体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

家族の車はミニバンなんてウソ! N-WGNなら家族でも大満足♪

▲軽自動車といえども、N-WGNなら家族でも十分に使えます。写真は左がカスタム、右が標準車。きりっとした顔が特徴的で、軽自動車はださくて嫌だ……なんて思っているお父さんもこれなら満足できるのでは!?

▲軽自動車といえども、N-WGNなら家族でも十分に使えます。写真は左がカスタム、右が標準車。きりっとした顔が特徴的で、軽自動車はださくて嫌だ……なんて思っているお父さんもこれなら満足できるのでは!?

家族が増えたらミニバン? それって正解?

突然ですが、皆さんは車を買う、もしくは買い替えるタイミングといえばどのような場面を想像しますか? 就職、転勤、結婚……いろいろありますが、その中でも子供が生まれて家族が増えたときというのは、まさに買い時、もしくは買い替えの絶好のタイミングと言えるでしょう。

子供が生まれたらやっぱりミニバン! というイメージが強いですが、最近の車や家族連れが乗っている車を見ていると、「あれ、ミニバンじゃなくて軽自動車でも十分じゃ?」と思うのは筆者だけでしょうか。軽自動車って安っぽくてパワーもなくて……という話は今や昔、最近の軽自動車は広さもばっちり、パワーもあって燃費も良くて……と子育て世代にぴったりなんです。

そこで今回オススメしたいのは、いわゆる軽トールワゴンと呼ばれるカテゴリーに入るホンダ N-WGN。そのN-WGNの流通量が増加し、買い時になっているんです!

軽なのに性能は軽以上!?

2013年11月にデビューしたN-WGN。車高が高く室内が広いのが特徴で、ライバル車種としては、ダイハツ ムーブやスズキ ワゴンRなどが挙げられます。そんなライバル車の中でN-WGNの特徴は主に3つ。

①室内が広々なのはもちろん、荷室が広い!

最近の軽自動車って室内がかなり広々としていますよね。でも座席部分が広い分、荷室は狭く、大きめの荷物を積む場合は後席を倒して積むことが多いと思います。しかしN-WGNは違うんです! 後席を一番後ろにスライドした状態でも37センチの奥行があり、普段の買い物の荷物を積むことができます。後席を一番前にスライドすれば56センチの奥行を確保。また燃料タンクを前席の下に設置しているので、荷室には広い床下収納も。ベビーカーも荷室に積める点も家族には嬉しいですね。

②燃費はいいのに、パワーは普通車以上!?

「軽自動車ってやっぱりパワー不足でしょ?」なんて心配をしているお父さんもいるのではないでしょうか。確かに軽自動車の排気量は660ccですから、それは否めません。けれど、カーセンサーnetのクチコミを見ると、「小さいけど馬力がある」「普通車並みにパワーがある」など、N-WGNについてはパワーを称賛する声が目立ちます。それでいてJC08モード燃費は29.4km/L(ターボ車は26.0km/L)と、お母さんも納得の燃費の良さなんです。さらに走りにこだわりたいお父さんには、パドルシフトが付いている、カスタムのGターボパッケージがオススメです。

③カスタムの顔がかっこいい!

「いくら走りがいいって言っても、子育てママ向けの軽自動車って見た目がなんだか安っぽくて庶民くさい……」。そんなイメージありませんか? 特にお父さんとか。そんな人にこそオススメしたいのがN-WGNのカスタム! 実際に車を見ると分かっていただけると思うのですが、ライト部分がきりっとしていて精悍な顔立ちなんです。「ゴツい」というよりはシュッとした顔立ちなので、女性受けも比較的いいのではないでしょうか(……と女性である筆者は思います)。もちろん、好みがあるので一概には言えませんが。

▲軽自動車って荷室は狭いイメージありませんか? N-WGNなら後席を一番後ろまでスライドさせた状態でも、しっかりと荷室スペースが確保されています
1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。