体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

人気ダイエットアドバイザーが指摘する「太りグセ」 あなたはどのくらい当てはまる?

人気ダイエットアドバイザーが指摘する「太りグセ」 あなたはどのくらい当てはまる?

ゆる断食ダイエット、スローブレスダイエット、グレープフルーツダイエット。

次から次へ現れる最新のダイエット法を見るたびに試している人は実は多いはず。

でも当たり前ですが、特別なことをしなくても痩せることはできるのです。

Instagramフォロワー数はなんと19万人(2016年9月現在)。人気ダイエットアドバイザー&美容ソムリエールで、『あなたらしくヤセる 太るクセをやめてみた』(主婦の友社刊)の著者・本島彩帆里さんによれば、無意識のうちにしてしまっている「太りグセ」に気づき、それを改善するだけで、「ヤセられる身体」を手に入れられるからです。

では、「太りグセ」とはどのようなものなのでしょう?

本書の内容をもとに、いくつかチェック項目を紹介します。

●食べていないと思っているのに太っている

●自分へのご褒美がおかし

●白っぽい食べものをよく食べる

●カロリー表示を意識して食べている

●間食したぶんのおかずを減らしている

●ゼロカロリーのおかしや飲みものなら大丈夫!

●お財布がいつもパンパンになっている

●基礎代謝を上げるには、筋肉量を増やすのが一番だと思う

●ジムやエステに通っているから大丈夫

●ダイエットは「頑張る」ものと思っている

なかには、「なんでこれが太りグセなの?」と思うものもあるかもしれませんが、本書の解説を読むとどれも納得。上記のうち2つ以上当てはまったら危険信号とのことなので、気になる人はチェックしてみてはいかがでしょうか。

(新刊JP編集部)

【関連記事】

元記事はこちら

高島彩「いいかげん」な子育てを語る

桐谷美玲ファッション誌編集長へ “人生初”ショートカットで決意表明?

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。