体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【燻製料理まとめ】燻った姿に自分を重ねながら……お酒に合う燻製料理を作ってみる!

f:id:Meshi2_IB:20160823015238j:plain

じゅうううううう! けむっ! あ、魚焼いてたら寝落ちして、危うく自分が燻製になるところだったメシ通編集部です!

(気を取り直して)それはそうと自分で作る燻製、美味いですよね! 肉ならなんでも間違いなく美味いし、肉以外にもいろんなもの燻製してみるのもいいですよね。燻製ができる男って、絶対モテるはず……当然、『メシ通』編集部もモテるための燻製方面は強化しておりますで(切実)、そこんとこよろしくです。

さて、まずは豚。 燻製の基本は肉ですから!

豚バラ肉2キロで自家製ベーコンをつくろう。男の休日に燻製どうでしょう(意外と簡単です)

f:id:Meshi2_IB:20160823021005j:plain

手作りベーコンを作るべく、買ってきました、豚バラ肉2キロ!

冷蔵庫の常備品「ベーコン」。

これが、じつは簡単に手づくりできてしまいます。自分でつくれば塩気も調整できるし、そして何より燻製の風味が段違い! スライスされた既成品と違って、分厚く切ってムシャムシャと豪快に食べる……なんてことも可能になります。

簡単ではあってもけっこう時間はかかるので、そこは「燻製をつくるという優雅な時間を過ごす」と逆に楽しんでしまいましょう。

f:id:Meshi2_IB:20160823021412j:plain

まずは肉の仕込みをします。

塩漬けにして、塩抜きをして、乾燥させる。というと、簡単そうで、実際簡単なのですが、時間は一週間ほど掛かります。

f:id:Meshi2_IB:20160823021843j:plain

そして一週間後、いよいよ、燻製をします!

上から、 肉 チップ 炭火

の順で配置されています。

チップは香りをつけてコーティングする、つまり燻製する役割を担当し、炭火は燻製器内の温度を高温(65~70℃)に保つためのものです。

ビールを飲みながら優雅に出来上がりを待つつもりでいたら、

ぬお~! チップに脂が落ちて引火してました! 失敗です!

と、紆余曲折ありましたが、

f:id:Meshi2_IB:20160823022437j:plain

見事なベーコンが出来上がりました!

2~3時間は燻製したでしょうか。 いい色、いい香りです。

1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy