ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

『マリオカート7』のインタビューが“外人4コマ”みたい! レトロスタジオの方々

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

12月1日に発売を予定されている『ニンテンドー3DS』のレースゲーム『マリオカート7』。そのインタビュー記事『社長が訊く』のコーナーに『マリオカート7』の共同開発スタジオ、レトロスタジオの方々の写真が掲載している。

その写真が昔懐かしの“外人4コマ”に似ているのだ。外人4コマとはゲームイベント『E3』の2003年と2004年の物を比較しそのテンションの違いを表したもの。2003年のテンションの低さは任天堂の葬式ムードを表したもので、2004年は逆に盛り上がりを見せた画像となっている。その盛り上がりはその年に発表された『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス』で盛り上がったようだ。この“外人4コマ”そのものは『IGN』のネタ写真。しかし日本で数々の派生画像が作られ、今でも希にコラージュされるほどだ。

そんな“外人4コマ”にそっくりな写真が『マリオカート7』のインタビューに掲載されている。意識しているのか自然とそうなったのかは不明だが、この写真を見た人は“外人4コマ”を思い出したのではないだろうか。特に知っている人はピンと来たはずだ。

補足までにレトロスタジオとは『メトロイドプライム』シリーズや『ドンキーコング リターンズ』を開発している、海外のゲームスタジオ。今回は『マリオカート7』の開発に協力。そんな『マリオカート7』は60フレームに拘って作ったとインタビューで答えており、迫力あるレースが楽しむことができる。

やっぱりレースゲームは60フレームじゃないとね。

社長が訊く『マリオカート7』

※画像はIGN、及び任天堂『社長が訊く』より引用。

※この記事は、ガジェ通ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。