ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

桑原亮子×近藤麻由×Haruによるトークセッション。インディペンデントなメディアのあり方

DATE:
  • ガジェット通信を≫


編集者の桑原亮子さんとアートディレクターの近藤麻由さんそして自らマガジンも編集しているHaruさんによるトークセッションが行われる。
雑誌、WEBマガジン、SNSなど、様々な情報ソースが溢れる中、オリジナルな価値観でもって、インディペンデントなメディアを作り上げている3人にフィーチャー。
大手と異なり、小さいながらも広告営業に左右されることなく編集者の感性や意見がダイレクトに伝わるメディアを持つ意義やあり方に迫りる。メディアを立ち上げた経緯。電子媒体と紙媒体の違い。編集方針、資金繰りなど、3人のトークには今後メディアを立ち上げたい方や編集者を目指す方、DIYに仕事をしたい方たちにもヒントが得られる機会となりそうだ。

 


桑原亮子/エディター、プロデューサー
ファッション誌などの編集、「EYESCREAM」副編集長を経て、2013年9月よりカルチャーWEBマガジン「NeoL/ネオエル」を立ち上げ、独自のコンテンツを送り出している。CS「foodies」にて食番組のプロデュースを務め、スカパーアワードを受賞。百貨店のタブロイドのプロデュースや、子連れ限定ディスコ「KID’S DISCO」のオーガナイザーなど、多方面にて活躍。www.neol.jp


近藤麻由/アートディレクター, DJ
 PUNKADELIX
女子美術大学芸術学部卒業後、文化出版局“HighFashion”誌のエディター、デザイナーを経て、独立。アートディレクター、クリエイティヴディレクターとして、広告やカタログ、CDジャケットなどのヴィジュアル撮影のディレクション、グラフィックデザインに至るまでのトータルワークを手掛け国内外に於いて活動している。また、「PUNKADELIX」名義でDJとしての顔も持ち、都内のクラブからアート、ファッションなどのカルチャーシーンなど幅広い分野において音楽活動を展開している。2010年11月より自身によるインディペンデントマガジン”RUBYPAPER”を発行。http://www.thevoice.jp/mayu-kondo/


Haru
1995年生まれ HIGH(er)magazine 編集長 ドイツと日本を行き来しながら今は東京藝術大学 先端芸術表現科に在籍中

チケット:http://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/0143p5ygyx8y.html

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP