体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【現地取材】チャップリンのチャップリンワールド / 2016年にミュージアムとして開館

0

ロンドン生まれの喜劇王、チャールズ・チャップリン(Charles Chaplin)。波乱にとんだ19~20世紀に活動して自らを「世界市民」と称した彼が、25年間暮らした“終の住処”はスイスにある。そして2016年4月、チャップリンの邸宅が残る敷地全体が、ミュージアム「チャップリン・ワールド(Chaplin’s World)」としてオープンした。

・郊外の静かな町に立地
映画俳優、映画監督、映画プロデューサー、脚本家、作曲家――各方面で功績を残したチャップリンが、戦時下でも作品をとおして“反戦”を訴え続けたことはあまりに有名だ。平和をのぞむ一人の男が晩年過ごしたのは、永世中立を掲げるスイス。フランスとの国境に近い郊外の町Corsier-sur-Vevey(コルシエ・シュル・ヴヴェイ)だ。

構想から15年の時を経て、邸宅のある敷地はミュージアム「チャップリンワールド」に生まれ変わった。観光都市Vevey(ヴヴェイ)からはバス212番で約15分、“Chaplin”で下車。広大な敷地へ入ると、2つの建物(展示室)があり、左側にあるのが開館とともに新設された「スタジオ(The Studio)」(1350平方メートル)。右側に建つ白亜の屋敷はチャップリンが暮らした家「マノワール・ド・バン(Manoir de Ban)」(約500平方メートル)。

chaplin
%e3%81%a1%e3%82%83p%e3%82%8a%e3%82%93%e3%81%b6s
end

・まずは“アーティスト”のチャップリンに浸ろう
最初に「スタジオ」手前にある受付でチケット(一般CHF23、6~15歳はCHF17)を購入して、エントランスへ。鑑賞する順路は自由だが、オリジナルシアター視聴の行列が予想されるため、チャップリンの映画作品をたどれる「スタジオ」から見学するのが無難だ。

館内は地上と地下の2フロアの構造となっており、地上階からスタート。入館して最初の部屋は映写室(全150席)。ここでは大スクリーンで歴代作品のハイライトをまとめたオリジナルシアターを見られる(約15分、入場制限あり)。

%e3%82%b7%e3%82%a2%e3%82%bf%e3%83%bc
1floor
%e7%b5%b5%e7%94%bb

1 2次のページ
Photrip フォトリップの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。