体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【タベアルキスト】熱海・伊東エリアのグルメキーワードは「おさかな百景」 ~名店巡礼 熱海・伊東エリア編~ 

f:id:hotpepper-gourmet:20150917104402j:plain

みなさんこんにちは、メシ通レポーターのタベアルキストWakuiです。

今回も我々タベアルキストが、わざわざ食べに行く価値のある逸品を提供しているお店へ実際に訪れ、食べまくる究極の食べ歩き「名店巡礼」をお届けします。

名店巡礼のセレクト店の定義やこの企画ポリシーなどは、ぜひ以前の記事をご確認ください!

~名店巡礼 熱海・伊東エリア編~

今回の巡礼先は静岡県の「熱海・伊東エリア」を選びました。

静岡県の巡礼は、静岡市に続いて2回目。

このエリアは東海道線の終点の駅にもなっており、東京からも電車で一本。

ほどよい距離にある観光地です。

かつて昭和の頃は社員旅行のメッカとして賑わっていた熱海。

近年は客足もだいぶ落ちてしまいひなびた温泉街に……。

と思いきや、ここにきて勢いを取り戻しているとか!

f:id:tabearukist:20161006110224j:plain

今回はそんな熱海・伊東エリアの人気を支える海の幸をテーマに、こだわりの5軒をセレクト。

熱海・伊東の美食を巡ります。

1軒目:ふじいち 逸品:ねごめし

巡礼のスタートは、伊東港そばの「ふじいち」から。

f:id:tabearukist:20160918140210j:plain

連載読者の方はお気づきかもしれません。

タベアルキストのセオリー「老舗の直営店グルメは美味しい」。

こちら、「ふじいち」も1階は鮮魚店、2階が飲食店となっており、直営店ならではの鮮度と目利きされたお魚をいただくことができます。

f:id:tabearukist:20160918141745j:plain

▲ネゴめし(1,400円)

こちらの一押しは、伊東の漁師料理「ネゴめし」

三合たたきという、複数の魚のたたきを合わせたもの(この日はマグロ、ヒラマサ、サワラ、タイ、キンメでした)に味噌と生姜とトッピングした丼です。

最初は、味噌はよけておき、たたき丼としていただきます。

大きめにたたかれたお魚のたたきが口の中で混然一体となり、1種類のたたきでは決して生み出せない美味さです。

f:id:tabearukist:20160918143512j:plain
1 2 3 4 5 6次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。