ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大谷翔平「2018年メジャー挑戦」は既定路線?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


クライマックスシリーズでは日本最速となる球速165km/hを連発し、日本ハムを日本シリーズに導いた大谷翔平投手。10月22日から始まる日本シリーズでの活躍も期待されるところだが、来年のシーズン終了後にもメジャーリーグへと移籍するのではないかとの報道が出ている。

【もっと大きな画像や図表を見る】

10月18日の『サンケイスポーツ』は、クライマックスシリーズでの活躍によってメジャーの評価が上昇中と報道。早ければ来オフ(来シーズン終了後)にもポスティングシステムでのメジャー移籍の可能性があるとのこと。また2014年にポスティングシステムでニューヨーク・ヤンキースに移籍した田中将大投手の7年総額1億5500万ドル(約161億円)という年俸を上回る、165億円前後のビッグマネーが動くのではないかと報じている。

大谷といえば、もともとメジャー志向が強く、高校卒業後すぐにメジャー挑戦を表明していたほど。その経緯もあってか、ツイッターでは、

「大谷は日本一になったらメジャーに是非行って欲しいな どこまでやれるのか」
「大谷は来シーズンメジャーだと思うな~ 日本シリーズ勝ったら尚更行くと思う」

と、もはや大谷のメジャー行きは“既定路線”という見方も多い。もし日本ハムが日本一になったら、来シーズンのメジャー移籍でもいいのでは? とする意見も少なくなかった。

また、田中将大投手を超える“165億円契約”については、

「大谷メジャーはやっぱ確実なんだろなぁ(´・ω・`)田中の時のこと考えるとたぶん170億以上かもしれんね」
「二刀流の運用はとてつもなく難しいから海外移籍は本当に大変な試練になると思うけど、移籍する頃には165億でも安い位になってるかもね」

などと、それ以上の価値があると考えるネットユーザーもいる。

11月には2017年春のWBCに向けた日本代表の強化試合が行われるが、小久保裕紀監督は大谷を招集、今後侍ジャパンでの“二刀流”も考えているという。WBCで活躍すれば、大谷の価値はもっと上昇するかもしれない。
(小浦大生)

(R25編集部)

大谷翔平「2018年メジャー挑戦」は既定路線?はコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

大谷165キロにカープファン「ラスボス感半端ない」
女子にもわかる「キャラ立ち」プロ野球選手名鑑
「日ハムファンになる」優勝セールで“にわか”発生?
漫画かよ!「今年の大谷vs.2013年田中」スゴいのは? 2016.1
「オレ疲れてるな…」4割の男性が実感する瞬間は?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。