ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ヤブ医者は自分のミスを言い訳したり周囲のせいにしがち

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 患者にとって執刀医とは命を預ける存在である。できるなら“神の手”を持つ「名医」に任せたいが、残念ながらそうした医師はとにかく数が少ない。そもそもなぜ手術の上手い医師と下手な医師の差が生まれるのか。

 名執刀医の条件に、「手先の器用さ」や手術の際の「画像認識能力」、そして医師全般については、患者の立場に立つ「人間性」などを挙げる医師は多いが、求められる素質は診療科によっても異なる。

「脳外科医には器用さよりも慎重さが求められる」と語るのは、脳外科の名医、帝京大学医学部脳神経外科客員教授の中込忠好氏だ。

「石橋を叩いて渡るよりもさらに慎重に行なうこと。他の外科医に要求される大胆さや思い切りの良さでは、うまくいきません」(中込氏)

 もちろん脳外科医としての専門知識をしっかり身につけていることと、探究心も不可欠な要素だ。

「常に学び続ける姿勢こそ、名医の最大の条件です。脳外科手術では、まず解剖学をしっかり学び、脳の構造を頭にたたき込むことが大前提。次に他の医師の手術をできるだけ多く、しっかりと見ること。僕もたくさんの医師の手術を見に行きました。先輩にあたる福島孝徳医師の手術を見るために米国ピッツバーグに1週間ほど滞在したこともあります。

 そして3番目に大切なのは、失敗に学ぶこと。手術をしていると、自分の理想とは違うことが出てくる。そのたびにどこがいけなかったのかを常に振り返り、完璧を目指して修業するのです」(中込氏)

 中込氏は今も手術直前まで勉強しているという。

「前夜まで資料を読み、手術の手順などを反芻し、手術のVTRを見たり、自分が過去に行なった同じ手術を思い出して確認する。それほど執刀する医師の責任は重いのです」(中込氏)

 自分に厳しい姿勢は、心臓外科の名医として知られる、昭和大学医学部心臓血管外科教授の南淵明宏氏にも共通する。

「失敗をいつまでも忘れない。1日1回、もっとうまくやればよかったと反省し、後悔する。そしてもっとうまくやろうと思う。毎日がその繰り返しです。僕は25年前の失敗に今も責め苛まれています」(南淵氏)

 逆に自分のミスや失敗を周囲のせいにしたり、言い訳したりする医者は、いうまでもなく「ヤブ医者」だ。だが、名医になれる素質がない若い医師でも、彼らなりの道がある、と中込氏。

「脳外科にもさまざまな治療分野があり、簡単な手術もある。診断や簡単な手術を担当し、難しい手術や特殊な手術は他の医師に頼むというように、自分の技量を自覚して自分に合った道に進めばいいのです。すべての脳外科医が難しい手術ができる必要はなく、それぞれの分野に一部の上手な医師がいればいい」

 名医でなくても、自分の技量を自覚し、必要があれば名医につないでくれる。こうした信頼できる医師に出会うことは、名医に出会うに等しいのだ。

※週刊ポスト2016年10月28日号

【関連記事】
【同業者が選ぶゴッドハンド医師:脳編】くも膜下回復率8割
外科手術の名医になる素質 手先の器用さと画像認識能力
【同業者が選ぶゴッドハンド医師:心臓編】難手術600回経験

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP