ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

覆面パトカーを見分けて交通取り締まりを回避

DATE:
  • ガジェット通信を≫

交通取り締まりを行うのは白黒パトカーとは限りません。一般車に紛れ込む覆面パトカーもあるので要注意です。逆にいえば、瞬時に覆面パトカーを判別できるようになれば、交通取り締まりを回避できるということ。交通取り締まりの覆面パトカーを見分けるポイントを紹介しましょう。

覆面パトカーの特徴は赤色灯のフタ

現在、交通取り締まり用とされる覆面パトカーは200系クラウンが主流。一世を風靡した180系クラウンは減少傾向です。ひと昔前の覆面パトカーにあった外観のチグハグさは雲散霧消し、一般車との見分けが難しくなっています。

覆面パトカーは交通取り締まり専門の交通機動隊員の運転技量と相まって、狙われたら最後、あっという間に追尾・測定。気がついたら後部座席でスピード違反のキップが授与されるというわけです。

交通取り締まりをするの覆面パトカーの特徴は、ルーフの真ん中から電動で出てくる反転式の赤色灯。そのため、ルーフの真ん中に大きなフタがあります。ただし、運転席の高い大型車からは丸見えですが、乗用車からは一切見えません。

ちなみに、警察ドラマなどでも見かけるマグネット式の赤色灯をルーフに載せている覆面パトカーは捜査用。基本的には刑事たちの“足”なので、交通取り締まりは行れません。

覆面パトカーのグリル内には警光灯

リアウィンドウ上中央に装備されたユーロアンテナは、交通取り締まり用の覆面パトカーの共通装備。ただし、警察本部によっては設置していないところもあるため、ユーロアンテナがない覆面パトカーも存在します。

また、覆面パトカーのグリル内には2つの前面警光灯を隠していますが、潜伏中はクルマの外観から見抜くことは至難のワザです。スピード測定の際や追尾中は、この前面警光灯が点灯されます。

180系と200系クラウンで後部にグレードエンブレムがない場合は、覆面パトカーの可能性が極めて大です。ただし、現場では「RoyalSaloon」のエンブレムを貼り付ける擬装行為が頻発。エンブレム有りの覆面パトカーも存在します。

さらに、警視庁管内にはトヨタ・ハイエースの覆面パトカーが存在。単なる輸送車ではなく、スピード以外の交通違反をガンガン取り締まっています。赤色灯を常時おでこに付けていますが、ルームミラーには映りにくいため要注意です。

関連記事リンク(外部サイト)

駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP