ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

乃木坂46・白石麻衣「RAY」ロングインタビューで24才の胸の内を語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫


Ray 2016年12月号
Fujisan.co.jpより

 

上映中の映画『闇金ウシジマくん Part3』に出演する乃木坂46・白石麻衣さんが22日発売の女性ファッション誌「RAY」(主婦の友社)の表紙に登場しました。同号で10月から3号連続で単独表紙をつとめる企画のラスト号になります。

 

 

同号では、表紙連動企画『白石麻衣の”いま”と”これから”』にて約2年ぶりとなる白石さんのロングインタビューを掲載。「年令で区切るものではないけれど、25才というのをなんとなく目安にしていた時期もありました。そう考えると残りあと1年だけど、まだまだ乃木坂としてお仕事したい気持ちがある。進退についてはまわりがなんといおうと自分で決めたいと思ってるんです。(中略)今はまだ自分の可能性を広げて、模索している真っ最中なんです」(白石)とグループ、モデル、仕事、やってみたいこと、プライベートなど24才となったいまの胸の内を、語っています。

出典 https://www.youtube.com/embed/zLczWgNtiAU

 

その他にも、結成5周年の乃木坂46を迎えたスペシャル企画「Nogistagram(ノギスタグラム)」が8ページ特集。アイドルとして忙しく毎日を過ごす彼女たちがみせる日常シーンの撮影とともに、本音を語っています。

 

乃木坂46の活動と並行し、音大に通う生田絵梨花さんは大学の図書館で撮影。「学校では本当に普通の、むしろ”地味なほう”の大学生じゃないかな」と表現し、両立しているアイドルと大学生活についての自身の思いを語っています。

 

白石麻衣さんが表紙をつとめる「Ray 2016年12月号」は、10月22日発売です。

 

 

カテゴリー : エンタメ タグ :
マガジンサミットの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP