ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

黒柳徹子と冨士眞奈美 ベストセラー書を肴に女子トーク

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 女優・冨士眞奈美さん(78才)は、亡くなった母親の体の不調を親身になって聞いてあげられなかったことを悔やみながら、一冊の書名をあげた。

「佐藤愛子さんのね、『九十歳。何がめでたい』」

 すると、黒柳徹子さん(83才)は冨士さんの話にうなずきながら、

「そう。『何がめでたい』、私も読んだ、読んだ」と応じた。

 10月17日に放送された『徹子の部屋』(テレビ朝日系)での一コマだ。大いに盛り上がった2人のやりとりはのちほど詳しく紹介するが、『九十歳。何がめでたい』が各方面でますます話題沸騰中だ。

 本書は、11月に93才になる作家・佐藤愛子さんが、もはや満身創痍の体にムチ打って、へとへとになりながら怒りをしぼり出して女性セブンに綴ったエッセイをまとめたもの。 全国各地の書店でベストセラーランキングの1位になり、売り切れ書店が続出するなど大反響を呼んでいる。

 10月15日放送の『王様のブランチ』(TBS系)の最新BOOKランキングにも登場。この日は、八重洲ブックセンターの文芸書ランキング第3位にランクインした。

「発売直後から話題を呼び、わずか2か月で20万部を突破」

 そうナレーションがあり、佐藤さんの写真とともに、本の中から、《卒寿? ナニがめでてえ!》の一節が引用された。

「現在92才の直木賞作家、佐藤愛子さん。現代に生きる人たちを、温かくも厳しく後押しする怒りのエッセイ」とその内容が紹介されたのである。

◆今になって母親のつらさがわかる

 そして、冒頭のように人気トーク番組『徹子の部屋』でも、本書を題材に盛り上がる場面があった。

 ゲスト出演した冨士さんは、花をあしらった紫色のハットをかぶり、洋服はピンクを基調とした華やかな装い。一方、黒柳さんは、チェックのジャケット姿で登場した。

 2人は冨士さんが10代で女優活動を、黒柳さんが20代前半でタレントとして活動を始めたころからのつきあい。古くからの友人とあって、お互いの若かりし頃のエピソードから、冨士さんが現在愛用している杖の話まで、“女子トーク”に花が咲いた。話題はお互いの母親のことに。

「チャック(黒柳さんの愛称)のお母さんも随分長寿でいらしたんでしょう」(冨士さん)

「私の母は96です。死ぬギリギリまで元気だったから。“じゃあね”って、別れたらそれで死んだぐらいだから」(黒柳さん)

 冨士さんがしみじみと「いくつになっても女親って生きてくれていると思うから、いなくなると寂しいわよね」と語ると、黒柳さんは「そうね、今頃になってね。あなた、お母さまは?」と尋ねた。冨士さんは、

「もう亡くなくなりました。90で。この頃ね、母のことを考えると、あの時は、つらかったんだとか、目が痛い、目が痛いとか、聞き逃していたけど、自分がこういう年になってみると、なんであの時にもっと親身になって心配しなかったのかしらって」

 母親のことを振り返りながら、本書について話を始めた。佐藤さんは自身の体の不調について嘆きながら、周囲に理解してもらえないつらさを書いているが、2人ともそこに共感したようだ。冨士さんはこう語った。

「年をとったことを実感するっていうんだけどね、起きたときに目が開かないって。私も、こうやんないとね(と、両人差し指で左目を見開きながら)、目が見えない時がある。こうやって両方あけないと(両人差し指で右目を見開きながら)。それとか耳が片っぽダメとかね、そういうのがあるじゃない。だから、愛子先生の本を読むと力づけられて元気になる」

 黒柳さんも「そうそうそう」と大きくうなずいた。

 黒柳さんは、体力作りのために日課として、ヒンズースクワットを毎日50回、欠かさずやっているとインタビューなどでたびたび明かし、テレビや舞台でも活発な姿を見せている。目標は今年40周年を迎えた『徹子の部屋』を自身が93才となる50周年まで、そして100才まで舞台に立つことだと明かしている。今年93才になる佐藤さんの元気な姿に、自分の10年後を重ねているのかもしれない。

 番組放送後、改めて冨士さんに話を聞くと…。

「本当は『グチャグチャ飯』(本書に収められたエッセイ)のこととか、『九十歳。何がめでたい』について2人でもっと話して盛り上がったんですよ。本は3回くらい読みましたけど、何回読んでも面白くて、やっぱり『グチャグチャ飯』で泣きました」

※女性セブン2016年11月3日号

【関連記事】
近藤真彦長男が黒柳徹子と勝負 黒柳が太刀打ちできぬことも
美智子さまと黒柳徹子 話題は健康など日常のおしゃべり
黒柳徹子と満島ひかりがお揃いの「タマネギ頭」で登場

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。