体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『バイオハザード』ついに最終作!ミラ・ジョヴォヴィッチがシリーズについて、家族について、そして日本への愛を語る

『バイオハザード』ついに最終作!ミラ・ジョヴォヴィッチがシリーズについて、家族について、そして日本への愛を語る

究極のアクション超大作シリーズ最終作『バイオハザード:ザ・ファイナル』が12月いよいよ公開される。シリーズ全作に携わってきた、ポール・W・S・アンダーソンが作り上げた最終章において、強く美しいヒロイン、アリスを演じるのは、もちろんハリウッドを代表するアクションスター ミラ・ジョヴォヴィッチ!  クールで美しいアクションで世界中のファンを魅了し続けたミラにとって、本シリーズは、代表作であるだけでなく、最愛の夫アンダーソン監督と出会うきっかけとなったということもあり、自身にとってとても大切な作品であることは間違いないだろう。そんなミラが、最終作を迎える寂しさや、アンダーソン監督に対する思いを語った。

–大ヒットシリーズ『バイオハザード』がついに最終作を迎えるにあたってのお気持ちはいかがですか?

明らかに寂しい気持ちです。私は過去15年間アリスを演じましたが、『バイオハザード』シリーズを作っていくのが大好きでした。ワクワクして、とってもエモーショナルな気分になりました。そしてこの作品を通して、夫のポール(W・S・アンダーソン監督)と出会い、二人の子供に恵まれ、プライベートにも大きな変化をもたらしました。本当に素晴らしい旅のような時間でしたね。だから、全てが終わりになるのを見るのはとても辛いです。「さよなら」を言うことは嫌なことですよね。

–完成した映画を実際にご覧になりましたか?

完璧に完成したものはまだ観ていませんが、完成した映画のカットを見ました。スゴいですよ! すごく面白くて、とても美しく撮影されています。感動的です!最初のカットなので、特殊効果はまだ完ぺきではありませんが、とはいえ、美しく、ゾッとするようなジャンプやスタントの連続で本当に怖かったです!

–今回の作品やアリスのキャラクターに対して、今までのシリーズ作品とは違った感慨はありますか?

過去の彼女について、ファンが抱いている多くの疑問に答えていると、はっきり感じます。アンブレラ社の秘密についての多くの疑問にも答えていますしね。また、今回のアリスは初めて自分自身に対し、安心した気持ちを抱いていると思います。彼女はいつだって生存者たちが逃げる原因となった事故に責任を感じていました。アリスは全6作品を通して、とてもエモーショナルな旅の途中にいましたが、本作でようやく本当に彼女が自分自身を理解できたのです。

–ミラさんにとってポール監督はどういう存在ですか?

彼は私の生涯の恋人ですし、私にとって一番大きなインスピレーションを与えてくれる存在です。ポールの職業倫理、そしてエネルギーと情熱をすべのプロジェクトに注いでいる姿は、良い刺激になり、いつも奮起させてもらっています。スゴい夫を持っていることを本当に幸運だと思います。

–ローラと共演してみていかがでしたか?

ローラは面白いし、とてもおしゃれな女性です。優しさもありますし、仕事に対してプロフェッショナルです。現場に彼女がいることや、彼女のエネルギー、才能を見るのは大きな喜びでした。ローラは強い女性で、現場では誰もが彼女を尊敬していました。彼女と共演するのは楽しかったです!

–ローラのアクション・シーンは上手くいきましたか?

ええ、彼女は素晴らしいです。間違いなくタフな女性ですね。実際の彼女からはそうは見えないですけどね! とっても小さくて、超美人で女性的な人です。

–一人の成功した女優が同じキャラクターを全6作演じるのは非常に珍しいと思います。ミラさんは、シリーズの合間に他の作品にも出ていますが、たとえ違う作品で演技している時でも、あなたの心の奥にはアリスのキャラクターはいますか?

それは興味深い質問です。たしかに、アリスは私の人生の大きな一部になったと感じています。役者であれば、いつも、ある意味キャラクターを取り込む傾向がありますし、その人自身をキャラクターに投影しますし、キャラクターがその人に影響するものです。

私は、『バイオハザード』シリーズの経験を、特に技術面において自分に取り入れています。スタントのようなことはたくさん経験しているので、振付を覚えるのも早いです。スタント・シークエンスに関しては、今はたくさんのアイデアがあるので、チームの価値ある存在になれるように感じています。

1 2次のページ
AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy