ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

最初の一歩として出逢って欲しい「ゲストハウス」東京都内の5つ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

“非日常がまるで日常になる、シェアする旅の宿”。さまざまな国籍・年齢・キャリアの人々が、世界各国、もしくは日本各地から訪れます。近年ではリノベーションされていたり、カフェを併設したりと、デザイン性が高いので女性の一人旅にもオススメです。

ここでは前田有佳利さんの著書『ゲストハウスガイド100 -Japan Hostel & Guesthouse Guide-』から、都内の気になるスポットをご紹介。

ふらりと立ち寄りたくなる安くて快適な空間。魅力たっぷりのオーナーたちの想いが詰まったゲストハウスに、足を運んでみては?

 01.
アート好きが楽しめる
「Kaisu」
(港区)

赤坂という最高のロケーションに佇むのは、築60年の歴史があり、かつて政界や財界の名立たる著名人が訪れたといわれる旧料亭・島崎をフルリノベーションしたゲストハウス。

創業は、大学時代にボストンでルームメイトだったいう河津さんと鈴木さんの男性2名。Kaisuを介して国境を越えた繋がりが広がることを願い、馴染みのある東京西側で2015年6月に開業。定期的にアート展示会を開催していて、併設されたカフェ&バーは中庭を眺めることもできます。

東京都港区赤坂6-13-5
(赤坂駅より徒歩5分)
6-13-5,Akasaka,Minato-ku,Tokyo
03-5797-7711
http://kaisu.jp/ja/
混合ドミ/女ドミ/個室
1泊1名3,900円〜、個室1室10,500円〜
朝食込

 02.
BARが英会話教室に
「ゲストハウスtoco.」
(台東区)

伝統的な祭りも多く残る下町・入谷。Backpackers’ Japanが運営するこのゲストハウスは、旅の世界観を場所という手段で伝えようと2010年10月に開業したのがはじまり。虹色の階段とツリーハウスのようなカウンターを持つBARラウンジが印象的です。

展示やイベントを開催することもあり、BARタイムには宿泊者だけでなく周辺住民も訪れ、海外ゲストと会話を楽しむほど。宿泊者専用となる築95年の日本家屋は、縁側から庭を眺めることができ、桜や紅葉など四季折々の表情を堪能できます。

東京都台東区下谷2-13-21
(入谷駅より徒歩3分)
2-13-21,Shitaya,Taito-ku,Tokyo
03-6458-1686
http://backpackersjapan.co.jp/
混合ドミ/女ドミ/個室
1泊1名2,800円〜、個室1室6,800円〜

 03.
一人の時間も大切にできる
「IRORI Nihonbashi Hostel and Kitchen」
(中央区)

“もっとローカルな旅へ、もっと手づくりな旅へ” R.projectが運営するこのホステルは、2015年10月に日本橋の繊維問屋街に開かれました。成田・羽田空港から電車で1本、最寄り駅も3つとかなりの好アクセス。

都心で地方の魅力を発信し、新たな動線をつくり出すことを目的としており、地方をテーマにした展示会や体験型のイベントも多数実施。1階の囲炉裏は自然と宿泊者が集い、地方から仕入れた干物を注文して自ら炙るなど、ナチュラルにローカルに触れることができます。

東京都中央区日本橋横山町5-13
(馬喰町駅より徒歩3分)
5-13,Nihombashiyokoyamacho,Chuo-ku,Tokyo
03-6661-0351
http://irorihostel.com/
混合ドミ/女ドミ
1泊1名2,800円〜

 04.
下町でほっとひと息
「東京ヒュッテ」
(墨田区)

東京スカイツリーに近い川沿いの下町。2階建ての元金物倉庫を改装して、2014年8月に屋上テラス付きの宿が開かれました。創業者は、塩田さん姉弟と友人である藤綱さん。アウトドア好きで海外経験豊富という共通点を持つ3人が「いつか一緒に店を持とう」という約束が実現したのです。

仲間が気軽に集えるようにと“山小屋”を意味する屋号に。1階のcoffee&barは、製法にこだわった焙煎珈琲を提供。電源やWi-Fiだけでなくプリンター・FAX・文房具などを完備し、コワーキングスペースとしても開放しています。

運が良ければ看板犬「こ豆」に出逢えるかも。

東京都墨田区業平4-18-16
(押上駅より徒歩2分)
4-18-16,Narihira,Sumida-ku,Tokyo
03-5637-7628
http://www.tokyohutte.co.jp/
混合ドミ/女ドミ/個室
1泊1名3,000円〜、個室1室7,500円〜

 05.
女性のひとり旅にも。
「レトロメトロバックパッカーズ」
(台東区)

大正時代から続く西浅草の問屋街、かっぱ橋道具街。路地を逸れると、ガラス戸に愛らしい白文字が浮かぶ一軒のゲストハウスが。オーナーのなえさんが開業に至ったのは、2012年3月のこと。

東日本大震災を機に、“海外の人を日本で迎え入れる仕事がしたい”と、築60年の金物屋を手間暇かけて丁寧に改装しました。洞穴のように丸みを帯びたリビングの茶色い壁、何重にも塗られた独特の色合いを放つ階段の側面、思い出の地をかたどって削られた木製扉など。オーナーの人柄を映し出すような、ほっと一息つきたくなる空間です。

東京都台東区西浅草2-19-1
(田原町駅より徒歩6分)
2-19-1,Nishiasakusa,Taito-ku,Tokyo
03-6322-7447
http://retrometrobackpackers.com/
混合ドミ/女ドミ
1泊1名2,600円〜

『ゲストハウスガイド100 -Japan Hostel & Guesthouse Guide-』著:前田 有佳利(ワニブックス)

一泊二日の余白から、人生の大きなターニングポイントを迎える大きな余白まで。「旅をしたい」と思ったときの選択肢の一つとして“ゲストハウスのある旅”をご提案。国内に500軒以上あるといわれるゲストハウスのうち、著者が訪れたことがあり、読者に最初の一歩として出逢ってほしいと想った100軒をご紹介します。

関連記事リンク(外部サイト)

長い連休がとれなくてもOK。プラっと行って大満足な「都内」のおでかけスポット【まとめ6選】
「星のや東京」で過ごす、圧倒的に優雅な時間。ここは、ホテルではなく日本旅館でした。
女性の「海外一人旅デビュー」にオススメな場所6つ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP