体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

効果的なワキガ対策はコレだ! 気になるニオイとはもうおさらば

効果的なワキガ対策はコレだ! 気になるニオイとはもうおさらば
ワキガにお悩みの方にとって、その対策はとても重要ですよね。知らず知らずのうちに周りの人を不快にさせてると思うと…気が気ではありません。

今回は気軽にできるワキガ対策から、日常生活の中で改善していくことまで、5つのポイントを紹介していきます。

要チェック項目

□出かける前はデオドラントやミョウバン水で対策!

□お風呂では弱酸性の石鹸をつかおう

□食生活の見直しや普段から汗をかくことも大切

ワキガ対策に効果的!3種のデオドラント製品

効果的なワキガ対策はコレだ! 気になるニオイとはもうおさらば
最も簡単かつおすすめなのは、デオドラント製品の使用ですね。デオドラントには大きく分けて「ペーパータイプ」、「スプレータイプ」、「クリームタイプ」の3種類があるのですが、本格的にワキガ対策をしたいのなら、特にクリームタイプのデオドラントがおすすめです。

それぞれの特徴は以下の通り。

ペーパータイプ

ペーパータイプはニオイを汗や雑菌と一緒にふき取ってくれます。運動後に汗をかいたときに使うと爽快感があって気持ちいいですね。ただ汗をふき取るだけなので、効果は一時的。時間がたてばまた汗や雑菌が復活しニオイがしてくるようになるので、本格的なワキガ対策には向いていません。

スプレータイプ

スプレータイプはニオイをマスキング(別のニオイを上塗りして、元のニオイを隠す)で隠したり、金属イオンなどでニオイの元を殺菌してくれます。ですがペーパータイプと同様に時間の経過で効果が薄くなってしまうので、ワキガ対策としてはイマイチです。

クリームタイプ

クリームタイプなら汗腺を直接塞いでくれるため、制汗作用は3つのタイプの中でも最も強力です。しっかりと汗をブロックすることで、ニオイの発生も抑えられるというわけですね。汗で流れ落ちたりすることもないので、効果・持続力ともにワキガ対策にはうってつけとなります。

ワキガはアポクリン腺から出る汗と皮脂腺から出た脂肪分がまじりあい、それがワキの常在菌によって分解されるときに発生するニオイですから、汗そのものを防ぐというのは非常に理にかなったワキガ対策なのです。

効果的なのは朝にシャワーを浴びた後、ワキにクリームを塗り込むという方法ですね。朝に使っておけば、昼間に仕事や学校へ行ってる間はもちろん、夜に帰ってくるまでしっかりと効果が持続します。

朝に時間がないという方は、夜にお風呂に入ってワキを清潔にしてからクリームを塗り込み、朝また塗りなおすという方法でもOKです。

ニオイのスペシャリスト「ミョウバン水」でワキガ対策

ただデオドラント製品は高価なものもあります。ネットなどで評判のいいデオドラントは、数千円することもしばしば。その分効果は抜群なのですが、もっとお手軽にワキガ対策がしたいですよね。

そこでおすすめなのが「ミョウバン水」。テレビなどでもワキガや加齢臭対策として紹介されることある、まさにニオイのスペシャリストなのです。

ミョウバンは水に溶けると酸性になるため、皮膚表面を殺菌してくれる効果があります。ワキの常在菌にも善玉菌と悪玉菌があるのですが、問題になるのはやはり悪玉菌。

悪玉菌はアルカリ性の環境を好みむのですが、逆に善玉菌は肌を弱酸性の状態にして悪玉菌から皮膚を保護しようと働きかけます。そこに酸性のミョウバン水をワキに塗布することで、善玉菌と共にワキの皮膚環境を整えてくれるのですね。

またミョウバン水には収れん作用(肌を引き締める効果のこと)があるというのも大きなポイント。汗腺を引き締めることで汗がブロックされ、ニオイを抑えることができます。

このように2つの作用でワキガをブロックしてくれるのですが、さらにミョウバン自体がスーパーなどで簡単に手に入るのもうれしいところですね。費用も100gあたり200~300円程度とリーズナブル。ミョウバン50gに対して水を1.5リットルを空のペットボトルに入れ、軽く振れば完成となります。

あとはスプレーの容器に入れて、寝る前や出かける前にワキに吹き付けておきましょう(ミョウバンは水に溶けにくいので、その場合は一晩おいて自然溶解させてから使ってください)。

冷蔵庫に保存しておくと1か月程度持ちますが、1~2週間に1回くらいのペースで交換して常に新鮮なミョウバン水を使うことをお勧めします。

ワキガ用の弱酸性石鹸を使おう!

1 2 3次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。