ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

映画『エブリバディ・ウォンツ・サム!!』、70~80’名曲揃いのサントラにも注目

DATE:
  • ガジェット通信を≫

映画『エブリバディ・ウォンツ・サム!!』、70~80’名曲揃いのサントラにも注目

 映画『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』のサウンドトラックが11月2日にリリースされる。

 昨今では、映画『DOPE』内でナズやパブリック・エネミーが歌うヒップホップの名曲や、『シング・ストリート』内での80年代ブリティッシュミュージックのヒット曲など、劇中歌やサントラが映画で注目を集めている。リチャード・リンクレイター監督最新作の『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』も、70~80年代の名曲を数多く使用。ロックやメタル、ヒップホップなどジャンルが多岐にわたるのが特色で、映画の時代が濃く反映されている。ザ・ナックの「マイ・シャローナ」、ヴァン・ヘイレンの「エブリバディ」、パティ・スミスの「ビコーズ・ザ・ナイト」などが劇中歌となっており、主題歌にはシュガーヒル・ギャングの「ラッパーズ・ディライト」が起用されている。

 リンクレイター監督は、サントラについて「脚本には書き込んだわけではないけれど、あの時代の曲で使用したいものを厳選した。自分の思い出の匂いまで蘇るくらい思い入れのある曲ばかりだ」と個人的な思い入れが強いことを明かしている。また、本作のサントラはCDだけでなくレコード、カセットテープでも販売され、今回それらにクローズアップした場面写真も公開された。なお、映画『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』は11月5日より新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷他で全国ロードショー。

◎『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』予告動画:https://youtu.be/lZ3spTFIiow

◎リリース情報 
『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』
オリジナル・サウンドトラック
2016/11/02 RELEASE
WPCR-17549 2,400円(tax out)
収録曲:
1:マイ・シャローナ / ザ・ナック
2:ハート・オブ・グラス / ブロンディ
3:テイク・ユア・タイム / S.O.S.バンド
4:ハートブレイカー / パット・ベネター
5:オルタナティヴ・アルスター / スティッフ・リトル・フィンガーズ
6:エヴリワンズ・ア・ウィナー / ホット・チョコレート
7:エヴリバディ / ヴァン・ヘイレン
8:レッツ・ゲット・シリアス / ジャーメイン・ジャクソン
9:ビコーズ・ザ・ナイト / パティ・スミス
10:甘い罠 / チープ・トリック
11:ホウィップ・イット / ディーヴォ
12:ロミオの歌 / スティーヴ・フォーバート
13:グッド・タイムズ・ロール / カーズ
14:ラッパーズ・ディライト / シュガーヒル・ギャング

◎公開情報 
『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』
2016年11月5日(土)より新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショー
監督・脚本:リチャード・リンクレイター
プロデューサー:ミーガン・エリソン、ジンジャー・スレッジ、リチャード・リンクレイター
出演:ブレイク・ジェナー、ゾーイ・ドゥイッチ、タイラー・ホークリン、グレン・パウエルほか
配給:ファントム・フィルム

関連記事リンク(外部サイト)

リンクレイター最新作『エブリバディ・ウォンツ・サム!!』、やんちゃで一生懸命な青春コメディ11月公開
ジャコ・パストリアスのドキュメンタリー映画『JACO』、遂に日本公開決定
チェット・ベイカー作品が蘇る!映画『ブルーに生まれついて』公開記念に高音質リリース決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。