ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Googleフォトのアプリ、今ではWi-Fi接続でもテザリング端末経由のアップロードではモバイルデータ通信の警告を表示

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google の写真・動画クラウドサービス「Google フォト」のアップロード機能は今では Wi-Fi 接続中でも接続先の使用ネットワークを判別して、テザリング端末への接続の場合にはアップロード時にモバイルデータ通信の警告メッセージを表示するようになっています。ごく最近までのバージョンでは、接続先がテザリング端末でも、一般的な Wi-Fi ルーターでも Wi-Fi なら何も警告せずにアップロードを行っていました。ところが、少なくとも現行最新版 v2.22.x では Wi-Fi 接続中であっても上図のようにモバイルデータ通信だと識別し、消費する通信量を知らせてくれます。この時、写真をアップロードする端末はテザリングを有効にした別の Android スマートフォンに接続していました。そこで、接続先を通常の Wi-Fi ルーターに切り替えると警告画面は表示されなくなったので、この動きから何らかの方法でモバイルデータ通信の接続かどうかを判別していると思われます。

■関連記事
ASUS Japan、ZenFone 3 Deluxe(ZS570KL)の受注を供給量不足のため一時停止
Google Pixelの水没テスト動画
プラスワン、Freetel SAMURAI REIを新価格の22,800円+税で販売開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP