ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マイクロソフト、VRにある物体の触覚を伝えるコントローラーの試作機を開発

DATE:
  • ガジェット通信を≫

マイクロソフト社は、VR空間内のオブジェクトを触れた際に、その触覚を伝えるハンドヘルド型のコントローラーの試作機を開発。テスト映像も公開されました。

VR内で触れたものの触覚を伝える「NormalTouch」と「TextureTouch」

VR内のオブジェクトの触覚を指先に伝える「NormalTouch」と「TextureTouch」と呼ばれる2種類のコントローラーの試作機が開発されました。制作したのはマイクロソフトのHrvoje Benko氏、Christian Holz氏、Mike Sinclair氏、Eyal Ofek氏らのチーム。

開発はOculus Riftと光学センサーを用いて行われました。2種類のコントローラーはハンドヘルド型のデバイスで、いずれもポジショントラッキングに対応しています。

NormalTouch」は、VR内でユーザーがオブジェクトに触れると、その形状に応じてデバイスの台座の傾きがリアルタイムで変化し、 指先にその物体に触れた感覚だけでなく物体の形状も伝えます。また「TextureTouch」は、指を乗せる台座に数mm四方の4×4のピンがあり、各ピンが個別に上下運動することで、 NormalTouchよりも細かな凹凸感を指先に伝えます。

Microsoft Research: NormalTouch and TextureTouch

www.youtube.com/watch?v=SC5v3u0vmm4


「NormalTouch」(画像左)と「TextureTouch」(画像右)

またいずれのデバイスにも「フォースフィードバック」と呼ばれる機能が備わっています。触れるオブジェクトが柔らかい場合は指先を深く押し込める一方、硬い物体ではほとんど押し込めません。 また物体を動かそうとすると慣性力に応じた抵抗感が指先にフィードバックされるなどして、本当にオブジェクトを動かしている感覚が得られるとのこと。

いずれのデバイスも、現時点ではまだ開発途上の段階です。

(参考)
Experimental Controllers From Microsoft Research Offer A New Way To Feel Objects In VR(英語)

uploadvr.com/microsoft-researchs-experimental-vr-controllers/

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Mogura VRの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP