ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

11月のデートにおすすめ!武家屋敷跡や茶屋街など、11月の金沢らしいおすすめスポット20選!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

数多くの歴史的建造物や街並みが当時の姿のまま残されている金沢には魅力がいっぱい。兼六園や茶屋街など、カップルで楽しめるおすすめスポットを巡ってみよう!他にも美術館や神社、バラ園があったりと大満足♪

11月のデートに金沢はいかが?二人だけの思い出を作るなら行っておきたいデートスポットをご紹介!

(※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました)

妙立寺(忍者寺)

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_17201ag2130012974/photo/

\口コミ ピックアップ/

事前に予約をしないと内部の見学はできません。たくさんある仕掛けを説明してもらいながら1時間弱見て回りました。とても価値のある時間を過ごせました!

(行った時期:2014年11月)

忍者寺の名の通り、面白いしかけがいっぱいありました。

大人でも楽しめました。

面白い場所でした。

(行った時期:2015年11月) 妙立寺(忍者寺)

住所/石川県金沢市野町1-2-12

「妙立寺(忍者寺)」の詳細はこちら

兼六園

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_17201ah2140016713/photo/

小立野台地の西北端近くにあり、金沢城跡とは百間堀をへだてて相対している。江戸時代の代表的な回遊池泉式庭園で日本三名園の一つ。延宝年間(1673年~1681年)、五代藩主綱紀の時代に最初の庭が造られ、1822年(文政5年)十二代藩主斉広が竹沢御殿を建てるに際し、拡張整備を行い、さらに1837年(天保8年)、十三代藩主斉泰が竹沢御殿を壊して霞ガ池を造りほぼ現在の形となった。

兼六園の名は奥州白河藩主白河楽翁が宋の李格非の“洛陽名園記”にちなみ、宏大・幽邃・人力・蒼古・水泉・眺望の6つを兼備する名園であるとして命名した。その名に恥じず、10万平方mを超える園内には池や滝があり、曲水が造られ、日本海方面や医王山方面の眺望もすばらしい。

\口コミ ピックアップ/

初めて行きました。夜のライトアップがとても幻想的で、水に映る紅葉などが本当にきれいでした。雪の景色もみて見たいです

(行った時期:2014年11月23日)

ちょうど訪れた時期に、紅葉のライトアップを行っていました。昼間に一度散策し、用事を済ませてからまた夜のライトアップしてる時にチケットを持って入園しました。

入口からすぐの所は、混んでいましたが、奥の紅葉山は比較的人が少なく、山の上にある休憩所に腰かけて、ライトアップされた紅葉をうっとり眺めていました。

同じ赤でも様々なコントラストを感じられ、とても素敵な経験ができました。

(行った時期:2015年11月21日) 兼六園

住所/石川県金沢市兼六町1-4

「兼六園」の詳細はこちら

ひがし茶屋街

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_17201aj2200023579/photo/

金沢には「西」と「東」・「主計町」と3つの茶屋街があった。なかでもひがし茶屋街は料亭街となった現在でも、全体が保存区域になっているのでお茶屋建の家並みが続き、夜ともなれば三味線や太鼓の音が聞こえ、雅な伝統文化の世界を垣間見ることができる。金沢素囃子は金沢無形文化財に指定されている。

\口コミ ピックアップ/

美味しいお菓子などを食べ歩きしながら、風情ある街並みを歩くことができます。金沢ならではのお店が多く、飽きさせません。

(行った時期:2015年11月)

風情のあるお店がたくさん並び、外観だけでもタイムスリップしたような雰囲気でした。

お食事どころだけでなく、お土産屋さんもあり、金沢に寄ったらせひ訪れてほしいです。

(行った時期:2014年11月) ひがし茶屋街

住所/石川県金沢市東山

「ひがし茶屋街」の詳細はこちら

第7ギョーザの店

出典:http://www.jalan.net/gourmet/grm_guide000000178943/photo/

ギョーザの概念をくつがえす、もちもちのボリュームある皮にジューシーな具がポッテリと包まれた「ホワイト餃子」が有名。パリッと香ばしく焼き上げられたギョーザを目当てに、学生や根強いファンが店を訪れる。(じゃらん現地スタッフの耳より情報)

\口コミ ピックアップ/

餃子とライス、またはビールを味わうお店です。行列店なので待ちますが、回転は速いと思います。ホワイト餃子は外がカリッと揚げた食感で中は熱々のあんがたまりません^ ^焼き餃子が好きという人もいます!

(行った時期:2015年11月)

当然ホワイトギョーザも美味しいのですが、焼きギョーザの方が好きです。焼きギョーザは♪丸みのある形で、ホワイトギョーザよりも小さいサイズ。具はホワイトギョーザよりも多く、柔らかくて食べやすいですよ。

(行った時期:2014年11月) 第7ギョーザの店

住所/石川県金沢市もりの里1-259

「第7ギョーザの店」の詳細はこちら

近江町市場

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_17201ga3550124554/photo/

近江町市場は加賀百万石の台所。狭い地域に170あまりの店が立ち並んでいる。鮮魚,青果,精肉,かまぼこ,乾物,塩干,漬物,酒,駄菓子,惣菜,花,セトモノ,洋品雑貨…等々。おみやげに生ものを,という人には買ったものを氷詰めにしてくれる。

\口コミ ピックアップ/

北陸の蟹解禁となればこちら11月下旬に訪問。とにかく蟹かに。メスの香箱蟹はかなり手頃。オスの加能ズワイ蟹、ブルーのタグの蟹は高価ですがそう出会えない。勿論食べ歩きも楽しめます。近海町コロッケ、ウニや牡蠣、海鮮丼や金沢おでん、お腹すかせていくべし。金沢駅からバスで近いです

(行った時期:2015年11月27日)

市場ともあり、雰囲気満点のお店に囲まれて新鮮なお魚を食べ尽くすことができます!とにかくお寿司など、魚介類がたまりません!

(行った時期:2015年11月) 近江町市場

住所/石川県金沢市上近江町50

「近江町市場」の詳細はこちら

金沢21世紀美術館

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_17201ae3302018402/photo/

平成16年10月開館。円いガラスに囲まれた明るい美術館。気軽に立ち寄れ、無料ゾーンにコミッションワークもあり、建物そのものも一見の価値あり。

\口コミ ピックアップ/

有料エリアもありますが、無料で入場できます。外にはパイプがたくさんあり、それぞれ二つが繋がっていて声が聞こえます。どこが繋がっているのか探して遊ぶのも楽しいです。中にはまるで水の中に人がいるように見える作品やカラフルな部屋など体験型の美術館でとても楽しいです。

(行った時期:2014年11月)

体感できる美術館で、写真をとりたくなるものばかりでした。レストランやお土産屋さんもあり、外の芝生でのんびり過ごすこともできます。バスが近くに通っているので、アクセスも便利です。

(行った時期:2014年11月) 金沢21世紀美術館

住所/石川県金沢市広坂1-2-1

「金沢21世紀美術館」の詳細はこちら

金沢城公園

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_17201af2122018403/photo/

加賀藩前田家の居城だった金沢城は、五十間長屋や菱櫓が復元され、城址全体を公園として開放しています。

\口コミ ピックアップ/

地元にもこんな場所が欲しい!!

芝生が刈られ、広くて、緑が多く、お城が見え、街とはかけ離れた空間でした。

雪降ったらまた違う景色なんだろーなー・・

(行った時期:2014年11月4日)

お天気も良かったのだけど、お庭、石垣、そして昔を偲ばせる深い森、ゆったりとした時間を過ごすことができました。

保存の仕方も好感が持て、金沢という場所の豊かさも感じられた。

(行った時期:2015年11月) 金沢城公園

住所/石川県金沢市丸の内1-1

「金沢城公園」の詳細はこちら

長町武家屋敷跡土塀

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_17201ad2150017158/photo/

武家屋敷独特の武家窓がある長屋門や土塀、丁字路や袋小路などの城下町の遺構を残す。冬には土塀を雪から守るためこもが掛けられる。

\口コミ ピックアップ/

武家屋敷、素敵です。

夕方行きました。

風情があって、素敵でした。

武家屋敷好きにはたまらない場所です。

(行った時期:2015年11月)

バス通りから少し入ったところにあります。ずっと続く塀は江戸時代の武家屋敷さながら。表札のかかった家もあり武士が出てきそうな気配でした。小奇麗で美しい街並みです。

(行った時期:2015年11月25日) 長町武家屋敷跡土塀

住所/石川県金沢市長町

「長町武家屋敷跡土塀」の詳細はこちら

主計町茶屋街

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_17201ad2150016807/photo/

浅野川の清流と卯辰山を望む自然と建築美の調和した伝統的茶屋街。情緒あふれるキムスコ(格子戸)が連なる。

\口コミ ピックアップ/

独特な感じのする茶屋街でした。美しく整備されていて、建物もその時代の生活を実感させる、とても雰囲気のあるものでした。街全体が整備されて美しかったです。

(行った時期:2010年11月)

金沢らしい格子からこぼれる光が道に影を作り

夜はとても幻想的で美しいです!

川沿いで近くの橋も軽くライトアップされており

雰囲気がよいです。

お店などはあまりありませんが

近くにお泊まりでしたら夕暮れ時にお散歩をするのが

オススメです。

(行った時期:2012年11月) 主計町茶屋街

住所/石川県金沢市主計町

「主計町茶屋街」の詳細はこちら

尾山神社神門

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_17201ae2180021311/photo/

高さ25m,3層の和洋折衷の建築で,第3層に美しいギヤマンをはめている。夜には灯りがともり、幻想的。

\口コミ ピックアップ/

神門にステンドグラスが施されており、とても素敵です。裏門を出ると金沢城がすぐそこです。近江町市場、香林坊や長町武家屋敷からも歩いて10分くらいでしょうか。

(行った時期:2014年11月)

神社の門で、ギヤマンと和の融合で、鳥居と、石造りと木の彫り物とで初めてみる雰囲気にとても素晴らしかったです。すごく見る価値はあると思います。

(行った時期:2015年11月5日) 尾山神社神門

住所/石川県金沢市尾山町11-1

「尾山神社神門」の詳細はこちら

俵屋

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_17201ga3550085899/photo/

藩政時代商家老舗のたたずまいそのままに良質の加賀米と大麦を原料とし,独特の風味と栄養をほこる「あめ」。砂糖,人工甘味料,防腐剤等添加物は一切使用していない。

\口コミ ピックアップ/

じろ飴を買いたくて行ってきました。店頭で試食させていただいた、飴ん子というソフトキャンディのようなものが美味しく、たくさん買いました!お土産であげた人からも好評でしたよ♪

(行った時期:2014年11月)

建物は重要文化財に登録されているようです。店内ではじろ飴を販売されています。生姜風味の素朴な煉り飴です。

(行った時期:2015年11月) 俵屋

住所/石川県金沢市小橋町2-4

「俵屋」の詳細はこちら

片町

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_17201aj2200026083/photo/

香林坊から犀川大橋までの大通り。ファッションビルや昔からの老舗などさまざまな店が立ち並んでいる。一本裏通りへ入ると味処・酒処がひしめき合う界隈になる。

\口コミ ピックアップ/

最近じゃ郊外にもお店が沢山ありますが、やっぱり飲み屋のお店が沢山集まっている片町は便利です。

何軒もはしごするにはいいです。

裏の細い道にも小さい店が沢山あり、金沢料理を食べさせてもらえるお店もあります。

(行った時期:2013年11月)

片町きららができ、春には109が新しく大人向けになるとのこと…さらにショッピングが楽しくなりそうです。

(行った時期:2014年11月) 片町

住所/石川県金沢市片町

「片町」の詳細はこちら

森八

出典:http://www.jalan.net/gourmet/grm_17201ga3550085900/photo/

寛政2年創業、380年の歴史を持つ菓子舗。和三盆と北陸のもち米など厳選された原料から作られる「長生殿」は日本三名菓の一つとして有名。金沢各所に支店や茶寮がある。(じゃらん現地スタッフの耳より情報)

\口コミ ピックアップ/

お土産にも最適ですが、立ち寄った折にぜひ店内のイートインで上生菓子とお茶を召し上がって下さい。和三盆の上品な甘さと芸術品のような美しさが目と舌を幸せにしてくれます。

(行った時期:2014年11月)

加賀藩御用達の和菓子店です。お値段は特別高くないですが、高級感があり、お土産や贈り物を買うのにピッタリです。

(行った時期:2015年11月7日) 森八

住所/石川県金沢市尾張町2-12-1

「森八」の詳細はこちら

にし茶屋街

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_17201aj2200024669/photo/

東山のひがし茶屋街・主計町とともに、かつて栄えた金沢三茶屋街のひとつである。お茶屋建の建物が並ぶ道の両側に今なお料亭が軒を連ね、格子戸の奥から三味線や太鼓の音が聞こえる。金沢素囃子は金沢無形文化財に指定されている。

\口コミ ピックアップ/

小さな茶屋街ですが、人気のチョコレート専門店や豆菓子専門店などが並び、ちょっとして観光地です。

運がよければ芸妓さんに会えるかも・・・

(行った時期:2014年11月)

とてもしんみりとした趣がある雰囲気で、静かな整備されたきれいな街でした。二階建ての家が並んでいて、色合いもとても街の雰囲気に合っていて、すてきでした。

(行った時期:2010年11月) にし茶屋街

住所/石川県金沢市野町

「にし茶屋街」の詳細はこちら

湯涌温泉

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_17201cd2110076682/photo/

白山連峰の医王山麓にある標高400mの温泉。加賀藩主の湯治場として歴史を保ち、明治以降から庶民の温泉地となった。大正ロマンの画家竹久夢二が滞在し、薬師堂に碑立が建つ。金沢湯涌夢二館、総湯「白鷺の湯」がある。

\口コミ ピックアップ/

金沢駅から車で30分ほどで行ける温泉街です。どこか懐かしいような気分になる古い温泉街と、大きな旅館やホテル並ぶ新しい温泉街の2つのエリアがありました。湯涌温泉に来たらぜひ足湯に行ってみてください。足湯には観光客だけでなく地元の方もいて、いろいろなお話を聞かせてくださいました。お湯もとても気持ちが良く、時間を忘れてずっと入っていてしまします。ここ湯涌温泉は竹久夢二ゆかりの地だそうで、ミュージアムなどもあり、一日いても楽しめそうでした。

(行った時期:2015年11月)

金沢駅から30分位で夢二館に着きました 金沢の「奥座敷」的温泉でした

湯涌温泉は 金沢湯涌江戸村の前に広がる旅館街が新しく開発されていました 昔ながらの温泉街は竹下夢二館にありました

江戸村と夢二館をセットで見学して温泉に泊まるのがお進めです

(行った時期:2012年11月23日) 湯涌温泉

住所/石川県金沢市湯涌町イ1番地

「湯涌温泉」の詳細はこちら

箔一本店 箔巧館

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_17201ga3550085045/photo/

金沢は全国の金箔99%以上の生産量を誇る金箔の街です。箔巧館は、その金箔の街金沢で、金箔を「見て、触れて、味わって」楽しむことができる「金箔の総合ミュージアム」です。

地下1階には体験スペースと業界随一の豪華さを誇る「金箔の間」で金沢箔の魅了をわかりやすく、楽しく学ぶことが出来ます。

1階には工芸品や金箔コスメなどを販売するお土産スペースと「はくいちカフェ」があります。

体験後は「はくいちカフェ」で名物の「かがやきソフト」に舌鼓を♪

2階には多彩な箔工芸品をそろえた地元有数のギャラリーをご用意。

\口コミ ピックアップ/

金沢へ行く時は、いつも寄っています。

化粧品を連れがかなり気にいっていて、とても良いそうです。色々並べられている商品は、見るだけでも綺麗です。

カフェもあるので、一休みにもお勧めです。

(行った時期:2015年11月)

金箔一枚をベロンと貼ったアイスは見た目のインパクトがすごいです!味もミルクが濃厚。少しおたかいですが、一度食べる価値ありです。

(行った時期:2015年11月7日) 箔一本店 箔巧館

住所/石川県金沢市森戸2-1-1

「箔一本店 箔巧館」の詳細はこちら

石川県立美術館

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_17201cc3300033994/photo/

国宝仁清色絵雉香炉他、古九谷から再興九谷焼を含む古美術コレクション。また、石川県を中心とする近現代の美術と工芸作品。加賀藩前田家に伝わる文化財を展示する前田育徳会尊經閣文庫分館など。

\口コミ ピックアップ/

石川県立美術館は古美術で有名な美術館です。

市内の中心にありアクセスも容易なので、

訪れる価値はあります。

(行った時期:2015年11月)

辻口さんのパティスリーです。

素敵なケーキ、焼き菓子がたくさんあります。

美術館を見た後におすすめです。

(行った時期:2015年11月) 石川県立美術館

住所/石川県金沢市出羽町2-1

「石川県立美術館」の詳細はこちら

長町武家屋敷跡

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000119003/photo/

近代的なビルが建ち並ぶ香林坊を一歩裏通りに入ると江戸時代に迷い込んだような長町武家屋敷跡が続いている。ここは、加賀藩士の中・下級武士が住居を構えた地域で、現在も各屋敷で生活が営まれている。家を囲む土塀や用水のせせらぎ、風情あふれる石畳に、城下町の歴史を感じながらそぞろ歩きを楽しみたい。城下町の風情そのままに藩政期へタイムスリップ

\口コミ ピックアップ/

水路があったり、土塀が連なっていたり、とても風情があって異空間だけどとても心地よい雰囲気がありました。普通のお家やお店が、昔のお屋敷と融合していて、素晴らしかったです。

(行った時期:2015年11月6日)

街の中心地のとおりを一歩踏み込めば、

そこには江戸時代にタイムスリップしたかのような武家屋敷跡が広がっています。

(行った時期:2015年11月) 長町武家屋敷跡

住所/石川県金沢市長町1-9-3(金沢市足軽資料館)

「長町武家屋敷跡」の詳細はこちら

深谷温泉

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_17201cd2110076681/photo/

山に挟まれた深い谷に湧いている温泉です。深谷温泉は琥珀色のお湯で「痔の湯」として知られています。温泉は、1200年以上前から湧いていたと伝えられています。3軒の宿それぞれに違う泉質が含まれており1つの温泉地で3つの湯を楽しめます。

\口コミ ピックアップ/

山の中にたたずむ秘湯の温泉です。

珈琲色をした温泉が特徴で、美肌と健康の湯と知られている薬湯です。

静かでゆったりとした時間が流れていて、リフレッシュには最適だと思います。

(行った時期:2011年11月)

不思議不思議

黒い温泉

けれど湯上りはとてもいいです

加賀温泉所にはありませんが、町外れにありますが、それだけの目当てでお越しください

(行った時期:2014年11月) 深谷温泉

住所/石川県金沢市深谷町

「深谷温泉」の詳細はこちら

金沢蓄音器館

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_17201cc3290155908/photo/

蓄音器等約600台、SPレコード約3万枚を所蔵する日本有数のコレクションが自慢。

\口コミ ピックアップ/

最高でした。最高に癒されました。1日3回、聞き比べと色んな蓄音機の音を聞かせてくれます。蓄音機の生の音は初だったのですが、あまりに癒されて、危うく聴きながら寝るところでした。又、館長の人柄がよい。ふらーとゆっくりした足取りでやってきて、作務衣姿でアツく語る。蓄音機に対する愛情が伝わってきて、ほのぼのしました。これて300円。二時間遊びました。

(行った時期:2009年11月28日)

金沢市尾張町に位置する「金沢蓄音器館」は、地元の人でもあまり知られていないスポットです。

蓄音器の聞き比べ等が出来ます。

(行った時期:2013年11月) 金沢蓄音器館

住所/石川県金沢市尾張町2-11-21

「金沢蓄音器館」の詳細はこちら

※この記事は2016年10月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

秋はアクティブに楽しもう!11月の千葉旅行おすすめ20選はココ!
秋はアクティブに楽しもう!11月の埼玉旅行おすすめ20選はココ!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP