ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

晋平太VS掌幻 超ハイレベルな勝負の行方は?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVEで放送中の番組「WORD FREAK」(ナビゲーター:ACE・DOTAMA)。ラジオで即興ラップの対決“フリースタイルバトル”を行うこの番組。10月21日のオンエアでは、2週連続で勝ち抜いた現チャンピオンの“掌幻”と、ACEが「この男を知らなきゃHIP-HOPじゃねえ!」と紹介する“晋平太”とのバトルが繰り広げられました。

簡単に二人を紹介すると“掌幻”は、ACE、シャルルと共に渋谷サイファーの中心人物となっているラッパー。そしてチャレンジャーの“晋平太”は数多くのMCバトルで輝かしい成績を残しています。

掌幻の先攻からバトルスタート! ハイレベルな韻の踏み合いに、聴いていたACEは「ヤバイ! マジでハンパない! 面白かったですねえ…神がかった試合だと思います」とコメント。DOTAMAも「掌幻くんは、前のバトルのときもそうだったんですけど、先攻でも“リスペクト”から始めるっていう礼儀正しさがすごい。バトルってやっぱ悪口を言ったものが強く見えるんですけど、そこで相手に敬意を払うっていうのは本当にすごいことで…」とし、その後のお互いの韻のラリーについても感心していました。

また、晋平太については、チャレンジャーという立ち位置なのに「俺に挑戦してこい」と煽る点や、バトル中にDOTAMAのメモを見てラップに取り入れたことについて、「ものすごい能力が高い」(DOTAMA)と称賛。ACEは掌幻の「俺はあんたの被害者だ」というフレーズに対して、その“被害者”を使わずに「俺は理解者だ」と返してまとめる晋平太のスキルを取り上げていました。

二人とも晋平太の技術ばかり褒めてしまったことに気付いたのか、DOTAMAが冷静に「勝敗言ってから解説したほうがよかったですね…」と一言(笑)。ジャッジはその通りで“晋平太”の勝利となりました!

ということで2週勝ち抜いていた掌幻が破れてしまい、新チャンピオン“晋平太”が誕生! 次週も出演する“晋平太”は、どんな相手とバトルするのでしょうか? お聴き逃しなく!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聞き直せます。

【番組情報】
番組名:「WORD FREAK」
放送日時:毎週金曜 深夜1時−1時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/dc1/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP