ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【現地取材】チャップリンのチャップリンワールド / 2016年にミュージアムとして開館

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ロンドン生まれの喜劇王、チャールズ・チャップリン(Charles Chaplin)。波乱にとんだ19~20世紀に活動して自らを「世界市民」と称した彼が、25年間暮らした“終の住処”はスイスにある。そして2016年4月、チャップリンの邸宅が残る敷地全体が、ミュージアム「チャップリン・ワールド(Chaplin’s World)」としてオープンした。

・郊外の静かな町に立地
映画俳優、映画監督、映画プロデューサー、脚本家、作曲家――各方面で功績を残したチャップリンが、戦時下でも作品をとおして“反戦”を訴え続けたことはあまりに有名だ。平和をのぞむ一人の男が晩年過ごしたのは、永世中立を掲げるスイス。フランスとの国境に近い郊外の町Corsier-sur-Vevey(コルシエ・シュル・ヴヴェイ)だ。

構想から15年の時を経て、邸宅のある敷地はミュージアム「チャップリンワールド」に生まれ変わった。観光都市Vevey(ヴヴェイ)からはバス212番で約15分、“Chaplin”で下車。広大な敷地へ入ると、2つの建物(展示室)があり、左側にあるのが開館とともに新設された「スタジオ(The Studio)」(1350平方メートル)。右側に建つ白亜の屋敷はチャップリンが暮らした家「マノワール・ド・バン(Manoir de Ban)」(約500平方メートル)。



・まずは“アーティスト”のチャップリンに浸ろう
最初に「スタジオ」手前にある受付でチケット(一般CHF23、6~15歳はCHF17)を購入して、エントランスへ。鑑賞する順路は自由だが、オリジナルシアター視聴の行列が予想されるため、チャップリンの映画作品をたどれる「スタジオ」から見学するのが無難だ。

館内は地上と地下の2フロアの構造となっており、地上階からスタート。入館して最初の部屋は映写室(全150席)。ここでは大スクリーンで歴代作品のハイライトをまとめたオリジナルシアターを見られる(約15分、入場制限あり)。



・チャップリンの世界観を体感
そこから先は、作中でおなじみのシーンのセットを再現した展示室が続く。『モダン・タイムス』の機械仕掛けや『黄金狂時代』の山小屋などの名シーンに、自ら飛び込んだかのような錯覚におちいるリアルさがたまらない。

また各展示室では、そのセットが舞台となった映画フィルムを上映しており、かりに見たことがない人でも十分に楽しめる。館内は写真撮影ができるため、周囲で繰り広げられる“撮影大会”を上手にかわしつつ、とっておきの一枚をおさめたい。




・敷地内にあるカフェレストランで休憩を
チャップリンの作品世界にどっぷり浸った後は、庭園に建てられたカフェレストラン「ザ・トランプ(The Tramp)」へ。サイレント映画を思い起こす、白と黒を基調にした瀟洒な空間は、『モダン・タイムス』の工場シーンがモチーフとなっている。


『モダンタイムス』の一部シーン(1936年)

ここではランチタイムにはチャップリンをテーマにしたメニューを、ディナータイムには本格的な料理を、館内で放映されているムービーとともに堪能できる。ひと息ついたところで、喜劇王が家族と暮らした「マノワール・ド・バン」へ移動しよう。

ミュージアム
時間:10:00~18:00
定休: 12/25, 1/1
予約:http://tickets.chaplinsworld.com/en-US/home
※チケットはオンラインで購入可能。プリントまたはダウンロードしてモバイルなどで提示。

フード
カフェ:9:30~20:00(日・月~18:00)
ブラッスリー:11:30~15:00
レストラン:火~土19:00~23:00

HP:http://www.chaplinsworld.com/
※公式サイトでランチ、ディナーともに予約可

もっと詳しく読む: チャップリンの終の住処へ / 2016年ミュージアムとして開館(Photrip フォトリップ) http://photrip-guide.com/2016/10/22/chaplin1/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Photrip フォトリップの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP