ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

来年公開のキング・コング映画『コング:スカル・アイランド』には『GODZILLA』に登場したあの秘密機関(MONARCH)も登場?!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

来年公開予定の話題のキング・コング映画『コング:スカル・アイランド(原題)』。超巨大なキング・コングが登場予定です。

©2016 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC., LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED
この映画は、ハリウッド・ゴジラ『GODZILLA ゴジラ』と同じレジェンダリー・ピクチャーズが手掛けていて、ハリウッド版「キング・コング対ゴジラ」ともいうべき「GODZILLA VS. KONG」も予定されています。

「本当に作るの!?」と思われる方もいるかもしれません。しかし、ちゃんとその伏線はあるようです!

‘Kong: Skull Island’ Poster Is Full of MONARCH Secrets https://t.co/7o86K7FPeWpic.twitter.com/lk9mqYQ818
– Peter Sciretta (@slashfilm) 2016年10月12日

まずslashfilm.comによると、先ごろニューヨーク・コミコンでこの映画のポスターが配られたそうです。

そのポスターは、今度の映画の舞台でコングの棲み家である”骸骨島=スカル・アイランド”の地図ですが、そこにブラック・ライトをあてると巨大な魚の怪獣のビジュアルが浮かび上がってきます。さらに、そのポスターのむかって左上端のところにMONARCHというロゴが…!

さらに、最近オープンしたこのバイラル・サイト(ネットでの口コミを狙ったサイト):discoverskullisland.com

MONARCHという名の謎の組織がモニターで”骸骨島=スカル・アイランド”を探している、という演出になっています(まだ、これ以上なにも起こらないので近々なんらかの動きがあるんでしょうが…)。

MONARCH(モナーク)とはなにか?–そう、2014年のハリウッド版ゴジラ『GODZILLA ゴジラ』に登場した秘密組織ですね! 渡辺謙さん演じる芹沢博士はモナークの科学者でした!


たしか、『GODZILLA ゴジラ』では、ゴジラの他にもこういう怪獣が地球にはいる、いた、という設定でした。つまり、モナークは世界中の怪獣たちを探し研究する機関? だから今回もコングを探している?
「アベンジャーズ」の世界では、スーパー組織「シールド」によってヒーローたちが繋げられたように、今度のコングとハリウッド・ゴジラはモナークによって繋がるのでしょう。


ちなみに『コング:スカル・アイランド』には、サミュエル・L・ジャクソンが出ていますが、彼がもしモナークの関係者役だとしたら、怪獣版「アベンジャーズ」を作るのでしょうか?(笑)

なお「GODZILLA VS. KONG」の前に『GODZILLA ゴジラ』の続編が2019年3月22日に公開予定。
ラドン(英語ではロダン)、モスラ、キング・ギドラ(英語ではギドラ)が登場するそうですが、監督のギャレス・エドワーズが降板し、監督もキャストも発表されていません。間に合うのかなあ。
レジェンダリー・ピクチャーズの資本のこともあり、中国の撮影スタジオで撮影されるそうです。

『GODZILLA ゴジラ』のプロモーション用に作られたモナークの存在を検証するモキュメンタリー・ビデオ(https://youtu.be/1pPJube_ERQ)

関連記事リンク(外部サイト)

ローラがPUMAのイメージキャラに 無邪気&無防備ショット連発で可愛すぎてツラい
ドラマ『下町ロケット』が2話目にして早くも名言製造機!阿部寛の言葉が「技術者魂全開」と話題に
​川に落としたスマホを拾ったヤツが良いヤツすぎると話題に→Facebookでフザけた投稿を連投www

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP