ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

凝りがとける!しつこい肩こりを解消する簡単ストレッチ~肩甲骨ストレッチ編~

DATE:
  • ガジェット通信を≫


こんにちは!ヨガ&フィットネス講師でトータルヘルスケアトレーナーの山本華子です。長年の講師歴から、不調の原因は一つではない…とし、あらゆる方向から皆さんに健康と美容の秘訣をご紹介させていただいています。今回は、現代人3~4人に1人が抱えているといわれている肩こり対策《パート2》をご紹介します。

肩こりに効果的なストレッチとは・・・

前回も書きましたが、肩こりは姿勢の悪化、疲労、食生活、ストレスが原因となっており

◎筋肉の問題
◎関節の問題
◎神経の問題
◎内臓の問題
◎精神の問題

から来ることが多く、・背骨全体・肩甲骨や鎖骨やその周辺の筋肉をほぐすと効果的です。

前回は首、肩のストレッチでしたので、今回は3種類の肩甲骨ストレッチをご紹介します!

1.肩甲骨開閉ストレッチ

1.あぐらを組んで座り(立位でもOK)、両手の指同士を後頭部で組む。
2.そこから息を吸いながら胸と肘をグ~っと広げていき、背骨を反らせる。肩甲骨同士を近づけるように。
3.今度は反対に、息を吐きながら胸も肘もグ~と縮めていき、肩甲骨同士が遠ざかり、背骨を丸くする。
4.2&3をゆっくり5回程度行う。

肩甲骨が閉じたり開いたりし、背骨も反ったり縮まるのを感じながら行いましょう。

2.肩甲骨上下ストレッチ

1.あぐらを組んで座り(立位でもOK)、息を吸いながら肩甲骨を引き上げ、両手をおでこの上あたりで交差させる。
2.息を吐きながら肩甲骨を引き下げ、肘を体側にあてる。
3.1&2をリズミカルに10~20回程度行う。

肩甲骨が開きながらも引きあがったり、肩甲骨が閉じながらも引き下がるのをしっかり感じながら行いましょう。

じっくりと伸ばすだけのストレッチも大切ですが、このようにリズミカルに行うストレッチもかなり効果的ですよ。

3.肩甲骨はがしストレッチ

1.あぐらを組んで座り、右手で右足の土踏まずを内側から掴む。
2.そこから背中を丸~くしていく。
3.呼吸を止めずにそのまま20~30秒程度キープする。

肩甲骨が背骨から遠ざかるのを味わいながら行いましょう。コレは特にお疲れ女子にオススメ。私の生徒さんもお気に入りの方が多いストレッチです。

肩甲骨ストレッチで背中から羽根を・・・

いかがでしたか?カチカチで動かなかった肩甲骨周りの筋肉がほぐれて軽くなっているのが分かりますか?そうなると、身体も心も軽くなりますよね。

無理のない範囲で続けてみて、背中から羽根を生やしましょう~。

さて、次回はセルフマッサージ&ツボ押しをご紹介します!

Photo by fotolia

関連記事リンク(外部サイト)

痩せにくいのは「デブ菌」のせいかも…。対策のポイントは◯◯!
実年齢より若々しく、老化のスピードを遅らせるコツ!第2弾
ダイエット中でもOK!体脂肪がつきにくい意外なコンビニスイーツ3選
もぅ!どうして!?「むくみ」の原因5つ
がっつりメイクをしなくてもデカ目に♡鍵は「おデコ」が握ってる!?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
美LAB.の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。