ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

デパートが満身創痍 過ぎ去った爆買いと駅ビルの進撃が影響

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本国内各所のデパートが、苦境に立たされている。9月30日、日本最北端のデパート、西武旭川店(北海道・旭川市)が閉店した。同店最後となる物産イベント「全国うまいもの大会」は多くの買い物客で盛り上がり、感極まって涙する人も。ここだけではない。今年だけでそごう柏店、西武春日部店など4店舗が、来年には三越千葉店や堺北花田阪急など、5店舗が閉店を予定している。

「今日は三越、明日は帝劇」。かつてそんな「ハレの日」の場だったデパートが、いつからこんなことになってしまったのか?

 ショーウインドー一面に、「日本免税 銀座三越8F」という文字。そして少し小さな文字で「どなたでもご自由にご覧いただけます」と日本語が添えられている。覗いてみると、500平方メートルはある広いフロアに、客は10人もいない。40人ほど待機していた店員は暇をもてあましていたのか、記者を見つけると「やっと客が来た」と顔を輝かせ、次々と声をかけてきた。女性店員の1人が苦笑交じりに、「団体客が来る夕方はもうちょっとにぎわうんですけどね…」と言う。よく聞くとイントネーションが違う。どうも店員の大半が中国人のようだ。

 ここは、今年1月、鳴り物入りでオープンした銀座三越の免税フロア「Japan Duty Free GINZA」。空港の免税店と同じように、パスポートと海外に行く搭乗券があれば消費税のみでなく、関税や酒税、たばこ税までもが免税になる。しかし日本から出ない人にとっては関係のないフロアだ。

 丁寧な接客が売りの銀座の高級デパートが、ここ数年、中国人観光客の「爆買い」効果で大いに賑わってきた。しかし今は前述の通り、閑古鳥が鳴いている状態。わずか2~3年前の全盛期には、爆買いといえば200万、300万円が当たり前だったのが、今はせいぜい十数万円がいいところ。

 中国の内需主導や、円高・元安となった今、高額品は売れなくなり、大量に仕入れた高級時計やブランド品は、在庫ばかりが残る結果となっている。

 1991年のピーク時に9兆7130億円だった百貨店市場規模は、2015年には6兆1740億円まで縮小している。バブル崩壊後、少子高齢化、デフレなど内需減少の影響をもろに受けたデパート業界。

「さらに直近の厳しい状況を作り出したのは、百貨店にも責任の一端がある」と話すのは、経済評論家の平野和之さんだ。

「いちばんいい例が銀座です。銀座はインバウンド爆買い消費に合わせてどんどん再開発を進めました。百貨店もこれに乗ったわけですが観光バスが正面玄関にどーんと横づけして、大量の中国人が大騒ぎして買っていく。昔ながらの銀ブラする街ではなく、きらびやかだけどよくある“アジアの一都市”になってしまったんです。

 祖父母やご先祖様の時代から通って来たという自負のあるお得意さんなどにしたら、ぎすぎすした街で、多国籍言語が飛び交う接客ばかりになってしまった店に“なんでこんなところで買わなきゃいけないんだ”と愛想も尽かすでしょう」(平野さん)

 爆買いの爪痕とともに、デパートを苦しめる存在が「駅ビル」だ。デパートの凋落ぶりとは対照的に右肩上がりを続けるのは、JR東日本グループ会社が運営する『ルミネ』。今年3月期の店舗売上額は3255億円と、過去最高を記録した。

「中央線沿線に住んでいるので、会社帰りに新宿のルミネに寄ることがほとんど。セレクトショップも入っているから服も買えるし、話題のスイーツがそろっているから、手土産を買うときも重宝しています。

 昔は銀座のデパートに通っていましたけど、最近は全然行ってないですね。デパートが駅から徒歩5分でも、こっちは駅直結ですからね。なんだか面倒になっちゃって」(吉田知子さん・仮名・41才)

 同じく新宿の名所となりつつあるのが、今年3月にオープンした、ルミネの新施設NEWoMan(ニュウマン)。朝4時まで営業している飲食店がある使い勝手の良さに加え、パリ生まれのシュークリーム専門店『シュー・ダンフェール パリ』や、LA発の『800°ディグリーズ ナポリタン ピッツェリア』など、日本初上陸の店が多く人気を集めている。

「小売業は立地が命です。デパートと同じ要素を持つ施設が、利便性のいい駅にできてしまえば、顧客をとられてしまいます。とくに総菜やスイーツといった“食品”や“化粧品”など女性の個人消費は不況下でも安定したドル箱分野でしたが、駅ビルで簡単に手に入るとなり、百貨店の“ドル箱”が侵食されています」(前出・平野さん)

「業績悪化は肌で感じている」と話すのは、大学卒業後に大手デパートに就職し、現在は関東圏の店舗に勤める林奈央子さん(仮名・50才)。

「“正月を家族と過ごすため”という名目で、去年から1月2日の初売りをやめて絶賛されている同業他社さんがあるのですが、内情は違うそうです。営業しても人件費や光熱費を上回る売り上げがないから、閉めたほうが得だと判断したからです」(林さん)

 現場に吹くすきま風は、買い物客をも冷やしていて…。

「お気に入りの靴が汚れてきたので、久々に新しい靴を買おうと思ってデパートに行こうと思ったんだけれど、人混みに出るのがなんだか億劫で…そんなときに『ネットショッピングでも試着・返品可能』というサービスがあったからそっちにしちゃいました」(渡辺京子さん・仮名・35才)

 京子さんのように、ネットショッピングを利用する人が増えている。2015年の総務省調査によると、ネットショッピングをしている人の割合は2002年には5.3%だったが、2015年には27.6%と、5.2倍になっている。同省の別調査によれば1位は「実店舗に出向かなくても買い物ができるから」(73.7%)という理由だった。

※女性セブン2016年11月3日号

【関連記事】
銀行の750倍の年利「デパート友の会」の積立はお得との指摘
宝くじの高額当選 東京都内のデパートの売り場から多数出る
デパ地下商品のネット注文に注目 バレンタイン混雑回避可能

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。