ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

子供たちが泣きながら走る「スポ根幼児園」に入園希望者殺到

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 運動会は年3回。朝のお迎えバスが到着する先は園舎でなくグラウンド──そんな“スポ根幼児園”が、入園キャンセル待ちが列をなすほどの人気だ。熱血指導の先生に食らいつき、泣きながら走る園児たち。幼い子供を相手にしたスパルタ教育の現場をジャーナリストの広野真嗣氏が取材した。

 * * *
「せいの、9しゅう!」

「ちゃんと全員が声を出さないと終わらないよ。遊んでいるんじゃないんだよ」

 東京都世田谷区八幡山。明治大学ラグビー部に隣接したグラウンドに、若い先生の叱咤を受けながら走る子供たちの息遣いが聞こえる。1周150mのコースを、約70人の5歳児たち(年長組)が4列縦隊を組み、裸足で駆けている。

 息遣いに嗚咽が混じることも、この学年ではもう稀になってくるという。“スポ根幼児園”の1日はこうして始まる。

 正式名は「バディスポーツ幼児園」。1981年に鈴木威・園長(66歳)が設立した「認可外保育施設」だ。園児4人からスタートし、現在は都内4か所、神奈川3か所で開園。総勢1700人が通うマンモス幼児園となった。小学生などを対象にしたスポーツクラブも運営する。幼児園はどこもキャンセル待ち状態だ。

 バディでは6月、10月、11月と運動会が年に3回ある。年長組の徒競走は300m、組体操は10人ピラミッド(4段)に挑む。ほかにポートボール大会(6月)、スキー合宿(1月)、サッカー大会(2月)など競技会が目白押しだ。

 最大の舞台は卒園式当日の「最後の授業」。課題は三点倒立、逆上がり、跳び箱6段の3種目で、全員が成功するまで終わらない。卒園できないのだ。

 跳び箱はタイミングが難しい。最後の1人まで何度でも挑戦。「がんばー!」の大声援の中、真剣勝負の園児が跳び箱に向かうシーンはスポ根そのものだ。

 なぜここまでやるのかと問うと、鈴木園長の答えは明快だった。

「今の子供は自分に厳しいことをやらないから、中高生の部活だって続かない。スポーツは自分の力で乗り越えなければ技は身につかないし、誰かに代わってもらうこともできない。『卒園できない』と言われれば、子供も努力せざるを得ないでしょう。追い込まれる体験が必要なんです。ただ秘訣があって、『絶対やれ』と要求する内容は『やれば必ずできる』ことだけ。そうして取り組んで『やればできる』という体験ができる」

【PROFILE】広野真嗣(ひろの・しんじ)/1975年東京都生まれ。慶應義塾大学法学部法律学科卒。神戸新聞記者を経て、猪瀬直樹事務所スタッフ。2015年10月より、フリーランスのジャーナリストとして独立。

※SAPIO2016年11月号

【関連記事】
土屋太鳳 感動のマラソン激走を生んだ「スパルタ幼児教育」
B94のIカップ娘・浅倉七瀬 小悪魔ボディの豊乳を大胆披露
山岸舞彩アナの穴埋める杉浦友紀に「福井のスイカップ」の評

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP