ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

フランク・オーシャンが3年ぶりのインタビュー、ホワイトハウス晩餐会にて

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 自身の音楽についてあまり語ることをしないフランク・オーシャンが10月18日、ホワイトハウス公式晩餐会で3年以上ぶりとなる“インタビュー”に応じた。とは言っても、政治専門ケーブルチャンネル“C-SPAN”のレポーターに入り口で捕まり、言葉少なに話しただけだ。チャンス・ザ・ラッパーと共にオバマ大統領のゲストとして招かれたオーシャンは、母親のカトーニャ・ブローを同伴し出席した。

 晩餐会にVANSのチェック柄スリッポン(スニーカー)を履いてきたことと同様、政府のニュースチャンネルのインタビューに応じたことが注目されたオーシャン。レポーターにそのカジュアルな靴のチョイスについて尋ねられると、「初めてだから。たぶんここに来るのが初めてだからさ……考えてられないよね、色々やらなくてはならないから」とコメントした。

 “インタビュー”は少し無茶だったかもしれないが、一番楽しみにしていることは何かと聞かれると、「オバマにこの8年間楽しかったか聞くよ。お祝いの言葉もね」と答えている。

 さらに、オーシャンは民主党ヒラリー・クリントン大統領候補支援でコンサートを行うことを約束しようとしなかった。「もしかしたら……どうかな。もう時間がないと思う」などと話した。

関連記事リンク(外部サイト)

【米ビルボード・アルバム・チャート】フランク・オーシャンが驚異の初動枚数で自身初の首位デビュー
フランク・オーシャンの拘りが十分に感じられる、後世に残る名盤『ブロンド』(Album Review)
フランク・オーシャン、ニューアルバム『Blonde』をついにリリース

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP