ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

パンプスが痛くて履けない…、女性ならではの悩みを解決!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

女性らしい靴といえばパンプス。足がスラっと長くきれいに見え、素敵なデザインが多いので、お店で見ているとつい欲しくなりますよね。でも買った後、結局履かずに靴箱の中で眠らせていることも多いのではないでしょうか。履きたいのに履けない、その理由は足の痛み。痛みを避けるにはパンプスを履かないのが一番ですが、仕事上そうもいかない場合も。そんな方のためにパンプスを選ぶコツについてご紹介しましょう。

理想のパンプスって

立っているとき、足には体重すべての重みがかかっています。歩いたり走ったりするとき、足には地面を踏み込むときの衝撃が伝わります。このように上から下からと、足は負担がかかりやすい部分です。靴とは本来、これら足の負担を軽減するためのものであり、歩きやすい靴とは、足をしっかり包みこんで、地面を踏んだときのショックをしっかり吸収できる靴のことです。そのためには靴の形が足の形にそっていて、十分に足をガードできる靴が理想といえます。だからパンプスもできるだけ、この理想に近いものを履くことで、痛みを軽減できるのです。

パンプスを選ぶときのポイント

足のトラブルを避けるためには、足をできるだけ固定できるものを選びます。

○足と指をしっかり包み込むデザインであること

靴の前部分は、足指の根元よりさらに深くまでカバーされたもの、またくるぶしの下からかかと裏まで、十分な幅があるパンプスが理想です。足指の付け根が見えるような浅いパンプスは、靴が足を十分に固定できず、安定性を得ようと足に力が入ります。絶えずふんばってしまう結果、それが痛みにつながります。

○靴の中で足が異動してしまわないもの

パンプスの形は足の形に近いものを選びましょう。形が合っていないと靴の中で足が動いてしまい、足や指に力が入ってしまいます。またヒールが高すぎると足が靴の前方にずれていきやすく、足指に負担がかかり、外反母趾などの原因となります。補助道具として市販の滑り止めグッズや中敷を使うのもよいでしょう。ひもやベルトで足を固定できるタイプのパンプスは、足が安定し負担がかかりにくいのでおすすめです。

どうしてもこのパンプスを履きたい!というときには

どうしてもここは外せない!という大事な場面では、パンプスの機能面はさておき、素敵なデザインのものを履きたいですよね。そのような場合は、靴を二足用意していって、大事な場面でのみ、デザイン重視のパンプスを履くようにすると良いでしょう。

足の痛みは時間が経てば治まるので、軽く見られがちです。しかし、足の歪みが身体の不調を招くこともあります。足の健康を考えて、普段は機能重視、ここぞ!というときにはデザイン重視、と場面ごとに使い分けていくのがいいようですね。

writer:Akina

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP