体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

しっかり寝たのに疲れが取れない…改善すべき生活習慣と疑うべき病

しっかり寝たのに疲れが取れない…改善すべき生活習慣と疑うべき病
しっかり寝ているのに日々の疲れが取れない…、そんな悩みをお抱えの方は多いのではないでしょうか。

実は疲れをしっかりと取るためにはいくつかのポイントがあり、そこを抑えていなければどんどん疲れが蓄積されていってしまいます。

いったいどのようにして疲れを取っていけばいいのでしょうか。

要チェック項目

□精神的疲労はストレスから、肉体的疲労は筋肉の凝りからくる

□疲れをとるには睡眠や食事、体の状態が重要

□ずっと疲れが取れないのは病気の兆候…?

疲れの原因

まずは疲れがたまるメカニズムから説明していきましょう。

精神的疲労

主にストレスからくる疲労です。ストレスは交感神経系の働きを活発にしてしまい、脳が休めなくなってしまい、疲労を感じてしまうようになります。

あるいは過労・睡眠不足なども脳が休む時間を十分に取れないので、疲労の原因となってしまうことも。

肉体的疲労

主に長時間労働からくる疲れです。パソコンで事務作業をしていると、ついつい長時間同じ姿勢になってしまうことってありますよね。そうなると全身の筋肉がこり固まり、疲労感として体に残ってしまうのです。

さらに仕事になると精神的な疲労も伴うので、疲れがより蓄積しがちになってしまいます。

ちなみにスポーツなどで全身の筋肉を動かしたときの疲労は、仕事の疲労に比べると解消されやすくなっています。全身の筋肉を使い、さらに体を動かしたときの爽快感も脳に好影響を与え、疲労が残りにくいのです。

このように疲労には精神的なものと肉体的なものがあります。さらに両方の原因が組み合わさって疲れにつながってしまうことがあるのも厄介ですね。いったいどのように対処していけばいいのでしょうか。

疲れをとるには睡眠が重要

しっかり寝たのに疲れが取れない…改善すべき生活習慣と疑うべき病
まず疲れが取れない原因として、”睡眠の質が悪い”ということが挙げられます。

疲れをとるためには質のいい睡眠が最も効果的なのですが、生活リズムが不規則で体内時計がずれていると、質のいい睡眠の妨げになってしまうのです。

質のいい睡眠をとるには、メラトニンというホルモンが大きな役割を果たしています。

このメラトニンは、入眠後3時間ほどで分泌がピークになるのですが、その間は深い睡眠、いわゆるノンレム睡眠の状態に入ることができるのです。これこそが質のいい睡眠で、疲労回復には非常に重要な時間といえるでしょう。

しかし厄介なのは、このメラトニンが分泌されるメカニズム。メラトニンは朝に日の光を浴びてから15時間ほどで分泌が始まり、それから体眠くなるにつれて分泌量が増え、入眠から3時間でピークを迎えていきます。

つまり毎日朝に日の光を浴びていないと、メラトニンの分泌される時間がずれてしまい、ノンレム睡眠が十分にとれないのです。

そうならないためにも、体内時計のずれはしっかりとなおしておきたいところ。朝に日の光を浴びるのはもちろん、休日でも寝すぎないことが重要です。

できるだけ食事も同じ時間に取ることができればなお効果的。また睡眠前にストレッチをして、筋肉をほぐしていくと、血行が良くなってより睡眠中の疲労回復効果が高くなります。

食事バランスが悪いと疲れも取れにくい

しっかり寝たのに疲れが取れない…改善すべき生活習慣と疑うべき病
また食事のバランスによっても、疲れが取れにくいということがあります。

ビタミンB群不足

身体のエネルギーとなるのは糖質や炭水化物ですが、それら体内に摂取しても、ビタミンB群がなければ効率よくエネルギーには変換されません。

なので、これが不足しているという人は、うまくエネルギーが生成できず、疲れが取れにくい傾向にあります。

ビタミンB群を多く含む食材としては。豚肉やレバー、豆類、魚介類、卵などが代表的ですね。また糖質や炭水化物の取り過ぎも相対的にビタミンB群不足となってしまうことがありますので、注意してください。

鉄分不足

1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。