ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

がん治療費平均年92万円 退院してからも費用はかかる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「医療保険じゃあ、治療費しか助けてくれないじゃないの。ローンとか、子供の教育費とか、どうするの?」──。妻(渡辺直美・28才)が、子供の手をぎゅっと握りながら、病院のベッドにいる夫(西島秀俊・45才)に語りかけるアフラックのCMが、「旦那の命よりお金が大事ってこと?」と話題になっている。

 しかし、渡辺の言っていることはもっともだ。治療・闘病によって仕事を辞めざるを得なくなる「がん離職」が社会問題になるなど、闘病はただちに生活に大きな影を落とす。

 まずがんと診断された時、治療費にどれくらいのお金がかかるのだろう。自身もかつて乳がんを患ったファイナンシャルプランナーの黒田尚子さんが解説する。

「治療にかかるお金は、がんの種類やステージによって変わりますが、調査によると、すべてのがんの平均で年間92万円となっています」

 この数字は、厚労省の研究事業として、東北薬科大学の濃沼信夫教授らが行った調査によるもの。乳がんの場合は、年間66万円。そのうち高額療養費や保険の給付金などで戻って来るお金が44万円で、実質負担額は年間22万円となっている。

 高額療養費とは、手術費や入院費などの合計が月に自己負担限度額(年収によって額が異なるが、たとえば、年収約370万~770万円の家庭だと8万円程度)を超えた分は、申請すれば払い戻されるという制度だ。

「たとえば年収500万円の家庭だと、月に8万円を超えた分の金額が戻ってくるわけですが、とはいえ12か月分となれば単純計算しても96万円の負担となるので大変です。ただ1年の間に3回以上高額療養費の適用を受けていると、4回目から負担の上限は4万4400円とさらに下がります。つまり、かかる金額の上限は決まっているので心配しすぎる必要はありません」(黒田さん)

 しかし、考えておかなければいけないのは、治療が終わった先のことだ。最初は手術や入院など、目の前の治療のことしか考えられないが、実際はその後が長い。

 2011年に乳がんが見つかり、右乳房を全摘出した生稲晃子(48才)は長かった闘病生活を振り返る。

「がんだとわかったときはショックだったけれど、手術で取ってしまえば大丈夫だろうと思っていたんです。でも、2回も再発して、長い治療となってしまいました。家事をしていても、全摘出したことによりうまく腕が上がらない時もあったし、病気のことを隠してテレビの仕事をしていたから、体調が悪い時にスタジオで笑っていることがつらい時間もありました」

 退院して日常生活に戻っても、生稲のように体調がすぐれないときがある。パートの日数を減らしたら、その分収入は減ってしまう。その上治療費以外に、ウイッグの費用、通院の交通費、のみ続ける薬代、料理ができないときの外食費用など、かかる費用は数えきれない。

 黒田さんは、「月1万円単位の医療費でも一般家庭で何年も続くのはかなり厳しい」と指摘する。

「手術のための入院で数十万円かかったとしても、みなさんなんとかして払えるんです。でも、手術はほんの入口。それから長い治療期間が続きます。乳がんの場合、乳房再建する人も多く、その費用も必要です。それに、治療が落ち着くまで、検査や治療のため頻繁に病院に行かなければならず、そのたびに患者は仕事を休まなきゃいけない。有給休暇がなかったら、その分お金をもらえず収入も減るし交通費もかかる。副作用で、別の診療科や病院にかかったら、その分の交通費や治療費も必要です。ホルモン治療も5年、人によっては10年と長く続きます」(黒田さん)

 さらに、闘病にかかるお金で忘れがちなのが、それまでと変わらずに生活するために必要な額のこと。たとえばウイッグ。女性にとって脱毛したときに欠かせないものだ。2013年2月にステージIIIの乳がんと告知された森下正美さん(61才)は、「20万円かけた」と話す。

「ぜいたくだと思われるかもしれないけれど、高いウイッグはすごく自然に見える。全然違うんです。1万円台のものはどうしても“カツラだ”とすぐにわかってしまう。月に1回、シャンプーしてもらいに行くなど、お手入れも大変だけれど、これがあるだけで、外を堂々と歩けるし、人前にも出られるんです」

 一般的に、数十万円する医療用のものでなくても、数万円のおしゃれウイッグで足りるといわれている。1万円程度のものを気にせず使える人もいるが、考え方は人それぞれだ。

 6年前に乳がんを発症した坂本絵里さん(46才)は、5.5cmのがんが見つかり、リンパ節も切除した。そのため、術後に腕のむくみが出て、「ひどい時は、1回2万円のリンパマッサージに週2回通っていた」と明かす。

「男の子が3人いて、下の子はまだ小学1年生。とにかく忙しくて休んでいられない。家事をするにも、腕のむくみがどうしてもつらくって、高いとは思ったけれどマッサージの出費はどうしても削れませんでした。もちろん保険は適用されないので、全額実費です。がんが大きくて、そのまま手術できない状態だったので、小さくするため手術の前に抗がん剤を6か月やったんですが、1か月に36万~37万円でした」

※女性セブン2016年11月3日号

【関連記事】
がん治療費 乳がんは5年92万円、肺がんは2年45万円のケース
がん治療負担額を大幅軽減させる「高額療養費制度」利用価値大
がん治療の自己負担額 胃11万円、大腸12万円、肝臓15万円

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP