ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

草刈正雄 昌幸ロス訴えるコメントを読み涙ポロポロ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年10周年を迎えた美術鑑賞番組『美の壺』(NHK BSプレミアム)。同番組でナビゲーターをつとめ、『真田丸』で主人公の父・真田昌幸を演じた草刈正雄(64才)に近況について、そして『美の壺』について話を聞いた。

「最近は涙もろいんですよ、年だからなのかな。最近始めたブログにファンのかたから昌幸についてたくさん激励のコメン トをいただいて、嬉しいですよね。読んでいると泣けてくるんですよ。昌幸がいなくなって寂しいってコメント読んでたら、涙がボロボロ出て。翌日に撮影が 入っているときは読めないんですよ」

 NHK大河で真田昌幸として強烈な印象を残した草刈。“昌幸ロス”という言葉が生まれた。一方、『美の壺』では谷啓から引き継ぎ、コミカルな“草刈さん”が好評だ。

「ジャズが流れるオシャレな番組で谷さんの時代から大ファンだったんだよ。番組の“草刈さん”は考古学者だっけ? ぼく自身設定はとくになくて、自然にやってますね。妻が気が強いってところはうちのかみさんと一緒ですが。

 セリフのダジャレはアドリブです。台本読んでるとピーンとひらめくときがあって…。普段はダジャレなんていいませんよ、ぼく自身は面白くない人間ですから。

 この番組のディレクターは、ぼくに色んなことをやらせたいと思ってくれるから、着ぐるみを着たり変装したり(笑い)。ついノッてやっちゃうんだけどね。昔は尖っていて役を拒んだこともありましたけど、今はなんでも素直に受け入れるんですよ。

 役者は止まっちゃだめでしょ。常にやり続けないと。この番組は他でもない自分自身を演じるという点で、勉強になりますよ。他の芝居にもすごく役立っている。『美の壺』でぼくは、色んな扉が開いたと思っています」

※女性セブン2016年11月3日号

【関連記事】
真田昌幸演じる草刈正雄 家では「真田さん」と呼ばれる
草刈正雄 真田昌幸は40年の俳優人生でやっと出会った役
草刈正雄 真田丸の台本は「喫茶店で覚えている」と明かす

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP