ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

米大統領選最後のテレビ討論会でのトランプ氏のある一言がネット上で話題に

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
米大統領選最後のテレビ討論会でのトランプ氏のある一言がネット上で話題に

米国大統領選挙に向けた共和党のドナルド・トランプ候補と民主党のヒラリー・クリントン候補による最後のテレビ討論会が水曜夜、ラスベガスで開かれた。冒頭で握手を交わすこともなく、すぐさま最高裁と妊娠中絶問題についての討論になったが、この日ツイッターで大きな話題となったのは、討論開始15分ほどで、移民政策についてトランプ氏が発した言葉だった。

「この国に居る”悪いオンブレ”(hombre=スペイン語で「男、ヤツ」の意味)たちを追い出すのだ」と、特にメキシコからの不法移民に立ち向かう自らの姿勢を表明したのである。

この発言に先立ち、トランプ氏は「アメリカは麻薬組織のリーダーを国内から排除する手段を講じなければならない」と発言している。

この”悪いオンブレ”という言葉は瞬く間にネットで拡散、多くの人々がその言葉の使い方を非難した。

「ドナルドさんよ、アンタはどうしようもないね。”悪いオンブレ”なんちゃって、ヒスパニック系の票は諦めたんだね」「俺たち”悪いオンブレ”は”バッド・カンパニー(=英国のハードロックバンド、意味は悪友)”の曲をフォーク/ウエスタンでカバーする新しいバンドだぜ」などをツイート。

また、この発言に端を発して交わされた論戦は、今回のテレビ討論会が始まってから最初の1時間で最も白熱したものとなった。トランプ氏はクリントン氏を、「開かれた国境を望んでいる」と非難、対するクリントン氏はトランプ氏を「役立たず」とこき下ろした。

クリントン氏は「トランプ氏はメキシコに行って、大統領と会談したが何も言えなかった」と、トランプ氏がメキシコのエンリケ・ニエト大統領と会談したことにも言及した。

また、ニエト大統領はこの会談の後、トランプ氏が建てるとしている国境の壁建設費用をメキシコに負担させると繰り返している点について、メキシコは断固拒否すると明言している。

トランプ氏はクリントン氏について、移民政策の面で「弱腰だ」と度々非難し、貿易が壊滅的影響を受け、国境はあってないようなものになると語った。また、不法移民によって米国内で殺害された子供の母親について触れ、この女性たちこそが自身の厳しい移民政策の原動力となったと語った。

一方のクリントン氏は自らの立場を擁護し、不法移民の合法化は、ひいては経済の活性化につながると確信していると述べた。

■参照リンク
http://www.aol.com/

関連記事リンク(外部サイト)

すべてを亡くしたボクサーが家族のために生まれ変わる!ジェイク・ギレンホール主演の胸アツ映画『サウスポー』予告編
野村克也VS張本勲の暴走老人対決!ノムさんが口撃「喝いれる資格ない」「人の事言えるか」
『ヒルナンデス!』MC・南原清隆の謎の強さをネットユーザーが分析 「スベってるだけなのに裏番組を倒す」
LINEアイコンを自分の顔写真にしてもモテない?男心をくすぐる「男盛アイコン」とは
社畜必見!日本一忙しすぎる8歳、人気子役・本田紗来がハードワーカーすぎると話題に

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。