伊勢の商店街にあるういろ専門店。一本一本すべて手作業で作られるういろは、昔から伊勢の家庭で作られていた「伊勢ういろ」の味を守り続けている。『栗ういろ』や『抹茶ういろ』など定番商品以外に、春には『花見ういろ』や『いちごういろ』、秋には『紅葉ういろ』など季節限定のういろも人気商品のひとつ。

昔からの手作りういろは大正時代から変わらぬ味

\口コミ ピックアップ/

行くといつも季節のういろうがあるので毎回色々な種類のものを楽しめます。甘すぎず食べやすいのでお茶と合います。

(行った時期:2017年5月) 虎屋ういろ本店

住所/三重県伊勢市宮後2-2-8

「虎屋ういろ本店」の詳細はこちら

蜂蜜まん本舗

蜂蜜まん本舗出典:じゃらん 観光ガイド 蜂蜜まん本舗

創業50年を迎える「蜂蜜まん本舗」。もともと親戚が養蜂所を営んでいたことから、ハチミツを使ったお菓子を作ろうと始めた店が、今では行列ができるほどの人気店となった。こしあんをくるんだ『蜂蜜まんじゅう』は外側がパリッとし、内側がふんわりとした食感の皮が味わい深く、やみつきになる旨さだ。

蜂蜜を使ったお菓子は津ではおやつの定番!

\口コミ ピックアップ/

津市民の定番おやつです。あんこが甘すぎないので2つ3つ食べれちゃいます。焼きたては皮がパリッとして美味しいです。是非買ってすぐに食べて欲しいです。

(行った時期:2017年5月) 蜂蜜まん本舗

住所/三重県津市大門8-5

「蜂蜜まん本舗」の詳細はこちら

一升びん本店

一升びん本店出典:じゃらん 観光ガイド 一升びん本店

夕方になると店の前に行列ができるほど人気の焼肉屋。長屋風の店内には、七輪で肉を焼く煙が立ちこめ、下町の情緒あふれる情景が窺える。網焼きする松阪肉の旨さはもちろんだが、毎朝その日に使う分だけ作るという甘辛い味噌ダレも味わい深い。その味を求めて全国各地からわざわざ足を運ぶお客も多い。

自家製の味噌ダレが松阪肉の味をひき立てる

\口コミ ピックアップ/

地元客にも観光客にも愛され続けてきた一升瓶は、松阪牛を食べたいという方々に一押しのお店です。 お手頃価格のお肉もあります。 上質な松阪牛をリーズナブルに味わうなら一升瓶の各店舗へ行けば間違いないと思っています。 本店は昔ながらの焼肉屋さんという雰囲気が色濃く残っているので、気軽に入店できるのも家族連れには特に嬉しいです。 TVで話題の宮町店なら回転寿司ならぬ回転焼肉が楽しめるので特におすすめです。

(行った時期:2017年5月) 一升びん本店

住所/三重県松阪市南町232-3

「一升びん本店」の詳細はこちら

ふくすけ

ふくすけ出典:じゃらん 観光ガイド ふくすけ

おかげ横丁内にある伊勢うどんの店。真っ白な太い麺に、タマリ醤油のタレをかけて食べるのが伊勢うどんの特徴。そんな、昔と変わらぬ素材、作り方で昔ながらの素朴な味を再現している。

\口コミ ピックアップ/

まず、会計場で注文をし、番号札をもらって席へ。 縁台は味がありました。 伊勢うどんを初めて食べましたが、思っていた程柔らかくはなく、色の割には味が濃い事もなく、だしの味も香りも感じることが出来て、美味しかったです!

(行った時期:2017年9月) ふくすけ

住所/三重県伊勢市宇治中之切町52 (おかげ横丁内)

「ふくすけ」の詳細はこちら

おかげ横丁

おかげ横丁出典:じゃらん 観光ガイド おかげ横丁

伊勢神宮内宮の門前町の真ん中にあり、江戸から明治期の伊勢路の建築物が移築・再現されている町。おかげ横丁の名前の由来は伊勢名物「赤福」が創業の地で約300年商いを続けてこられたことに対する感謝の思いと江戸末期から明治初期に流行した「おかげ参り」にちなんでつけられた。

\口コミ ピックアップ/

有名美食ポイントが揃っています。代表格は「豚捨」ですね。ここはご飯処から駄菓子屋から色々あります。おかげ横丁専用のマップもあるのでそれを手に周りました。

(行った時期:2017年9月3日) おかげ横丁

住所/三重県伊勢市宇治中之切町52

「おかげ横丁」の詳細はこちら

鳥羽水族館

鳥羽水族館出典:じゃらん 観光ガイド 鳥羽水族館

飼育種類数日本一!約1,200種もの生きものを飼育し、全長約240m、通路全長約1.5km、室内型水族館として類を見ないほどの大きさを誇る。生きものの種類や棲息する環境に合わせ、12のゾーンに分けられた館内ではアシカのパフォーマンスショーや国内で唯一飼育しているジュゴンなどが見られる。 他にもラッコ、スナメリ、スナドリネコなど人気者がいっぱい!

\口コミ ピックアップ/

なんといっても、展示されている生き物の種類が非常に多いのが魅力的。アシカショーなども工夫に富んであり非常におもしろかった。危険生物の展示なども、大人も声をあげて怖がるほど斬新でよかった。

(行った時期:2017年9月) 鳥羽水族館

住所/三重県鳥羽市鳥羽3-3-6

「鳥羽水族館」の詳細はこちら

ナガシマスパーランド

ナガシマスパーランド出典:じゃらん 観光ガイド ナガシマスパーランド

嵐,アクロバット,スチールドラゴン2000,ホワイトサイクロン,ジャンボバイキング,シャトルループ,コークスクリュー,その他 絶叫系からほのぼの系まで、大人も子供も楽しめる遊園地!

\口コミ ピックアップ/

遊園地だけじゃなくショッピングも出来る施設であきません!

絶叫系の乗り物がメインなので好きな人は好きだと重ます。

苦手な方は絶叫以外もありますので充分楽しめます。

(行った時期:2017年8月) ナガシマスパーランド

住所/三重県桑名市長島町浦安333

「ナガシマスパーランド」の詳細はこちら

まる天 内宮前店

まる天 内宮前店出典:じゃらん 観光ガイド まる天 内宮前店

魚介類の宝庫、伊勢志摩の新鮮な魚介類を、そのままの風合いを残して揚げた『磯揚げ』が名物。目の前で揚げてくれるので、出来たてアツアツが食べられる。大人気の『たこ棒』や『チーズ棒』は食べやすいスタイルが好評。珍しい『ジャガバタ天』や『海鮮かき揚げ天』、『ほたて串』など十数種類がそろう。

潮の風味が香ばしい店自慢の『磯揚げ』

\口コミ ピックアップ/

地元で収穫した魚介をつかった磯揚げのお店です。たこ棒とチーズ棒が大好きで行くと必ず買います。揚げたてのアツアツが食べられて、すごく美味しいです。

(行った時期:2017年4月) まる天 内宮前店

住所/三重県伊勢市宇治中之切町10 おはらい町内

「まる天 内宮前店」の詳細はこちら

鈴鹿サーキット

鈴鹿サーキット出典:じゃらん 観光ガイド 鈴鹿サーキット

三重県鈴鹿市の丘陵に広がる乘り物中心の一大レジャーランド。目玉は国際レーシングコースを疾走できるサーキットカート。全長約5.8kmのコースだが,レースのない日は,東コース2.3kmをゴーカートで走れる。,「ゆうえんちモートピア」には,30種にものぼるオリジナルな乘り物が揃う。幼児が1人で乘れるものから,空から展望を楽しむものと様々

\口コミ ピックアップ/

普通の遊園地より圧倒的に自分で運転・操作するアトラクションが多いです。乗り物好きな子にはとてもオススメです。絶叫系の乗り物はほとんど無いので、小さなお子さん連れのファミリーにはぴったりだと思います。夏にはプールもあるし、園内のレストランはどこもリーズナブルでした。

(行った時期:2017年8月) 鈴鹿サーキット

住所/三重県鈴鹿市稲生町7992

「鈴鹿サーキット」の詳細はこちら

伊勢夫婦岩ふれあい水族館シーパラダイス(伊勢シーパラダイス)

伊勢シーパラダイス出典:じゃらん 観光ガイド 伊勢シーパラダイス

熱帯ジャングルをイメージさせる館内は「見る」より「感じる」水族館を演出している。中でもアザラシ、セイウチとのふれあいはドキドキ・ワクワク

\口コミ ピックアップ/

7月に行きました。予約して体験するものもありますが、アザラシやセイウチ・カワウソを触るのは、予約はいりません。見るだけでなく、実際触れるので、子供も楽しみが増えます。餌やりも多くあるので、他の水族館と違って、いろいろな楽しみがあり、大人も満足しました。オススメの水族館です。

(行った時期:2017年7月17日) 伊勢夫婦岩ふれあい水族館シーパラダイス(伊勢シーパラダイス)

住所/三重県伊勢市二見町江580

「伊勢夫婦岩ふれあい水族館シーパラダイス(伊勢シーパラダイス)」の詳細はこちら

志摩スペイン村パルケエスパーニャ

志摩スペイン村パルケエスパーニャ出典:じゃらん 観光ガイド 志摩スペイン村パルケエスパーニャ

情熱の国スペインをテーマにしたテーマパーク。異国情緒あふれる園内は思わず写真を撮りたくなるフォトスポットがいっぱい!絶叫系から癒し系までバラエティ豊富なアトラクションや、参加型のエンターテイメントなどで子どもから大人まで思う存分楽しめます。パークに隣接するホテル志摩スペイン村と伊勢志摩温泉「ひまわりの湯」で心ゆくまでリゾート気分を満喫できます。

\口コミ ピックアップ/

時間は短めですが、パレードや花火はとっても素敵です。子どもはもちろん、大人も楽しめます。室内でのフラメンコショーも素敵でした。乗り物もそんなに待たずに乗れてよかったです。スタッフの方々もとっても親切で嬉しかったです。

(行った時期:2017年8月) 志摩スペイン村パルケエスパーニャ

住所/三重県志摩市磯部町坂崎

「志摩スペイン村パルケエスパーニャ」の詳細はこちら

夫婦岩

夫婦岩出典:じゃらん 観光ガイド 夫婦岩

興玉神石を拝む岩門。両岩は注連縄で結ばれる。毎年5・9月の5日と12月中旬頃に張り替えられる。

\口コミ ピックアップ/

夫婦二人でゆっくりと巡りました。夫婦箸を買ったのですが、もったいなくて飾ってあります。この夫婦岩のように末永く余生を送れたらいいなあと思います。車がなかなかとめられなくて困っていましました。

(行った時期:2017年9月) 夫婦岩

住所/三重県伊勢市二見町江

「夫婦岩」の詳細はこちら

赤目四十八滝

赤目四十八滝出典:じゃらん 観光ガイド 赤目四十八滝

「赤目四十八滝」とは、三重県名張市にある数々の美しい滝が織りなす全長約4kmの一連の滝の総称。

日本の滝百景や森林浴の森百景のほか、遊歩百景、平成の名水百景にも選ばれています。

その中でも不動滝、千手滝、布曳滝、荷担滝、琵琶滝のことを赤目五瀑と言い、見るものを圧倒する存在感を放ちます。

また、古くより山岳信仰の聖地として呼ばれ、修験道の開祖である役行者の修行場ともなりました。

そしてその役行者が修行中に赤い眼の牛に乗った不動明王と出会ったこととされたことから赤目の由来と言われています。

近年では四季を感じることのできるハイキングコースとしても知られ、数多くの観光客を賑わせています。

\口コミ ピックアップ/

三重県と奈良県の県境を流れる赤目四十八滝の内、赤目五瀑と呼ばれる五つの滝は間近で見てみたい名瀑なのだ。 ゆったり散策コースを歩くと不動明王にちなんで名付けられた不動滝、千手観音にちなんで名付けられた千手滝、布をかけたように落ちる布曳滝があり、その先の溪谷ハイキングコースを歩くとふたつに分かれて落ちる荷担滝と琵琶に似ている琵琶滝があり五瀑を見ることができる。 清水の流れる渓流沿いの遊歩道は歩くと気持ちいい!

(行った時期:2017年5月18日) 赤目四十八滝

住所/三重県名張市赤目町長坂861番地の1

「赤目四十八滝」の詳細はこちら

志摩マリンランド

170913_志摩マリンランド出典:じゃらん 観光ガイド 志摩マリンランド

海の美しさ、楽しさ,神秘さをあらゆる角度から探り,海の生きものたちの過去から現在までの姿を紹介する水族館です。 古代生物アンモナイトをデザインした建物の内部は,地球と生物の歴史を紹介する「古代水族館」と、世界各地の珍しい海の生き物たちを飼育展示する「水族館」からなっています。水族館のマンボウは志摩マリンランドの人気者です。

\口コミ ピックアップ/

家族旅行で賢島へ行った帰り、賢島駅のすぐ近くだったので寄りました。

小さな水族館だったので、あんまり期待はしていなかったのですが、予想外によかったです。

魚の水槽は他の水族館とほとんど同じなのですが、ふれあい広場がすごかった!

小さいカメとかカニぐらいだろうと思っていたら、ふだん見る機会もあまりないヒトデやナマコ、毒針を取ってあるエイや小さいサメまで触ることができるのでびっくりしました。

特におススメは、ドクターフィッシュ!皮膚の角質などを食べるらしいのですが、手を入れると、わーっと手に群がってきて一生懸命に何かを食べているようでした。気持ちいいというか、くすぐったいような感じでした。

子どもたちも今まで触ったことがない生き物にいろいろ触れて喜んでいました。

小さい子を連れて行くには良い場所だと思います。

(行った時期:2017年7月23日) 志摩マリンランド

住所/三重県志摩市阿児町賢島723-1

「志摩マリンランド」の詳細はこちら

鬼ケ城

170913_鬼ケ城出典:じゃらん 観光ガイド 鬼ケ城

荒波の侵食と大地震の隆起によってできた国の名勝天然記念物。まさに自然が造りあげた岩の彫刻芸術。往復徒歩約1時間半でほぼ全体を探勝できる。

\口コミ ピックアップ/

環境は申し分なく自然に触れ、波と岩のコラボレーションは最高です。少し怖くなる程荒々しく、用心して散策して下さい。 以前(15年以上前)にくらべ行けるところは短くなっていますが、それでも子供から大人まで楽しめるスポットです。

(行った時期:2017年6月5日) 鬼ケ城

住所/三重県熊野市木本町

「鬼ケ城」の詳細はこちら

ミキモト真珠島

ミキモト真珠島出典:じゃらん 観光ガイド ミキモト真珠島

日本の真珠産業を築いた御木本幸吉が世界で始めて真珠養殖に成功した島にあるテーマパーク。島内には真珠ができる仕組みや美術工芸品を展示した「真珠博物館」、ショップやレストランが入った「パールプラザ」などの施設、さらに海底に潜る海女の実演を見ることができる。

\口コミ ピックアップ/

真珠島というくらいなので、相当凄い真珠が展示されているとは思っていましたが、想像を超えた真珠に出会いました。タクシーの運転手さんの話ですが、その真珠は偶然発見されたとのことでした。金額は現地で確認してみてください。

(行った時期:2017年8月8日) ミキモト真珠島

住所/三重県鳥羽市鳥羽1丁目7-1

「ミキモト真珠島」の詳細はこちら

五十鈴茶屋

五十鈴茶屋出典:じゃらん 観光ガイド 五十鈴茶屋

赤福本店の軒続きに建つ茶屋。館内には本格子の出窓や天窓の煙だしがある台所、茶室などがあり、昔の伊勢地方の商家を復元した趣ある佇まいとなっている。茶室からは、五十鈴川の清流、奥にそびえる朝熊山、そして枯山水の庭園を一望でき、風情を感じながら抹茶や自然茶、季節の和菓子を味わうことができる。

都会の喧噪を忘れてゆったりと抹茶を味わう

\口コミ ピックアップ/

内宮からおはらい町、おかげ横丁と歩き回ってここで休憩しました。 いろんな和菓子があって、迷います。 抹茶とお菓子のセット、おいしかったです。

(行った時期:2016年1月) 五十鈴茶屋

住所/三重県伊勢市宇治中之切町26

「五十鈴茶屋」の詳細はこちら

英虞湾遊覧 賢島エスパーニャクルーズ

英虞湾遊覧 賢島エスパーニャクルーズ出典:じゃらん 観光ガイド 英虞湾遊覧 賢島エスパーニャクルーズ

真珠工場:養殖の過程を経て、真珠の生まれるしくみや真珠の母貝であるアコヤ貝への核入れ作業が見学できる。※16:30発は真珠モデル工場への寄港はなし。

\口コミ ピックアップ/

三重県志摩市から発着する英虞湾遊覧船。スペイン語で“希望”を意味する「エスペランサ」は3本マストの帆船タイプで、スペイン大航海時代のカラック船と呼ばれる船をモチーフにしているそうです。

(行った時期:2017年7月) 英虞湾遊覧 賢島エスパーニャクルーズ

住所/三重県志摩市阿児町賢島

「英虞湾遊覧 賢島エスパーニャクルーズ」の詳細はこちら

三重のことをもっと知りたい方はこちらもおすすめ!

~モチモチ極太麺に濃厚たれがうまい!伊勢うどんおすすめ9店はこちら~

~露天風呂が自慢の日帰り温泉はこちら~

※この記事は2017年9月時点での情報です

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください

関連記事リンク(外部サイト)

多彩なグルメを一気に満喫♪2017年ジャンル横断のグルメフェス7選【関西・中国】
2017年9月10月・三重の秋イベント決定版!大入道や忍者が登場!?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。