ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

読書感想文 感動でっちあげを推奨せずなんでもアリにすべき

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「読書感想文」の是非について、ネットでも議論がある。コラムニストのオバタガスユキ氏が考える読書感想文のあり方とはなにか。

 * * *
 読書の秋もたけなわなということで、ネット上でも「この秋にじっくり読みたいお薦めの本特集」的な記事が量産されている。これが10月27日~11月9日の読書週間に入ると、リアル書店、図書館、新聞紙上などなどでも、さまざまな読書フェアや読書推進企画が催され、本を読んでいる人は賢い人です、本を読まなきゃ人生損です的な空気がつくられる。

 そういうあれこれについて、冷めた態度で書き始めている当コラムのように見えるが、今でも私の主な収入源は紙の本の仕事だ。総務省の家計調査によると、意外なことに、9月から10月は一年のうちでも書籍への支出が少ない時期だそうである。出版市場活性化のために、ありとあらゆる策は打ってほしいし、微力ながら私も援護射撃をしたい。

 しかし、である。読書推進運動の一環で、学校が児童や生徒に読書感想文を書かせようとするのには、あまり賛成できない。感想文というのは、自分の心の中に生じた変化を言語化してまとめる、くらいの意味だと思うが、心が変化することを前提にする読書というのは本末転倒だと思うからである。

 はっきり言って、心の中に変化が生じる、つまり感動する読書体験なんて、そうそう滅多にない。まず、多くの人の心を動かすだけの力を持った本は僅かだし、書評家や図書館司書や本読みさんたちが名作を選書して勧めても、勧められた側の心のコンディションがうまく合わなければ、感動はできないのである。

 だから、読書して感動できた本やその体験はとても希少価値があるのだけど、読む前から感動を前提として本を読ませるのはナンセンスだ。意味がないので、子供たちの読書感想文のほとんどは、あらすじと感動したポイントを書いて「私も主人公のような人間になりたいです」みたいな、心にカケラもないことを添えて終わりみたいな、虚しいものになるのである。

 いや、そんな程度のやっつけ感想文でさっさと片付けちゃえる子供は、まだ健全だ。なんだかなあと思うのは、感動ポイントでかなりな変化球を投げてきて、私は他の人とは目のつけどころが違うんです、と自己ピアール、締めも「さあ、私たちも飛び立つ時だ。好奇心に突き動かされ、前人未到の地に到達したこの主人公のように」とか、くさーいポエムを書き散らしてしまう国語優等生たちだ。その手の感想文が賞を取っちゃったりする世界の存在も気持ち悪い。

 そういう書き方をすれば、文科省や選考委員のおじ様おば様たち喜ぶから、と分って書いている子供が賞を取る。それはひとつのマーケティングと戦略なので、将来の商売にも役立つかもしれない。まあ、勝手にやってくれ。問題なのは、そういう国語優等生も片づけちゃえ系の子供たちも、おかげで読書が嫌いになってないか、という懸念である。

 私は読書をしない子供だったが、それは読書感想文が苦痛だったことと無縁ではない。この本をこう読んでこう書きゃ点が取れるんだろ、と意識しながらする読書がおもしろいわけない。そういうとき手にしているものは本ではなく、資料と呼ぶべきだ。ネタを探すために資料にすぎず、本を読み感想を綴る行為はネタの整理でしかないのである。

 ネタ探しやネタ整理自体が悪いのではなく、そこに感動という、きっと人間にとって大事な部分をでっちあげで乗っけなければならない点がおかしい。「たかが子供」なので、その作品の特徴を作家の作品群や類書の中で客観的に位置づける、といった「書評」を求められているわけではない。その逆の主観、あくまで読んで沸きあがってきた思いを書くのが感想文なのだ。沸かなくても、沸いたふりをするのだ。

 本を読んで、気持ちが沸きあがってくることは、もちろんある。選んだ本とその時の自分のコンディションがぴったり合えば、時にその後の人生を左右するくらいの大きな感動だって、書物は我々に与えてくれるのである。

 でも、それは強制下ではめったに起きない。わりと、たまたま手にしたところ、止められなくなって夢中で朝まで読んじゃった、という読書で起きがちなのだ。そして、そういう体験をモノにした人たちは、自分の心に湧いてきたものを、誰かに伝えたくて仕方がなくなる。

 だから、みんなネット上で「レビュー」を書く。「レビュー」っていうのは、本来、上記した「書評」に近いもので、そこまで高尚でなくても、客観的に内容を紹介する文、くらいの枠があるはずだが、実際はなんでもありだ。

 アマゾンの数々のレビューを読めばわかる。あらすじだけのものから、「私の目を開かせてくれたこの出会いに乾杯!」みたいな一行ポエム、重箱の端つつき系、難癖系、小論文のつもりですか系までいろいろである。ごく稀には書評家も一目置くような名レビューだったり、文芸評論家が自ら書いていたりするものまである。

 なぜ一円にもならないのに、みんないっぱいレビューを書くのか? そんなに承認欲求に飢えているのは社会病理じゃないか……と思うこともあったのだが、それは私が間違っていた。

 みんな、その多くは、沸きあがるものに突き動かされ、誰かにその気持ちを伝えたくて書いているのである。その気持ちが素直であればあるほど、アマゾンでは「役に立ったお客様」の人数表示が増えるし、読書メーターだと「ナイス!」の数字が大きくなる。

 この夏に自分が企画・編集した『国のために死ねるか』(伊藤祐靖著・文春新書)が出て以来、ほとんど毎日、アマゾンレビューや書評サイトの書きこみをチェックしているのだが、たとえば読書メーターで何百もの「ナイス!」を集めているレビューは、こんなふうに率直だ。

<……恥ずかしながらフィリピン人の兵士の方の話し方がハルヒっぽいなとか全く違うことを考えていた私がいた。そして日本の掟を捨てて外国からの掟になったのをどう取り戻すのかを考えていないという問いかけに著者同様私も考えこんだ。>(miteiさんのレビューから部分引用)

 ハルヒっていうのは大ヒットライトノベルの主人公「涼宮ハルヒ」のことなんだろう。私は『涼宮ハルヒの憂鬱』を読んだことがないのだが、どうやら非日常的でぶっとんだ女子高校生らしい。たしかに『国のために~』に出てくるフィリピン人で海洋民族のラレインも、まわりの人間とはまったく異質なぶっとびキャラだ。この喩えは、ウケ狙いではなく、ほんとうにハルヒが頭に浮かんだのだろう。miteiさんはそれをそのまま綴り、それに共感した読者が他に何百人もいた。

 もし学校が児童や生徒に読書感想文を課すのなら、このくらいなんでもアリにしてほしい。もちろん、「ナイス!」がいっぱいもらえるように書こう、ではなく、みんなは素通りするけれど、俺は私はこう思ったと堂々と書き連ねた文章でもいい。玉石混交、長短太細、種々雑多。感想文はダイバーシティでなければならない。

 読書の秋は、芸術の秋でもあり、スポーツの秋でもある。みんな違ってみんないいというか、いまいちなのも大量に書かれ、すごいのが頂上の一角に少しだけ見つかる。それが厚みのある文化というものだ。

【関連記事】
宿題代行業者 小5感想文の題材に佐々木俊尚氏の著作を選択
宿題代行業者 3社連続で「手一杯で受けられない」との回答
芥川賞・又吉直樹が好きな10冊 村上龍、谷崎、川上未映子ら

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP