ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

東京でいちばんおいしいパン(しかもグルテンフリーで)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

パンが大好き。ほぼ毎日パンを口にしています。

ただ、あまりにもパン食が続き、ある日「小麦はもういいです」と体が拒否サインを出してきました(※)。

それなら…と視点を変えて手に取ったのがグルテンフリー(小麦などの穀物を使わない)のパン。

これまで、「グルテンフリー=健康重視で味はそこそこ」というイメージだったのですが、最近のグルテンフリーパンはとってもおいしい!

そこで今回は、東京で私がいちばん好きなグルテンフリーパンをご紹介します。

モチモチ! グルテンフリーのイメージを覆す

161019bread.jpg

錆びないカラダをつくるため、小麦粉、白砂糖、添加物を使用しないことをモットーにした『Natural Cream Kitchen』。ここの目玉商品は、米粉100%、プレーンホイップは糀甘酒を使用したロールケーキ、「50(ゴーマル)ロール」。

でも厳しい言いかたをすれば、スイーツカフェなので、スイーツがおいしいのは当たり前。それとは別に、私がグルテンフリーっておいしい! と思ったキッカケをつくってくれたパンが、ここにあるんです。

それが、米粉のポップオーバー。これまで口にしてきたポップオーバーは、ちょっとドライな小麦粉感がいまひとつ馴染めず、あまり積極的に食べることはありませんでした。

ところが、ここのポップオーバーは、モチモチふんわり食感でびっくり。モチっとした柔らかい生地のパンが好きな人にはおすすめの味わいです。

ランチでもテイクアウトでもいただけます。

心まで柔らかくなるフレンチトースト

161020bread_4.jpg

THREE AOYAMA内にあるダイニングレストラン『REVIVE KITCHE』。

コスメブランドとしてのTHREEと同じく、カラダと調和する品質をコンセプトにしています。ここでおすすめなのが、米粉を使ったパンを豆乳と卵につけて焼いた「グルテンフリーフレンチトースト」。

モフモフしたやわらかな食感に、日々のストレスやイライラした気持ちが一気に吹き飛ぶおいしさ(笑)。

プレーンのほか、ソーセージかフルーツをトッピングすることもできます。

おいしくてヘルシーが当たり前

アメリカで人気になったグルテンフリーダイエットがベースになっていることから、私のイメージは「味よりも低カロリーを重視した健康食」でしたが、ここ最近のグルテンフリーフードはちょっと違う。

もはやグルテンが入っていてもいなくても構わないと思ってしまうおいしさです。

いずれも個人的な好みですが、グルテンフリーフードの進化はすさまじく、「ヘルシーでおいしい」が当たり前になっていることを感じずにはいられません。

※パスタやパンなど小麦製品にはグルテンが含まれており、過剰に摂取するとアレルギー反応を引き起こす可能性もある。

■ あわせて読みたい

スタバが考える未来。都会で自然を大切にするときがきた #中目黒
日曜夜の憂うつ消す。ホテルでだらだら→月曜しゃっきり仕事へ
リアルとヴァーチャルどっちも。新しい東京の夜景を見た
東京タワーがグリーンに。これから出会うだれかを想う
自分らしさ吹き飛ぶ。なんでも受け入れてくれる街・渋谷のファッション
ToDoリストの先に未来が広がっている。#ちゅうもえ
直帰したくない夜。東京で私の居場所見つけた #おでかけスポットまとめ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。