体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

インスタ世代も夢中! 「写ルンです」でレトロかわいい写真が撮れルンです!

f:id:ponparemall:20160929130728j:plain

ミラーレス一眼などの本格デジカメが世間に浸透しつつあるなかで、最近、若者のあいだでは、インスタントカメラの魅力が再認識されているそう。その代表ともいえるのが、今年7月に誕生30周年を迎えた、富士フイルムの「写ルンです」。アラサー世代には懐かしい名前ですが、20代前半にとっては「知っているけれど、使ったことはない」という人も多いかもしれません。

じつは「写ルンです」が再ブームを巻き起こしているきっかけのひとつが、インスタグラム。モデルや写真家などを中心に「写ルンです」で撮った写真をインスタにアップする人がじわじわと増え、その独特な風合いに「おしゃれ!」と注目が集まっているようです。

デジカメ主流の今、なぜ「写ルンです」は若い世代を虜にしているのでしょうか? リバイバルの秘密を探るべく、自身も「写ルンです」を使った作品を数多く手掛ける写真家の木村和平さんに、その魅力を尋ねてみました。

「『写ルンです』は、フィルム独特の色味や質感を持った写真を手軽に撮ることができます。元々インスタのフィルターはフィルムの色味や質感を継承したものであるという点と、高価なフィルムカメラを買わずとも手軽に手に入る点が、若い世代もなじみやすかったのかもしれません。また、『押すだけ』というシンプルさも究極の魅力です。デジカメだと、ピントを合わせたり光の量を調節したり…と設定が必要ですが、『写ルンです』は撮りたいと思った瞬間にボタンを押すだけ。“いまこの瞬間がシャッターチャンス!”という時こそ、『写ルンです』の瞬発力が活きると思います」(木村さん・以下同)

予期せぬハプニングの瞬間をおさめられたり、作りこんでいない感じが出せたり…。気軽に撮れるインスタントカメラだからこそ、貴重な1枚も残せるんですね。また、デジカメにはないこんなメリットも。

「規定の枚数を撮り終わらないと現像できないじれったさも、今の若い世代にはかえって新鮮なのでしょう。どんな写真が写っているか分からないワクワク感も、デジカメでは味わえない面白さです」

本来は古いはずの「写ルンです」が、スマホ写真に慣れたデジタル世代にとっては、かえって新しい魅力になっているんですね。

「写ルンです」でフォトジェニックな写真を撮ろう!

自分も「写ルンです」で素敵な写真を撮ってみたい! …今回はそんな人のために、「写ルンです」の特性を活かした撮影テクを木村さんに特別に教えてもらいました。

撮影テク(1) 明暗ハッキリの場所で撮ると、深みのある世界観に!

f:id:ponparemall:20160929130833j:plain

「デジカメのなかには撮る場所に応じて明るさやシャッタースピードを勝手に補正してくれるものもありますが、『写ルンです』は、暗いところは暗いまま、明るいところは明るいまま、明暗の差がはっきりと正直に出るのが特徴です。この写真は、窓から光が差し込んでいる室内で人物を撮ったもの。コントラストが強く出て、情緒ある印象的な写真に仕上がります」

撮影テク(2) 手作りフィルターで世界観UP。ピンボケもいい味に!

f:id:ponparemall:20160929130912j:plain f:id:ponparemall:20160929130928j:plain
1 2次のページ
ポンパレモール、やってます。の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy