ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ドーナル・グリーソン、映画『Peter Rabbit(原題)』にマクレガーさん役で出演

DATE:
  • ガジェット通信を≫

映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』に出演したドーナル・グリーソンが、ソニーが製作する実写とアニメのハイブリッド映画『Peter Rabbit(原題)』に声優として出演する。

アイルランド出身のグリーソンは、ベアトリクス・ポターの名作に登場する、農家のマクレガーさんの声を担当する。

彼はピーターの声優を務めるジェームズ・コーデン、主役の女性・ビーの声優を務めるローズ・バーン、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』に出演していたデイジー・リドリー、そしてテレビシリーズ『The Night Manager(原題)』のエリザベス・デヴィッキと共演する。

本作では、監督はウィル・グラック。脚本はロブ・ライナーが執筆し、グラックが手を入れる。製作は、シドニーに拠点を置くアニメーションとビジュアル・エフェクトの制作会社で、ブロックバスター映画『LEGO®ムービー』のアニメーションを制作したアニマル・ロジックが担当する。

グラックとザレー・ナルバンディアンがプロデュースし、ダグ・ベルグラッドがエグゼクティブ・プロデューサーとなる。オリーブ・ブリッジ社のジョディ・ヒルデブランドとジェイソン・ラストも、エグゼクティブ・プロデューサーを務める。

本作は、2018年の4月に世界公開を迎える。

グリーソンは、映画『エクス・マキナ』、映画『レヴェナント:蘇えりし者』、映画『ブルックリン』に出演していた。彼はサイモン・カーティス監督による、作家のA・A・ミルンを描くタイトル未定の新作でも主演を務めており、映画『Star Wars: Episode VIII(原題)』にも出演する。

グリーソンはパラダイムと代理人契約を結んでいる。このニュースは、Deadline Hollywoodによって最初に報じられた。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP