ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

話題投手のドラフト結果に「またパが強くなる」と嘆き

DATE:
  • ガジェット通信を≫


10月20日に行われたプロ野球ドラフト会議。事前の報道で逸材揃いといわれていたこともあり、ネット上でもその結果について盛り上がりを見せている。

【もっと大きな画像や図表を見る】

今回のドラフトで最大の目玉となったのが、アマNo.1右腕の呼び声高い創価大学の田中正義(たなか・せいぎ)投手。事前の予想では、8球団近くが1位指名するともいわれていたが、競合を避けた球団も多かったのか、ロッテ、巨人、ソフトバンク、日本ハム、広島カープの5球団が指名。抽選の結果、ソフトバンクが交渉権を獲得した。

そのほかの注目選手としては、明治大学の柳裕也投手は中日、作新学院の今井達也投手は西武、横浜高校の藤平尚真投手は楽天、桜美林大学の佐々木千隼(ささき・ちはや)投手はロッテが、それぞれ交渉権を獲得している。

そんな今年のドラフト会議に対してツイッターでは、

「そういや、今日ドラフトか。で、田中正義、佐々木、今井達也、藤平という眼玉が悉くまたパに流れていくんですね」
「田中 佐々木 今井 堀 藤平話題投手みーんなパリーグだ。セリーグしっかりしろよ ソフトバンクはドラフト上手だし、運いいし、ファンは幸せですね」
「やはりパの6名の方が魅力的だな。それぞれのカラーにも合った指名してる」

など、パ・リーグ球団のほうが話題選手をうまく指名できたという声も多く、

「ドラフトの録画見てるけどさぁ、さらにパ・リーグ強くなってない?強すぎるでしょww」
「っはーードラフト…悔しさに机に突っ伏した…またパが強くなってしまううう…」

と、近年の交流戦や日本シリーズの結果からいわれている「パ・リーグが強い」の構図が、さらに加速するのでは、と嘆くネットユーザーも多い。

ちなみに、田中正義投手と日本ハムの大谷翔平投手は同級生で仲もいいとのこと。

「田中正義と大谷翔平の対決がめちゃくちゃ楽しみ」
「早く大谷と田中正義の同い年対決見たいな」

といった声も多く、田中のソフトバンク入団が決まれば、大谷との対決は来季以降のパ・リーグの目玉となりそうだ。
(小浦大生)

(R25編集部)

話題投手のドラフト結果に「またパが強くなる」と嘆きはコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

中日新監督説浮上の小笠原 ネットではなぜカッス?
斎藤祐樹、登板日に“文春砲” 「おねだり王子」とも
「我が社にスカウトしたい!」 強豪高校の野球部員5選
大谷165キロにカープファン「ラスボス感半端ない」
女子にもわかる「キャラ立ち」プロ野球選手名鑑

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP