ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

褒めないジャニー氏に「YOU!良かったよ」と言われた逸材

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年でデビュー30周年を迎えた元CHA-CHA木野正人(47)。現在は地元・静岡を拠点にダンスアーティストとして活動中だ。10月16日には、静岡県藤枝市の『クリスタル』でライブを行なった。

 1986年に少年隊の『STRIPE BLUE』のバックダンサーを務めていた木野は1988年、CHA-CHAのメンバーとして『Beginning』でデビューを果たす。

 きっかけは、SMAPの元マネージャーとしても知られるI女史からの1本の電話だった。フジテレビで『夜のヒットスタジオ』(フジテレビ系)のリハーサル中をしている時、木野の元にI女史から「ジャニーさんが『欽ちゃん(萩本欽一)のオーディションに行って』といっている」と伝えられた。中居正広など周りのジュニアも大勢参加していたが、合格者が出ない。「どうせ受からないだろう」と気楽に参加すると、まさかの合格を果たした。

 1988年4月にスタートした、CHA-CHAのデビュー番組である『欽キラリン530』(日本テレビ系)は、視聴者から電話で身近なニュースを募集していた。木野は、その告知用に“電話番号ダンス”を踊った。萩本欽一のアイディアで、当初はカメラに顔を見せずにダンスし、話題になったら番組に出演させる予定だった。だが、予想を遥かに上回るペースで視聴者から問い合わせが殺到。すぐに番組に出ることに。ライブのMCでは、当時をこう振り返った。

「初日のオンエアが終わると、ジャニーさんから電話が掛かってきて、『YOU!良かったよ』と言われたんですよ。ジャニーさんはほとんど人を褒めないので、すごく嬉しかった」

 同番組に出ていた頃、木野は乃生佳之とともに『BD104』(バックダンサーTOSHI)を組み、田原俊彦の『抱きしめてTONIGHT』のバックダンサーとしても活躍。『教師びんびん物語』(フジテレビ系)の主題歌だった同曲は、当時の人気歌番組『ザ・ベストテン』(TBS系)で年間1位に輝くなど大ヒットした。ダンスはもちろん、木野の名前と顔も視聴者の脳裏に刻まれた。

「通常、バックダンサーを取り上げてくれることはない。でも、『ベストテン』ではトシちゃんと一緒にミラーゲートから出て行って、歌う前のトークから参加させてもらえた。『夜ヒット』も『歌のトップテン』(日本テレビ系)も同じように扱かってくれた。本当に感謝しています」

『かっこつかないね』でも田原のバックダンサーとして踊っていた木野は、同時期にCHA-CHAのメンバーとして『Beginning』でデビュー。『ベストテン』や『トップテン』では両曲ともランクインし、着替えが間に合わない場面もあったという。

 1990年5月、ロサンゼルスにダンス留学をするため、CHA-CHAを脱退し、ジャニーズ事務所も辞めた。本場で磨きをかけた踊りは、48歳になった今も衰え知らず。ライブ中に、自ら「まだまだ成長期」と話した言葉に偽りは感じられないほどだ。

 いま、木野をテレビで見掛ける場面はほとんどない。メディアやライブで踊れる場面は限られているが、2時間のライブで3回転ターンを何度もこなし、25分間にわたるメドレーを踊り、新たな身のこなしも魅せる48歳・木野正人は、まだまだ成長し続けている。

【関連記事】
田原俊彦LIVEに元CHA-CHA木野がバックダンサーとして復活
元CHA-CHA木野正人 ジャニーズ合宿所での田原俊彦の思い出
元CHA-CHA木野正人 田原俊彦から譲り受けた赤衣装で熱演

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP