体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ノーベル文学賞受賞記念! 70年代におけるボブ・ディランの代表作『プラネット・ウェイヴス』

エンタメ

少し日が経ってしまったが、作家でない人間がノーベル文学賞を受賞するという快挙(暴挙?)は、ファンはもとより、ディランを聴いたこともない人たちまで巻き込んだ大きな出来事であったと思う。そんなわけで今回は、本コーナーでは2回目の登場となるボブ・ディランを紹介する。1966年の有名なバイク事故以降、彼が大々的に人前に出るのは74年のザ・バンドとの「ビフォー・ザ・フラッド・ツアー」であった。そのツアーと同時期に本作『プラネット・ウェイヴス』はアサイラム・レコードからリリースされ、ディランのアルバムとしては初のビルボード1位を獲得、大きな話題となった。70年代の“偉大なる復活”に相応しい名盤だ。
Bob Dylan『Planet Waves』のジャケット写真 (okmusic UP's)

プロテストソングの旗手としてのディラン
おそらく、これを読んでいるのはボブ・ディランの名前は知っていても、彼の音楽を聴いたことがない人が多いと思うので、『プラネット・ウェイヴス』のリリースまでの歩みを、僕なりに簡単にまとめてみることにする。
1962年に『ボブ・ディラン』でデビューしたディランは、同時期に活動していた他のフォークシンガーと同様、ブルースやフォークなどのトラディショナル作品をカバーしていて、特徴と言えば妙な癖のあるヴォーカルと巧みなギターワークぐらいであったかもしれない。しかし、翌年にリリースされた2ndアルバム『フリー・ホイーリン・ボブ・ディラン』では大きな成長を遂げ、「風に吹かれて(原題:Blowin’ In The Wind)」「北国の少女(原題:Girl From The North Country)」「戦争の親玉(原題:Masters Of War)」「くよくよするなよ(原題:Don’t Think Twice, It’s All Right)」「はげしい雨が降る(原題:A Hard Rains A-Gonna Fall)」など、現在まで歌い継がれている彼の代表曲がたくさん収められた作品となった。ノーベル賞の選考においても、このアルバムが大きな比重を占めたと思われるが、いずれにしても20歳を過ぎたばかりの若者が創り上げたとは思えないほどの充実した内容であった。政治に対する抗議や戦争の無意味さなどについて、直接的・間接的に問いかけるなど、この時点でディランは既にプロテストソング(1)を歌う代表的な歌手として認知されることになる。続く『時代は変る』(‘64)でも鋭い政治風刺やプロテストソングを繰り出し、彼の人気は不動となる。特にイギリスでの人気は高く、ジョン・レノンをはじめとした多くのミュージシャンに、歌詞の面で影響を与えていく。

フォークからロックへの“転向”事件
そして、ポピュラー音楽界を震撼させる、あの“転向”事件が起こった。1965年の『ニューポート・フォーク・フェス』でディランはエレキギターを持ちバックにブルースバンドを従えて出演し、原理主義的なフォークファンから罵声を浴びさせられるという事件にまで発展する。その後リリースされたのが、まさしくロックアルバムの『追憶のハイウェイ61』(‘65)で、ここからシングルカットされた「ライク・ア・ローリングストーン(原題:Like A Rolling Stone)」は全世界で大ヒット、煽るような歌詞と激しい演奏はロックが反体制だということを証明するような画期的な作品となる。この作品のリリース以降に登場してきたロックミュージシャンへ与えた影響は多大で、多数のフォロワー(ディランズ・チルドレンと呼ばれる)を生み出すことになった。
特に歌詞の面では、難解さや文学的な表現が見られるようになり、ロックの歌詞はこのアルバムでディランが完成させたと言ってもよいのではないか。1970年代に入ると日本でもディランの歌詞に対する評価は絶大なものになり、『ボブ・ディラン語録』(’73)『ボブ•ディラン全詩集』(‘74)などの書籍が相次いで出版された。
次の『ブロンド・オン・ブロンド』(’66)は2枚組(本作が、ロック界初の2枚組作品と言われるが、僕はそれについては未確認)でリリース、彼の音楽的および詩的才能が十分に発揮された名盤で、このアルバムを彼のベストとするファンは少なくない。それぐらい名曲揃いなのである。前作の激しさとは違い、フォークロックやブルースロックを中心にしたシンガーソングライター的な雰囲気を持つアルバムだ。中でも「女のごとく(原題:Just Like A Woman)」は、何十年と聴き続けているが、いつ聴いても唸らされるほど素晴らしいナンバーだ。
余談だが、この頃からザ・バンドのメンバーとツアーに出るようになり、両者の才能は相乗的に高まっていく。そして、ロック史上最高のアルバムのひとつであるザ・バンドの『ミュージック・フロム・ビッグ・ピンク』(‘68)が生み出されることになるのだが、このアルバムにはディランとの共作となる楽曲も収録されている。

1 2 3 4次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会