ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

様々な経験を経て“大人”に…これまでとは違うガガの“歌力”が堪能できる『ジョアン』(Album Review)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 レディー・ガガ、待望の新作『ジョアン』は、彼女の代表作『ザ・フェイム』(2008年)や『ボーン・ディス・ウェイ』(2011年)と比べると、まったく違うテイストのアルバムになった。

 ピンクのハットを被り、奇抜なメイクをすることもなく、横向きに写るジャケット・アート。先行シングル「パーフェクト・イリュージョン」もそうだったが、あのパンダ・メイクや、肉ドレスを着ていたガガとは思えない、シンプルな仕上がりになっている。

 それは楽曲にも反映していて、2ndシングルとしてリリースされたバラード・ソング「ミリオン・リーズンズ」や、公式サイトで公開されたロック・チューン「A-YO」など、ビンテージ感漂う、良い意味で“今風”ではないタイトルが並ぶ。大ヒット曲「ポーカー・フェイス」(2009年)を歌っていた、あのレディー・ガガとは思えない仕上がりだ。2013年リリースの3rdアルバム『アートポップ』で、エレクトロ・ポップはやりきった、という感じか。

 本作リリースまでの3年間は、トニー・ベネットと共作したジャズ・アルバム『チーク・トゥ・チーク』(2014年)を成功させたり、翌2015年には、【アカデミー賞】で「サウンド・オブ・ミュージック」のテーマ曲を披露し、圧倒的な歌唱力で会場を沸かせた。そして今年2月には、【スーパーボウル2016】でアメリカ国家を熱唱し、あらためて“シンガー”としての実力をみせつけたのも、記憶に新しい。こういった活動が、本作『ジョアン』のナンバーにも反映していて、これまでのアルバムとは、まったく違うガガの“歌力”を堪能することができる。

 「パーフェクト・イリュージョン」を手掛けたマーク・ロンソンの他には、女王・ビヨンセから、カントリーシンガーのキース・アーバンまで、幅広いジャンルのアーティストをプロデュースするジェフ・バスカー、ジャスティン・ビーバーやブリトニー・スピアーズ等、スーパースターとコラボしてきた、エレクトロ・ポップ界の売れっ子、ブラッド・ポップに、ブルーノ・マーズのNo.1ソング「ロックド・アウト・オブ・ヘヴン」の制作者、エミール・ヘイニー等が参加している。

 「バッド・ロマンス」(2009年)や「ボーン・ディス・ウェイ」(2011年)のような、サウンド、ミュージック・ビデオ共に超斬新な「最先端のレディー・ガガ」を期待するリスナーにとっては、やや物足りなさもあるかもしれないが、様々な経験を経て“大人”になったレディー・ガガの成長が、間違いなく感じられるアルバムである。

Text:本家一成

◎リリース情報
『ジョアン』
レディー・ガガ
2016/10/21 RELEASE
2,700円(tax incl.)

関連記事リンク(外部サイト)

レスコードは“ガガのコスプレ”、レディー・ガガのニューAL発売を記念したハロウィン・パーティー開催
レディー・ガガ、感動的な新曲バラード「Million Reasons」公開
レディー・ガガ、ボウイやボランに影響されたグラム風の新曲を少しだけ披露

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。