ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

超絶技巧で内視鏡を操作する名医 「諦めの悪さが必要です」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 同じ専門の医師から「3時間かかる手術を20分で完璧にこなす」と称賛される内視鏡手術の名医がいる。NTT東日本関東病院内視鏡部部長の大圃研氏だ。

 パーマ頭にヒゲ面という医者らしからぬ風貌だが、内視鏡を操作する手の動きはまさに“超絶技巧”で、素人目にもすごいとわかる。

 大圃氏は食道・胃・大腸まですべての消化管の早期がんに対する内視鏡治療であるESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)治療を独学で習得し、大圃流とも呼ばれる独自のスタイルを確立した。

「家業は3代続く開業医。僕だけが内科系で他は全員外科系です。内科ながら外科的な要素もある内視鏡を選んだのは、そういった環境も影響しているかもしれません」(大圃氏)

 日本大学医学部卒業後、大学病院の医局には入らず、非常勤の医師として内視鏡の腕を磨いた。

「不安定な身分で待遇も悪かったが、ものは考え様。だからこそ自由に内視鏡の手技を追求できた面もある。結果的に内視鏡を極めるにはいい環境だった」(大圃氏)

 その技術と熱意で患者の信頼を集め、今は1日に20通を超える紹介状が届く。手術のために国内外の病院を飛び回る傍ら、内視鏡部門のトップとして若い医師たちの指導に当たる日々だ。

「ひとりの医師が救える患者の数はたかが知れている。多くの高い技術を持った医師を育てることが大切。持てる技術は惜しみなく伝授しています」(大圃氏)

 全国に30万人以上もいる医師のなかで、「名医」と呼ばれるのはほんのひと握りにすぎない。名医になるための条件とは何なのか。

「しつこい性格で、『なぜ?なぜ?』と追求していくタイプであること。飽きっぽくて淡白な人は、一見飲み込みが早くてある程度上達するが、その後の伸びしろがない。逆にしつこいタイプは、無理難題や困難なケースに対して、何とかしてやろうと燃える。ありとあらゆる手を使って成功させようとする。諦めの悪さが必要です」(大圃氏)

 そう語る大圃氏自身、細かい作業が好きで、子供の頃は折り紙をいつまでも延々と飽きずに折っていたという。内視鏡に興味を持ち始めてからは「自分の体の一部になる」ほど夢中になり、手術のない日でも「一日中、内視鏡のことを考えている」という。

 手先の器用さも重要な要素に思えるが、

「センスや器用さには個人差があるが、一生懸命やれば、必ず上手くなる。上手くできないのには、できない理由があるんです。

 持ち方が違う、姿勢が悪いなど、具体的に見つけてその部分を基礎から徹底的に直す。本人に自覚と耳を傾ける姿勢があれば、時間はかかっても必ず伸びます。不器用さやセンスのなさは練習でカバーできる。

 外科医は暇さえあれば糸結びの練習をしていますが、技術習得にはそういう心がけももちろん必要です」

 と大圃氏。手術でのパフォーマンスを低下させないために、大圃氏は原則、禁酒しているという。名医には努力とともに、自分を律する力も求められるのだ。

※週刊ポスト2016年10月28日号

【関連記事】
早期発見で100%近く完治する大腸がん 良い病院見分ける方法
胃がんに強い病院 内視鏡治療数の割合に着目すると分かる
胃がんの早期発見に有効な内視鏡検査 重要な3つのポイント

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP