ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

焼そばとラーメンスープの「スープ入り焼そば」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

10月20日放送の「なないろ日和!」(テレビ東京系、午前09時28分~)では、那須・塩原の極上日帰り温泉ツアーを特集した中で、藤原倫己さん、温泉ソムリエの大藤浩一さんが「釜彦」(栃木県那須塩原市)を訪れた。

塩原名物の「焼そば」が楽しめる、地元の人にも評判のお店と紹介された同店。頂くメニューは、見た目はラーメンにしか見えないという、スープの中に焼いた麺が入っている「スープ入り焼そば」。専用のちぢれ細麺を茹で、冷水でしめた後、お店特製ソースを使って焼そばを作り、丼に盛りつけ醤油ベースのラーメンスープを入れて完成するという。このメニューは同店が元祖とも言われている看板メニューだそうで、食べ進めると焼そばとスープの味が馴染み、新しい味わいを楽しむ事が出来るという。

藤原さんが「スープ入り焼そば」のスープを飲むと「あっ美味しい」「醤油ラーメンのスープですね」とコメントし、麺も一緒に食べると「合う!美味しい!」とコメントし、最後に「いや、これ、うまい具合に焼そばの麺がラーメンのスープに絡んで驚きの美味しさです!」と絶賛した。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:釜彦(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:那須塩原・塩原温泉のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:カフェ・スイーツのお店紹介
ぐるなび検索:那須塩原・塩原温泉×カフェ・スイーツのお店一覧
東陽町のランチタイムの定番!「タンギョー」
海の幸いっぱいのパピヨット

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP